深く広く新しく

試論や試案のサブサイト。メインは「状態の秘法」合知篇(深く)鼎道篇(広く)等

(否の卦) 疑惑に答えない小室圭&菅義偉

 菅前総理は短命に終わった。何故か?

 

 振り返ると昨年秋の就任当初、日本学術会議の推薦名簿から6名を外した理由を求められたにも関わらず、何も答えなかったから騒ぎが拡大したことがあった。

 

 それがケチの付き始めで、以後の菅総理はコロナでも五輪でも、会見のたびに「棒読み」「自分の言葉で話していない」と何か隠しているように思われ、イメージが悪化して支持率が急低下した。

 

 先日総裁選で岸田文雄氏が勝った後に登壇した時、生き生きとした表情で力強く自民党の一致団結を呼びかけた退任挨拶はネット上でも非常に評判が良く、「初めて自分の言葉で話した」「菅さんてこんな話し方できる人だったんだ」と好感度が急上昇したものだった。

 

 さて、今や日本だけでなく海外でも関心が高くなった眞子内親王の結婚問題だが、大手マスコミは小室母の400万円借金だけは取り上げても、小室圭本人の数々の疑惑は無かったことにしようとしている。

 

 例えば登録者数が急上昇中の「アジアで生きよう」のユーチューバーがフォーダム大学に直接なぜ卒業者名簿から小室の名前が消えたのか質問したところ、2019年だからと返信が来たが、結婚相手の秋篠宮家はそれを知っているのか?

 

 昨日は同ユーチューブで、昨年7月のアメリカでの弁護士試験も受験したのか怪しいと根拠をもって取り上げていた。


小室圭氏、ニューヨーク司法試験発表最新情報!全くの新情報です。是非ご覧ください! - YouTube

 

 2019年卒業は公式に返信がきたので事実であり、ではそこに何があったのか? フォーダム大学は個人情報だからと明かさないが、せめて結婚相手の秋篠宮家は追及するべきたが、何もしないし、あるいは初めから知っていたのか?

 

 そして2019年以降、小室圭はアメリカで何をしていたのか? 大学をきちんと卒業していないなら弁護士試験を受験する資格すらない。だからそもそも受けていなかったのに、受験して合格発表は12月と大手マスコミは口を揃える。ならば12月を待って将来の目処がついたところで結婚するべきである。

 

 しかし、秋篠宮家側は眞子内親王が30歳までの結婚にこだわっているからと10月末に行うと発表。疑惑の数々には一切答えない。だから国民はおかしいと猛反対するが、それを誹謗中傷や嫉妬と言い換えて内親王複雑性PTSDに罹ったとなり、国民が黙ること、結婚を祝福することが治療につながるとお付きの医師が述べた。

 

 国民が悪いのか!と逆に火に油を注ぐ始末。

 

 おそらく、宮家は小室圭がフォーダム大学の勉強についていけてなかったことを知っているから国民の疑惑に答えることができないのだろう。

 

 菅総理も学術会議の推薦名簿から6名をはずした理由が公正でないから答えたら負けとなり、6名を入れてしまうことになる。

 

 ただ国民にとっては何がそこにあったのか分かって、適切に対応しさえすれば良いだけなので、菅総理のイメージは逆に良くなったと思う。

 

 小室圭の疑惑への応答も同じで、たとえアメリカでブラブラしていただけと分かっても、真摯に答えたから皇室のイメージ悪化にはつながらない。黙っているから良くないのだ。

 

 易に「地天泰」という卦がある。内に活発な健康力や才能(天)を秘めていて、外は穏やかに控えめ(地)なことが安泰だという。

 

 逆が「天地否」。外は陽気で活発で弁が立つ(天)が、内には大したエネルギーを持ってないから行き詰まり(地)、見掛け倒し。否は否定や否決などをあらわす。

 

 竹田恒泰氏によれば、小室圭側の上芝弁護士が大手マスコミを回って母親の400万円の借金以外の問題に触れたら訴えると言っているから誰もが口を閉ざしているらしい。東国原英夫氏も「いろいろ引っかかることが多いから祝福しにくい」とまでしか言わず、和田アキ子も今は番組で深く扱わなくなってきた。

 

 橋下徹森永卓郎ひろゆき等は露骨に小室圭を称賛するが、世論がそれで変わることはなく、逆に本人の支持者を減らしている。

 

 戦後の“影の宰相”と呼ばれた偉大な思想家、安岡正篤によれば、泰→否→同人という順で卦を並べている(易の人生哲学)。前々回の記事の通り、天火同人は高い理想(天)のもとで火のように熱く有志が集まる様子を指す(同人誌の同人)。

 

 菅前総理の否が短期退陣を招いたように、小室圭疑惑への否も国民を同人にさせている。

 

 革の卦で岸田候補が二階外しを唱えて新総理になったようなことがここでも起こるか?