深く広く新しく

試論や試案のサブサイト。メインは「状態の秘法」合知篇(深く)鼎道篇(広く)等

(小室佳代告発!) 噬盍(ぜいこう) の卦に変わる

 今週もアメリカのデフォルト危機やら岸田内閣、関東の地震などいろいろあったが、なんといっても小室佳代の刑事告発が一番インパクトが大きかった。

 

 詳細は告発したジャーナリスト篠原常一郎さんの動画や人気急上昇中の「アジアで生きよう」に譲りここでは省くが、一連の流れが今まさに連載中の易(えき)と合致している。

 

 安岡正篤著「易と人生哲学」154〜156頁には、64卦のうちの「蠱(こ)→臨(りん)→観(かん)→噬盍(ぜいこう)」の4つが並んでいる。

 

 まず蠱は木皿にたくさんの虫がわいているように腐敗を意味し、小室佳代やその息子小室圭が秋篠宮家や眞子内親王に近づいて多額のカネを得るどころか結婚までしようとしている。それを祝福せよと強制されても、多くの国民には木皿の高級料理にとうとう蛆がわいてしまったようにしか見えない。

 

 次に臨席や降臨で使う臨の卦。篠原常一郎さんが小室佳代の遺族年金や傷病手当金の不正受給は詐欺罪に当たると告発して「臨」んだ。

 

 今やネット上のコメントが多数削除されたりテレビが躍起になって祝福にもっていこうとするため、この告発ももみ消されないか心配だったが東京地検に無事受理された。今後は検察がどう対応するか・・。

 

 そこで観の卦となる。安岡正篤氏は俯瞰の観や観世音菩薩の観と説いているが、単純に観察の観でもいいと思う。つまり多くの国民がユーチューブを観て、告発の内容や経緯を知るようになった。

 

 本日の記事の最後は噬盍。噬(か)み盍(あ)わすという文字で、決して飲み込んではなく、十分に咀嚼する、物事を十分に考えて処理するという卦である。

 

 週刊誌やヤフーもこの告発を掲載し、更に多くの国民が知るところとなった。それだけでなく海外の新聞も大きく報道し始め、中国やインドは小室母子に厳しいスタンス、アメリカや香港の記事も徐々に変わっていき、「小室圭はプリンセスを連れ去るペテン師」とまで書いている。

 

 まさに誰もが咀嚼している段階といえる。その次が気になるところだが、おそらく易の流れ通りになると思う。

 

 安岡正篤氏がなぜ戦後日本の歴代総理大臣に適切な指南ができたのか興味があってこの本を買ったが、64卦全てを修めるのはかなり困難だった。しかし現実の例と照らし合わせて読むと確かに腑に落ちやすい。

 

“「A宮殿下、無理に無理を重ねて押し通そうとするからこうなるんです」by篠原常一郎”

 

 逆に戦前の日本だが、真珠湾攻撃こそ派手に報じたものの、その後のミッドウェー海戦やレイテ湾海戦での大敗北など都合の悪いことは一切報じず、大本営発表特高警察で国民を縛り付け、敗戦が見えてても無謀に戦争をやめないところは、現代の流れと似ている。

 

 婚約発表こそ派手に報じたものの、小室母子の元夫やその家族の不審死、多額の保険金など都合の悪いことは報じず、大本営発表のようにメディアの横並び祝福報道、特高警察のようなネット上のコメント削除、そして今、戦艦大和が沖縄に向かっている途中、戦闘機の大群による攻撃のような世論の激しい非難に遭っている。