草分け中

試論や試案のサブサイト。メインは「状態の秘法」合知篇(深く)鼎道篇(広く)等

何が現れつつあるんだろう?🤔

  今朝、明石市の泉市長のTwitterで価値観の大転換を迫る書き込みがあった。

f:id:reigan3941:20220924112733j:image

  福祉職など現場で働く非正規雇用を正規化し、中抜きを非正規化するという。

 

  言うのは簡単だが、選挙で選ばれて公権を持つ市長が語ると重みが全然違い、しかも実行している。

 

  さらに日に何本もツィートしてフォロワー数も多いため、これを大勢の人が見て、更にリツィートで拡散している。

 

  もちろん疑問視する意見もあるが、低賃金で苦しむ圧倒的多数の人々は歓迎している。

 

  もう1つ言うと、若い頃に石井紘基の秘書をしていた為、政治の裏を知っており、石井を暗殺した勢力が何者かも知った上で行動している。

 

  市長就任後の明石市の財政については、財源なんていくらでもやりくりできると言って実行し、結果を出している。

 

  子育て育成関連も結果を出しているため移住が増え、人口も増えてこれも結果を出している。

 

  そんな市長だからこそ旧勢力は脅迫してきたり、メディアが捏造記事で落としにかかっているが、面白いツィッターで人気を博しているため差程効果がない。

 

 逆に、自民党や公明、維新など旧勢力側は安倍晋三を失って急速に勢いを失っており、面白みもなく、ツィッターでは茶化され、向こう3年は選挙がないとはいえ深刻な危機に陥っている。

 

  だからだろうか? 旧勢力側は、既得権益を死守すべく、立民の野田佳彦玄葉光一郎など松下政経塾出身者を国葬に出席させたり、立民と維新を併せたりなど、政権交代しても現状を維持する方向を画策している。

 

  しかし、それでは何も良くならない。今度こそ有権者は、政権交代したら裏切らない野党に権力を与えなければならない。

 

  まずは、れいわ新撰組山本太郎や長谷川ういこが挙げられ、次に泉市長や彼の政策を取り入れつつある川崎市などの自治体、それから全国の減税会、これらが手を取り合って拡大することが望ましい。

 

  そこで、私もツィッターのアカウント名の1つに「善政包囲網」という名をつけた。悪政を包囲して潰そうという意味と、善政党という名前で政権交代を果たす意味が込められている。

 

  果たしてうまくいくのか? 旧来の常識では不可能だが、時代があまりにも悪くなっている中で、歴史が本来の円環的回復力を発揮すれば、必ず良くなっていくと思う。

 

  既にそこに気付いているかもしれない人も何人かいて、例えばまめ@さんも中国史の讖緯を解説したり、前漢後漢の間にあった新が、すぐに潰れたとはいえ、後漢が取り入れたものも多いことを指摘、今後の日本に起こる政治の動きを先取りしている感がある。

 

  さて、先日私は連載中の4コマ哲学史ヘーゲルをアップし、難解なはずの哲学者が分かりやすく描かれていたためか評価も頂いた。


f:id:reigan3941:20220924115008j:image

  19世紀当時は、産業革命や近大革命など様々な分野で大きな動きが進み、これをヘーゲルは理性が現れつつあると述べて支持が集まった。

 

  では現代、何が現れつつあるのだろうか?

 

  どうも何かが現れつつあるような気がする。理性ではない。 実存主義でもない。

 

  

 

 

 

(鎌倉殿の13人) なぜ🤔争い合うのか?

  毎週、見応えある大河ドラマ

 

  感想のやり取りはTwitterが中心なので本ブログが御無沙汰だったが、前半より後半の方が面白い。

 

  もちろん後半も脚色が多い。

 

  しかし、前半の義経サゲな脚色(政子膝枕や猟師瞬殺など)が多くの嫉妬深い視聴者に支持されていたのと違い、後半の脚色は一般視聴者を戸惑わせる一方、歴史マニアにはウケにウケている。

 

  なぜ景時は署名を集められて討たれたか?

 

  なぜ全成は悪禅師とされて討たれたか?

 

  なぜ比企能員の乱と呼ばれて討たれたのか?

  ※北条側の乱だし、能員は1人で討たれた。

 

これらの疑問を大河では1つ1つ細かく描いて納得できる筋書きを用意し、各演者たちが渾身の力を込めて仕上げた。

 

  この景時に勝る演者は出てくるか?

  この全成に勝る演者は出てくるか?

  この能員に勝る演者は出てくるか?

 

  しばらく出て来なさそうだ。

 

 大河を見るまで鎌倉初期のバトルロワイヤルの原因は、御家人たちの民度の低さからくるものと思い込んで特に調べずにいた。

 

  しかし、当時の諸事情や跡取りの能力、経済事情、感情的衝突や同年代同士の友情、それらが複雑に絡み合って、鎌倉幕府の初期はこんな不安定さとなってしまった。

 

  安定するのはもっと後、承久の乱で幕府が勝って泰時の代となり、御成敗式目がつくられ、更に時頼の代まで待つ。

 

  現代だって草創期はそんなものだ。

 

  いろいろな衝突がある。

 

  短期で自滅するところもあれば、大きくなるところもある。

 

  なぜ北条氏は生き残ったのか?

 

  今後も和田や畠山の乱、実朝暗殺などゴタゴタは続く。4代将軍は京都の藤原氏からもらうことになる。

 

  「それしか道はありませんでした」と言う義時。

 

  深く考えた結果の唯一の道を政子も深く理解して承認する。

 

  そんなやり取りに民度の低さを感じない。

 

  現代人は、誰かの深く考えた新しい道を浅く捉えてすぐに却下し、全然やり取りが進まないし、実行まで運ぶことが滅多にない。

 

  そこに民度の高さを感じない。

 

  現代の方がむしろヤバいかもしれない。

 

 

 

 

  

(鎌倉殿の13人) 景時は忠臣か佞臣か

 梶原景時の最後は、この大河で一番視たかった箇所だが細かく描かれていて満足した。

 

 脚本家の三谷氏は景時に同情的なためか中村獅童を当て、その最期のシーンも描かず解説で触れたのみにした。

 

 しかし、往年の義経ファンからすれば景時は平家追討の一番の功労者を讒言で陥れた憎い奴であり、義経死後も忠臣面して同僚の御家人を嵌めまくった悪人である。

 

 同じキャラは現代のブラック企業にも存在しており、トップの猜疑心に付け入って「良い社員に見えますが実は謀反を企んでますよ」とか「これが証拠です」と捏造した資料を並べる。その実、社内の派閥争いを利用してどちらからも賄賂をもらったり、自身の享楽のために会社や会社のカネを利用したりする。

 

 そんな悪人は「憎まれっ子、世に憚る」という諺の通りなかなかしぶといものだが、今回のように社員の多くが署名してトップに訴状を出すという方法も有効打となり得る。

 

 あとトップが代替わりした直後もタイミングである。何せそんな悪人は景時のセリフのように自信過剰なところがある。計算違いを起こさせるには未知数の新トップを使うのも手である。

 

 以上、いろいろ書いたが、筆者自身が景時のような立ち位置の者に嵌められて痛い目にあったのでまだまだ書き足りないのが本音である。

 

 何はともあれ、景時が東海道で討たれてよかった。現代の景時モドキも署名を集めれば何千何万と集まるだろうが、トップが健在な限り訴状も破り捨てられる。

 

 代替わりのタイミングを待つしかない。

 

 話は変わるが、代替わりといえば今の政府も、安倍元総理の急逝でにっくき竹中平蔵(平三ではない)も早々に退場を決めた。平蔵と平三、どちらも憎まれ役という点では同じだが、平蔵も景時のような展開になると見越して居座るのをすぐにやめた。

 

 あと、前半の頼家が忠臣安達の妻を奪おうとして政子や義時に叱られた場面を見て、個人的に思うところがあった。

 

 伝記作家の小島直記氏や経団連平岩外四氏の2人が口を揃えてメリメ著「マテオ・ファルコネ」を絶賛した理由。あんな、悪いことをしたからといって実の息子を銃で殺すような父親の話のどこが良いのかと疑問だった。

 


 しかし、昭和から平成に変わる当時、無能な後継者に頭を悩ませるお歴々が多かったため、英断を振るって処罰し、有能な人材を抜擢する考えから評価したのだったら、いちおう納得できる。

 

 それでもあの頃から若者が苦労し始め、ついに第三次ベビーブームが起きなかったのは事実。また目立つ起業家も多く潰された。グッドウィルライブドアなど。若者に辛い時代を始めた真犯人の1人ではある。

 

 

 

 

(鎌倉殿の13人) トップ急逝後の右往左往は現代とダブる

 非常に面白い回だったので久々に書きたくなった。

 

 筆者はこの大河に初回から余りに辛口だったため、ヤフコメでも袋叩きにあったことは前に書いた(それでTwitterに逃れて同好の士を得たのは収穫だが)。

 

  ・義経の(史実無視な)サゲ演出

  ・曖昧な幕府設立経緯

  ・善児ばかりが何人も暗殺

 

  等々

 

 最近は当ブログでも記事を書くのをやめたほどだ。

 

 先ず、今回の冒頭だが、急なトップの死といえば最近の安倍元総理の死とどうしても重なって見えてしまった。

 

 頼朝や安倍元総理のように急にトップがいなくなると、今までの側近や重臣たちはどうしてもオロオロしてしまう。現代でも岸田首相はカメラの前で涙ぐんで冷静さを失い、菅前総理は予定を全て取り消して奈良へ行き、竹中平蔵は犯人への怒りを込めた記事を書き(たぶん本当に怒っている。悪い意味で)、皆どうしていいか分からなくなっているようだ。

 

 当時の鎌倉幕府も、故頼朝の息子頼家を征夷大将軍に就けるところまではすぐに出来たが、いざ訴訟に当たるとなると若い頼家には荷が重すぎることが改めて分かり、軌道修正せざるを得なくなる。

 

 そこで既存の4名の文官に梶原景時を加えた5名による新機関を設けようとするが、北条と比企の間で勢力争いが起きて双方1名ずつ増えていき、結局13人になってしまう。「鎌倉殿の13人」の誕生である。

 

 しかしコトはそこで収まらず、お飾りに過ぎなくなったと感じた頼家は対抗策として同世代の若者たちを集めて政治を行おうとする。

 

 実はこの流れは現代でもあったりする。例えば企業の分社化や新支店の拡大に伴い古い支店に新しい支店長が就任した場合、古くからいるベテランたちへの対抗策として自分も周囲に若手を集めようとする。中小企業なら面接で集めてすぐに優遇し、ベテランたちを冷遇する。

 

 こんなことをすれば、ベテランが去るか反乱を起こすに決まっている。そして頼りになると勝手に思い込んでいた近くの若手たちがイザというとき実は全然味方にならないので、この拠点長は短命で終わったりする。下請け企業ならあっさり切られたりする。

 

 鎌倉幕府も同様で、史実の通り頼家は短命で終わることになる。しかし中小企業は倒産して済んでも、幕府は崩壊する訳にはいかない。主人公の義時はあの手この手を使って幕府存続に努め、その結果、同僚のご家人と次々衝突し、更には実父とも衝突し、最後には京都とも衝突する。

 

 どう義時が最終勝利者となるかは見てのお楽しみだが、できれば善児のような架空の暗殺者はもう登場させないでほしい。和田や比企や梶原、畠山の乱などは全て当人同士のガチンコ勝負で描いてほしい。

 

 ここだけの話、善児が出てくるとシラけるのだ。悪人を1人に絞ってしまう手法も分からないではないが、目立ち過ぎると安直に映る。そんなことを書くとヤフコメに叩かれる通り、多くの人は善児を面白がって見ていた。

 

 それは現実には絶対にあり得ないキャラと思い込んでいるからだろう。

 

 しかし、実際に安倍元総理が殺害された通り、現実にあり得る。今更ながらもう見たくないと思う人が多いだろう。

 

 そんな世相を反映して少しは露出が減るだろうか? いや、善児が育てた女性暗殺者のトゥが出るとか公式HPにある。

 

  近々、梶原景時の乱と呼ばれる失脚劇が起こるはずだが、そのあと彼の下にいた善児はどうなるのだろうか?

 

  一緒に退場してほしいが、たぶん義時の下につくのだろう。その伏線として東北行きに同行した。

 

  兄殺害の下手人との2人旅なんてそれだけで脚本が破綻しているし、主人公が能天気に見える。

 

  だから何が言いたい大河なの?と書くからヤフコメに「あなたは視てはならない人だ」と書かれたりする。

 

  一ノ谷の合戦を視た後、わざわざ大河で字幕のあった「鉢伏山」までどんな場所かとすぐに足を運ぶほど熱心な、いや奇特な視聴者なのだが。

 

  

 

 

次のシンゾウとなる政治家はいない

  安倍元総理が亡くなった件、様々な意見がネット上に広がっているが、ここでは本ブログならではの話に絞って書いていきたい。

 

 先ず、日本の首相になるには“派閥の長”か“政治家一家の血筋”か、あるいは“新しい方向性を提唱する人”の3タイプのうち、どれかに当たる場合が多い。

 

  以前これを「ドン・キシュ(貴種)・ラビ」と呼んだ。

 

  例えば田中角栄はドン型、小泉純一郎郵政民営化でラビ型である。

 

  第一次安倍晋三政権の場合は、岸信介安倍晋太郎の血筋だから早く出世したに過ぎない、典型的なキシュ型だった。

 

  そんな見られ方を少しでも払拭したかったのか、安倍総理は「美しい国 日本」(ラビ型)を連呼した。

 

  しかし、小泉郵政民営化の時ほどブームを起こさずスべってしまい、最後は病気を理由にあっさり退陣した。

 

  その後、鳩山・菅・野田による「コンクリートから人へ」の政権交代となったとき、新ビジョンの具体性の無さも相まって国民の不安が増大し、下野した自民党への、安倍晋三への期待が逆に高まった。

 

  そして第二次安倍政権誕生。

 

  もはや「美しい国」は封印し、新たに「アベノミクス」を掲げてこれがいちおう成功した。

 

  後になってアベノミクスは姑息な帳簿改竄によるものとバレているが、当時の国民はこれで経済が上向くと本気で信じ、安倍総理も嘘を承知で夢を見させた。五輪も誘致した。

 

  安定感は確かにあり、それが歴代最長の政権運営となったが、他に与野党ともライバルがいないことの裏返しでもある。

 

  そしてコロナ禍。秘書の提案に乗ってアベノマスクを配布したが、小さ過ぎて誰も使わず(使用者は安倍氏だけ)、もう嫌になったのか、最長記録を達成したところでまたも病気を理由にあっさり退陣した。

 

  こう見てくると貴種ならではの甘やかされ坊ちゃんという側面が強い。同じキシュタイプである日本新党細川護煕も名家の子孫ですぐに首相になり、あっさり投げ出した。

 

  しかし、次の菅総理が華がなく不人気、その次の岸田総理も地味(田舎の軽トラ乗りに近い印象)で、再び安倍晋三待望論が蠢き始めた。

 

  本人も自覚があるのだろう。元総理ならもっと悠然と過ごせばいいのに、参院選で他の議員と同じように最前線で応援演説に駆けて回った。

 

  その頃には、自民党内でも最大の影響力の持ち主になっており、また改憲再軍備を唱える第一線の論客ともなっており、ただのキシュ型だった安倍はもう遥か過去の話、今やドン型、ラビ型をも併せ持つ最強の政治家となりつつあった。

 

  ドン・キシュ・ラビの全てを持つ安倍晋三が第三次安倍内閣を組閣し、そこには公明党だけでなく、維新や参政党、国民新党も閣外協力し、念願の再軍備を含む改憲を実施する日もそう遠くないと思われた。

 

  岡山での遊説を終えて次は長野の予定だったが、文春砲により長野の候補者にスキャンダルが発覚したため、長野を麻生に任せて自分は奈良の遊説に変更した。

 

  西大寺駅前は慣れた遊説場所だった。いつものようにガードレールに囲まれた場所に立って応援演説を始める。平日の昼間、人口もそう多くない町だが、党員関係者に動員をかけて人だかりをつくる。その中には例のカルト宗教も入っていた。

 

  背中で1発の銃声。

 

  左へ振り向きざま更に2発目の銃声。

 

  銃弾が心臓を貫き、前のガードレールに倒れた。

 

  警護が男を取り押さえる。カルト宗教の被害者で、家族を崩壊された恨みを安倍氏にぶつけたという。

 

  警護の薄さを奈良県警のせいにする声が多いが、安倍氏自身、前に国会で辻元清美から警護を厚くするよう言われても「日本は安全な国なんです(そうだ!そうだ!と周囲)!」と全否定した動画が残っている。

 

  薄い警護を容認し、カルト宗教の危険性を黙認し、弁護士会から要請があっても関係を保ち続け、格差拡大を放置し、最後はこんな形で終わった。

 

  過去に同じ最期を迎えた国のトップがいたか探したものの、いない。井伊直弼でもない。

 

  悪政により生活に苦しんだ国民の1人が、手製の銃をつくって撃つ。国のトップとしては全く惨めな死に方である。 

 

  良い政治家ならリンカーンケネディのように国民のために尽くし、恨んだ旧悪側によって暗殺される。

 

  逆に旧悪を保護し、底辺の国民に撃たれる政治家。上述した不思議な偶然も考えると神罰が下ったと思われても当然だ。

  

  少し弁護するなら、外国からのウケがいいという擁護論もあるし、給料の3割に当たる73万円を毎月東日本被災地に送金していた美談もある。

 

  片や犯人の男も、母親がカルト宗教に1億円も献金し(叔父が5千万円を訴訟で取り返す)、病気の兄、そして妹のために海上自衛隊に入り、そこで保険金目当てに自殺未遂したという話もある。

 

  どちらも根っからの悪人ではない。悪いのはカルト宗教か? もちろんそうだが、日本や日本政治に彼らが入り込むスキがあったのは、

 

  日本に新ビジョンがなく、新ビジョンを探そうともせず、考えもしないその姿勢を根本的に改めないからであり、それが一番悪い。 

 

  兎にも角にも、安倍晋三がいなくなったこの状況で、次の晋三、いや心臓となる大物政治家もいないし、改憲再軍備が進むという見方には懐疑的である。