賢者のつもり

主サイト(5素サイクル)に載せていない異説を中心に紹介します。

インドのIT大国化と民主主義を考えて米中へ

 米中戦争の懸念からしばらく中国のことを考えてきたが、今回は視点を変えてまずインドから触れておきたい。下記の図では「X」の箇所である。

f:id:reigan3941:20200529164549p:plain

 人が自然に集まると人の持っている7つの機能が各々で分担していく現象と同様に、地球がますます小さくなっていく近年、上図のように国々の間で機能分担が起きる。日本はセンシティブな「J」で韓国は感情的な「F」、中国は更にその前段階の基礎生命力的な「C」。そしてインドが本質的な「X」になる。理性的な「L」や「Q」は欧米で、支配的な「V」は中東、おっと行き過ぎた。インドの「X」については「梵我一如(ブラフマン梵天アートマン個我との一致)」や、ゼロという概念を世界で初めて発見したことも関係する。

 

 そもそもインドの三大神である、シヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマンを振り返るだけでも、シヴァが「破壊と創造の神」、ヴィシュヌが「維持の神」、そしてブラフマンが「最高神」であることから、順番で並べても破壊から創造、その維持、更に本質的な高みへとプロセスが成り立つ。

 

 以上の話から、コンピューター産業誕生後のインドのIT分野での躍進の謎が解ける。インド人は元々算術が得意な上(インド式計算法)に、日本人と違ってミスを恐れず、何度も失敗しても新しいことを開発していくと言われる。要するにシヴァ→ヴィシュヌ→ブラフマンへの流れを普通に行い世界一のIT先進国になった訳である。また、政治においても国内人口が13臆もありながら民主主義に特徴的な選挙は非常に機能していて、世界一の人口をもつ民主主義国とも言われる。

 

 一方、日本はどうかというと、ITでは後進国になりつつあり、政治においても安倍政権が地方の首長のように低レベルな長期政権が続いている。 こう言い切れる基となるのが毎回登場するこのスライドである。

 

 ただ、ここでふと思ったのだが、7つの機能にはそれぞれ長所(メリット)と短所(デメリット)がある。インドの「X」の場合は、硬直した政治や事態に風穴をあけて更新する長所がある一方、バラモンという最高位を頂いた下に今も続く身分制(カースト制)をもって極とする短所がある。
 
 日本の「J」もアニメ文化や各種芸道、技術などのセンシティブさがある反面、悪く言えばリーダーシップを張れない平凡さがある。韓国の「F」も感情の表出が時に相手を揺り動かし、逆に軽蔑させる。そして中国の「C」も、工業力やインフラなどの単純作業では長所を活かせるが、単細胞的な短所も目立ってきている。
 
 最後にアメリカの「L」も、状況をよく見て考える国という長所がある一方、悩んで更に混迷を深める短所もあり、今の暴動がまさにそうである。
 

中国から見ると西洋が劣ることになるワケ

  引き続き西洋と東洋の違いについて考えていく。

 

  西洋人から中国を見ると、理性的に劣り、政治的にも幼いと思うものだが、優劣はそんなに絶対的につけられるものだろうか?  実は相対的なものであり、中国から西洋を見ると、理不尽なアヘン戦争を仕掛け、世界大戦を2度も引き起こした訳で、今でも全人代ではそんな西洋を馬鹿にする文言が目立つ。

 

  人々が集まると各々機能を分担しあうように状態が分かれることと同様、世界の国々もくっきりと分かれることを示した図がこれである。

※ラインを加えた。詳細は前回参照。

f:id:reigan3941:20200529164549p:plain

  中国の「C」と欧米の「LQ」については改めて作成した下記スライドを参照。ここには、状態のプロセスがメビウスの輪のように循環していることがうまくまとめられており、だから西洋から見ると中国が劣っている(h>k,b>r)こととは逆に、中国から見ると西洋が劣っている(r>h,k>b)となることが分かる。

  したがって今のままでは、これからも中国に普通選挙は行われない。中国が「Cの国」であることを自覚すれば、解決の糸口が見えてくると思う。
 

なぜ「考えるアメリカと考えない中国」になるのか?

  人が集まると立ち位置(各状態)が分かれる現象が、国際化が進む世界の国々の間でも同じように起こるという、前回気付いた話が面白かったので可視化してみた。赤いアルファベットのうち、中国の「C」は反射的生命力、韓国の「F」は感情的、最近の李相哲と有本香との対談動画でも韓国内での見栄と虚栄心について言及していた。青い字の中国のそばの「Q」は元イギリス領の香港である。

 

f:id:reigan3941:20200522211005p:plain

  日本は文化や文明等の感覚に優れた「J」、アメリカは次段階の思考を司る「L」。そこで、何かにつけよく考えるアメリカと、考えずに生命力の向くままに進む中国とが対比させられる。これらの話の元ネタをスライドにまとめてみた。

  インドの7つのチャクラのように7つの心機能を挙げ、その働きを状態のプロセスを展開させるというようにまとめた。

 
  ヨーロッパは今も国際会議で理性的にアイデアを出す「Q」、中東はエホバやアッラーなど唯一神が似合う支配者の「V」、そしてインドが梵我一如でブラフマン(梵天)とアートマン(個我)の一致を重視するゼロ発祥の地でもある「X」である。
 
  今の中国と香港との問題はCとQとの対立、米中摩擦はLとCとの対立であり、日韓問題はJとFとの対立である。コロナ対策では中国のCっぽさが効を奏してマスク徹底や隔離、都市封鎖ができていたのに対し、欧米は個々人の理性的なまとまりのなさも被害の拡大に少なからず影響した。
 
  日本は世界のサプライチェーンを重視するほど、中韓(CF)と欧米(LQ)との間のJに固定され、アイデアのない感覚的で平凡なところに留まる。
 
  解決策としては、上記の現象を客観視するところから始めることが良いと思う。
 
※「スライドギャラリー」(4月1日~)も参照を。
※アルファベットの振分は単に、
・子音14文字を14状態に五十音の順に並べた。
・母音5文字は各状態同士を繋げる時に使用する(例:Kikisitu花を見て種類を知る)。
・残った7文字を7心機能に当てる。
とした。
 
 

世界の7エリアが機能を分担しあう

  ボビー・オロゴンの記事に関係なく米中を見比べているうちに今日書こうと思ったことだが、彼は投資を行う際に世界をアメリカ、ヨーロッパ、日本、新興国の4つのブロックに分け、カネの巡りに合わせてうまく儲けていたことから、私の機能分担仮説と重ねられるとふと思った。

 

  この仮説自体はかなり初期の頃に何となく思っていて、何人かが集まった場合、誰かが判断して指示する、別の誰かは判断せず指示される、また別の誰かは判断の材料を提供する、等と分けられていくようになる。身体の機能が自然とそうなってゆく。

 

  これを世界に当てはめると、今やスマホが普及して世界がますます狭くなっているが、例えば日本は判断せず指示される国で、外国のどこかは判断して指示する国、また別のどこかの国は判断の前のよく考える国になってゆく。すぐに思い浮かぶ国はアメリカだが、リーダーらしく指示して他の国々が簡単に指示されたりということはない。

 

  むしろ白人たちの中で依然格上なのはヨーロッパで、会議でも理性的な発言がよく出てくる。逆に日本が国際会議で理性的に目立つことはあまりなく、敢えて言えば文化面のセンスで光るところが多い。そして韓国はというと、日本ほど感覚的ではなく、よく知られている通り感情が目立つ。

 

  では中国は何か? 理性もセンスも感情も違う。もっと基本的な生命力そのものなところではないだろうか。

 

  更に西へ進むとインドがある。インドといえばゼロ発祥の地である。中国の基本的生命力よりももっと本質的部分か。

 

  その西には中東がある。アッラーの神が似合う土地で、この唯一神が支配している。アイデアを閃いた後にその種を育て現実化する段階である。

 

  アイデアを閃く段階をヨーロッパ、閃く前段階のよく考える段階をアメリカ、考える前の感覚的に情報収集する段階を日本、とすれば、世界は7つに分けられて一巡する。ボビーの場合は4分割・・、コロナで目算が狂って荒れたのかは不明だが、私にはこの7分割(インド0本質→中国1生命力→朝鮮2感情→日本3感覚→アメリカ4思考→ヨーロッパ5霊感→中東6維持→→→インド0本質)の方がしっくりくる。

 

  南米や東南アジア、ロシア、オーストラリア、アフリカなどについては上記の機能分担の輪の中に入っているかどうか明確ではない。アフリカ出身で親中国のテドロス事務局長は確かに欧米や日本よりももっと基礎的なことしか言ってない。

 

  この世界7エリア機能分担仮説はおそらく仮説ではなくなり、地球が狭くなるにつれてますますそうなっていくと思う。その先には、地球の緯度と経度が交差したポイントに国際政府の支部が作られることになるだろう。日本では東京や大阪でもなく明石である。

    

新型コロナウィルス影響下の各国の回路

 新型コロナウィルスをめぐる世界各国と中国との対立が激化してきた。これを前回の記事で使ったサイバネティックスの回路で図示すると見えてくるものがある。

f:id:reigan3941:20200515060550p:plain

(2020年5月15日現在)

 ①図(一番左)は、新型コロナウィルスが発生して疾患が広がった状況であり、まだ対応プログラムが何もないまま感染が拡大している。

 

 ②中国のプログラムには武漢封鎖や感染者の隔離など様々な対策があるが、WHOに対してはウィルス名に国名を入れないようにさせたり、最近では「マスク外交」と呼ばれる世界各国への治療器具の輸出やそのことに対する感謝の意を公式に表明するよう圧力をかけたりするものの、結果得られる実現値はマイナスで孤立を深めている。

 

 更に※1の箇所の通り、右側の各図のようなプログラムの修正が行われてなく、既存の中華思想のまま変わっていない。台湾を評価したオランダに対しても「一つの中国」という建前から厳しく臨んだり、オーストラリア産牛肉の輸入を停止したり、アメリカとも関係は悪化する一方となっている。

 

 こうした流れから世界各国は③学習回路の通り、プログラムを修正するようになってきた。※2の箇所は、今までの対中依存体質、日本のマスク生産も大半を中国の工場に作らせて輸入していたために今回深刻な不足に陥ったことや、その他のトイレットペーパーやティッシュペーパーなどの基礎物資も買い占め等の風評被害に遭った例などがある。

 

 ※3ではシャープがマスクを生産したり、手作りの布マスクが広がったりするなど、基礎物資の国内生産や今までのやり方の見直しを指している。

 

 右端の④図は、対中依存体質を猛省した各制御主体がもっと考えて、今までの生活様式を新しい生活様式に改めようとしたり、観光立国という方針の見直し、国内生産や雇用拡大、ウィルスとの共存、WHOの見直し、等々を行っていくであろう今後のあるべき状況を描く回路である。

 

 中国が②の回路のまま中華思想、一つの中国、共産党指導体制、等のプログラムを修正しなければ、実現値はマイナスが続く。現状では各国とも③図だが、今後いかに④図の回路のようになるかが重要である。例えば大阪の吉村知事が広く国民から評価されていることも、よく考えた適切な方針や指示を実行しているからであり(※4)、安倍政権が比較して悪く見られている。

 

 

制御不能に陥った国はどうすれば良いのか?

 新型コロナ問題を巡る安倍政権の拙さと吉村大阪府知事のスマートさについて、多くの人がいろいろな角度から論じている。「府にできて何故国にできないのか?」「国の首相に吉村さんがなればいい」「もう安倍は要らない」等。

 個人の資質の問題も確かに大きいが、このブログの骨子であるサイバネティックスのモデルを使って比較検討してみたい。

f:id:reigan3941:20200508072236p:plain

「カラー生物百科」平凡社(第4版)より

 上図を少し解説すると、コンピューターの創始者として知られるノーバート・ウィーナーが考案したモデルで、専門分化する結果論の科学とは逆に、様々な分野を総合する目的論の科学に属する。

 一番左端の「操縦の原理」は科学者の観察や自販機からジュースを取り出す、中央統制経済など。次の「制御回路」は空調や調速機、ホメオスタシス等が分かりやすい。そして「学習回路」は何度もトライしてプログラムを修正する初期資本主義経済、右端の「思考回路」はプログラムの修正を繰り返す経済循環などとされる。

 政治については制御できてないことが常で、例えば昔は省庁が増える一方で、役人も増え、予算を圧迫していった。これを大きく改めたのが橋本総理の省庁再編で、まあこのブログも真価が理解できる読者が非常に少ないので踏み込んで書いてみるが、要はモデル上の実現値が「国家秩序、富、文化上の真理、福祉」(というのが橋本4本柱)であればよく、その4つを実現するために当時の雑多な省庁を再編した。こうして厚生省+労働省厚生労働省や、文部省+科学技術庁文部科学省建設省国土地理院なども国土交通省の中に組み込まれた。長年最大の権力を持っていてやがてノーパンしゃぶしゃぶで権威が失墜した大蔵省は橋本総理の強権で財務省に改名された。

 こうして1府12省庁にすっきりとした再編は21世紀とともにスタートし、今に至っている。この大きな出来事に嫉妬したのが後続の自民党政治家たちだが、なかなかそれを超える事業が出来ないのは、新しい思想哲学を含めることが出来ないからである。安倍総理念願の改憲も同じで、ただ軍を動かしたいだけという単純さだけでは憲法を変えることはできない。

 

 さて、新型コロナ問題については、モデル図の下の環境から上に伸びる外乱に対して、対応できるプログラムがないことが先ず挙げられる。つまり省庁再編で強大化した1府12省庁の最初の1府である総理直轄の内閣府は、モデル図の上から2番目の装置に当たるが、一番上のプログラムから知的な指示を得て制御しようにも適切な対応ができない。

 次に、最近ではネットによる率直な国民の反響というフィードバックがある。これを軽視したがために、小型サイズの布マスクを揶揄(やゆ)されたり、補助金のない自粛とはおかしい、昭恵夫人が花見や旅行とはおかしい、等の悪い回路となっていった。

 安倍政権のプログラム的問題とフィードバック的問題をうまく解決できているのが大阪の吉村府知事で、橋下徹氏も述べていたが専門家の用い方が非常に上手で、先ずは「週末は大阪と兵庫間の越境を控えてほしい」と発表した時に兵庫県の井戸知事は「何を大げさな」と反論して叩かれた。

 モデル図で言えば③学習回路や④思考回路のようにプログラムの修正を行いながら取り組んでいるため、古い人たちにはできなかったこともたくさん行い、しかも国民からの反響も良い。最近では数値化した出口戦略や医療従事者への給付、これからもまだたくさん出るだろう。

 つまり前代未聞の問題に対して既存のプログラムの修正をしながら適切な対処を行おうとしているから国民からの評価が高い吉村知事に対して、安倍政権は既存のプログラム修正がなかなか出来ないので拙い対応となりフィードバックも拙くなる。

 省庁再編で総理直轄の内閣府の権限が強くなったために、地方の行政府の首長と比較しやすくなり、両者の差がますます目立ってきた。昔だったら厚生省が悪い、厚生大臣を替えろで済んだかもしれないが。

 最後に国にプログラム修正はどこまで期待できるかだが、本気でやるとしたらオンライン教育やテレワーク、観光立国の見直しなど広範囲になるのは間違いなく、現政権には出来ないし、やってもガタガタになる。新しい人と考え方で行うしかない。

 

人物比較表づくりのすすめ(麒麟追加)

 混迷を極める現代社会への有効策は人物の入替えや考え方の入替えしかない。その取っ掛かりとして比較表を自分なりに作ってみた。

 

f:id:reigan3941:20200505110559p:plain

(2020年5月5日現在)

①は言うまでもなく小さいサイズの役立たずなマスクを考案、実行した名コンビ。この首相と秘書官は有事への資質を備えていないから退場すべき位置にした。

 

②は逆に有事の時こそ目立って好評な人たち。平時では知られないまま終わっていたかもしれない。まだまだ伸び代があると思う。

 

③も最近の発言を調べればまともな発言が多い。多くの著名人が一般人の集団ヒステリーに忖度している中でブレずに正論を吐き続けている。

 

④はアタマが良いのに政治的な発言や行動を一切行わず、クイズ番組に出演しているだけなのでもう退場してはと思い、この位置に置いた。

 

⑤はその逆で愚かなことを自覚せず日々スポーツ紙にくだらない発言を載せてはネットで叩かれている筆頭。元総理や元知事というだけで載せるマスコミも本当におかしい。

 

⑥は過激だがその行動が決して不要ではない気骨ある人として置いた。

 

 よく選挙に行こうと安直に言うが、まずは各自が上のようなマトリックスを作って考えてみる。そして、誰がマトモで誰がマトモではないか? 誰の活躍が不要で誰の活躍が必要か? 

 

 ⑥のような人たちももっといないと世の中は動かないが、何より②や③の人たちをもっと増やして力を与え、①や⑤と入れ替えていくべきである。

 

  ところで、大河ドラマ麒麟がくる」のバージョンも作ってみた。

f:id:reigan3941:20200505183340p:plain

  右上は言わずもがなだが、人気の本木道三については「人の上に立つ者は正直であれ」と光秀に説きつつ騙して毒殺を行うので位置はもう少し左かもしれない。

 

  左上の松永久秀もこのドラマでは結構マトモで人気だが、いずれ将軍襲撃や裏切り等いろいろ掻き回すことになるのでこの位置にした。

 

  左下の斎藤高政は前回弟2人を殺し、次回で父親を殺し、光秀を追放し、戦国らしく生きた後に病死する。

 

  右下の3人や菊丸などは狂言回しと言われ、昨年の大河「いだてん」でもスポーツに全く関係ない落語家の一生が同時平行で描かれ邪魔だという声が大きかった。

 

  いかにも現代的なやり方だが、作品を真面目一辺倒で作らず、緩急をつけようとする傾向が作り手にある。「西郷どん」では稀代の陰謀家である岩倉具視役に鶴瓶を起用して「鶴瓶にしか見えない」と悪評紛々だった。

 

  麒麟を武将だけで描き、西郷どんの岩倉に凄みのある役者を使い、いだてんに落語家を使わない訳にいかなかったのか?

 

  和みも大事だが、時代は本気で実行する真面目さを求めており、視聴者も気付いてきている。気付きたくないのがテレビ局なのかもしれない。