ループ・パワー

「状態と機能の話」サイト管理者の雑感ブログ

"黒衣の宰相"崇伝と徳川家康

  火坂雅志著「黒衣の宰相」読了。

 

  江戸に幕府を開くにあたり、徳川家康は様々な賢人や異能の才を集めた。政治では謀臣本多正信正純親子、経済では鉱山開発の大久保長安や小判を流通させた後藤庄三郎、新田開発の伊奈忠次、剣術では柳生宗矩、築城では数々の名城を任された藤堂高虎、元イギリス人の三浦按針・・・。流浪を経験したことがある人も多く(正信や高虎は様々な主君に仕えたことがある)、ただ行儀が良いお利口なだけの人は入っていない。

 

  そして仏教界からは京都密教内の抗争を山形から来て平らげた南光坊天海、一方の禅宗からは若い頃から秀吉の外交文書作成の裏方に携わってきた金地院崇伝の2人。

 

  崇伝がどのように家康のブレーンに加わったかは、秀吉から家康に権力が変わる中で、今まで表で外交文書作成に携わってきた先輩僧たちが次々と亡くなる中で裏方から表に回ってきた自然の流れであることが本書を読んで分かった。

 

  しかし、歴戦の強者である家康は、その鋭い金壷眼の双眸をもって、若い崇伝の中に仏教や外交文書以外にももっと秀でた能力があることを見抜いた。おそらく他の誰も見抜いていないだろう。

 

  だからこそ、家康は崇伝に様々な仕事を与えた。例えば武家の誰もが苦手としていた京都の朝廷工作、小説では崇伝が忍者を使い公家の弱みを握って掌で転がすようになるよう面白く描いている。

 

  また、大坂豊臣家を追い詰めていく時にも、有名な方広寺の大鐘に刻まれた「国家安康、君臣豊楽」の文字を家康の名前を切って呪うものだと難癖をつける。学校で習った時にはこんな酷い戦の起こし方はないと憤慨したものだった。しかし、70歳を過ぎた家康の死をニヤニヤと待つ豊臣相手に戦の口実をつけられる人は崇伝の他にはいなかった。

 

  大坂の陣が終わると数々の法度の作成も崇伝に命じた。武家諸法度や公家諸法度、寺社関連、どれもきちんとした文書にまとめ、今後は刀剣ではなく法治国家を目指す志が感じられる。

 

  それを後書きで著者の火坂は、「まるで徳川初期に、現代人がただ一人紛れ込んでいる気さえした」と史書を調べた上で吐露している。世の人はそんな崇伝を全く理解できず、「大欲山気根院僭上寺悪国師」、「天魔外道」などと呼んだが、悪名を気にする風もなく、以後300年続く「パックス・トクガワーナ」の基礎を固めた。

 

  得られた結論として、五輪後ますます混迷を極める現代に対しては、当時の崇伝がそうだったように、遥か先の未来から紛れ込んだかのような才能を用いるべきであること。ただその才を見抜いて登用する家康のような人は、日本初代大統領に選ばれてもおかしくない人以外に考えられない。

 

「失敗する/しない」と「目が醒める/醒めない」

  表題にある2つのキーワードで、以下の3つに分けてみる。

 

A. 「失敗しなくても」「目が醒めてる人」

B. 「失敗して」「目が醒める人」

C. 「失敗しても」「目が醒めない人」

 

  職場の有能な先輩はAのタイプで、腹が立つ上司や部下はCのタイプだろう。Bは普通かもしれないが、裏を返せば、

 

B'. 「失敗しなければ」「目が醒めてない人」

 

でもある。それではマズイので、Aのタイプになれるよう努めなければならない。

 

  さて、東京五輪についてはそもそも、Aの人たちで運営されていると思われていたが、ここ最近の相次ぐ不祥事から、実はB'やCが多いように思われている。

 

  そして我々一般国民は、日々のお恥ずかしい五輪関連報道を見て、日本はこのままでいいのか? 何か変えないといけないのではないのか?とBが増えつつある。

 

  

 

  

(青天) 転換期途中の勝ち組と負け組の折り返し点

  二条城にある大政奉還が行われた広間は、当時の様子を伝える多数の人形とともに今もそのまま残っている。

 

  今回その広間が撮影に使われたのか、視聴しながらスマホで調べたがよく分からない。ただ金地に太い松を描いた見事な襖絵が慶喜の後ろに見えたので、やはり局内のセットではなく現地の広間だと思う。

 

  すると尚更、大政奉還をめぐる流れがリアルに伝わってくる。薩摩が主導する朝廷回帰の先手を打って政権を返せば、後醍醐天皇の時のようにすぐに行き詰まってしまうと読んだ慶喜

 

  ただ1つ誤算があった。司馬遼太郎もその存在をまるで奇跡でも見るかのごとく小説の中で不思議がったように、極めて怪異な公家と言える岩倉具視が返り咲いたことである。

 

  さすが慶喜と見直す動きが増えていく中で、ならば王政復古の大号令やと明治帝を動かし、錦の御旗を密かに作らせる。西郷も乗っかって江戸にテロを仕掛けて戦端を相手に開かせた。

 

  逆に慶喜は全てを見通す賢さはあれど、側近が次々と殺されて相談相手がいなくなり、重要な時に打つ手に窮してしまう。

 

  そう考えると、家柄やシガラミに縛られて愚かな家臣しか残っていない幕府は滅びて当然だったのかもしれない。

 

  一方、本来公家としては下層で、行状や態度に問題が多い岩倉具視を復帰させて中心に持ってきたことで、倒幕への流れは更に進み、合戦で錦の御旗が登場したことで津藩など裏切りが起き、慶喜は大阪から船で江戸に逃亡した。

 

  自公政権竹中平蔵その他の現代の支配層もまだ自分たちの世は続くと思い込んでおり、確かに野党の枝野や蓮舫も頼りないが、在野にもし岩倉具視のような存在が隠れており、タイミングよく表舞台に登場したらどうなるか分からない。

 

  現代が様々な価値観がひっくり返る転換期にあることは間違いなく、だから例え今が勝ち組の中にあっても最終的に転換期が終わった時には負け組になる。

 

  今回まで、岩倉具視はずっと負け組の中にいて、京都郊外の田舎で自ら炊事する日々だったが、最後は勝ち組になって自ら欧州視察団に加わり、帰国後は政治経済を一新し、後世からもその功績を高く評価されて500円札の顔になる。

 

 

  

 

大河ドラマの題材は似たようなものが続いている

  ここのところ、"ビルド"に関係が深い本を読んでいる。江戸幕府創成期に活躍した藤堂高虎を描いた「虎の城」、同じく家康のブレーンで知られる金地院崇伝を描く「黒衣の宰相」。

 

  世間はまだ五輪の開催や観客有無のことで騒いでいるが、云々するのはもっと早い時期にすべきで、直前に迫った段階で議論するのは現実的ではない。いや、もっと大事なのは五輪が終わった後の方ではないか?

 

  冷静になれば悲惨な話しか見えてこない。五輪がやっと終わり、膨大な損失や赤字、秋の衆院選では自民大敗、再び政権交代が起きても人材不足と構想不足なため諸外国からまたナメられる。

 

  日本の上層部が何も考えてない訳ではないのは、大河ドラマの題材選びでも分かる。今年は渋沢栄一で新札発表とともに経済元年を目論み、来年は初の武家政権を創成した「鎌倉殿の13人」、再来年は松本潤主演で「どうする家康」。全て"ビルド"に関係している。

 

  ただ厄介なのは旧い側からの妨害であり、だからなのか昨年は裏切り者で知られる明智光秀を肯定的に描いた「麒麟がくる」で新しい世を構想して打破することの大切さを主張しようとした。

 

  現状を見る限りそれらはうまく国民を誘導できてなく、空振りで終わっている。「いだてん」が五輪の気運を盛り上げられなかったように。

 

  つまり、NHK大河で国民全体を導こうとする手法は今や通じなくなっている。過去には「独眼竜政宗」や「篤姫」が高視聴率を記録してその年を代表する顔にもなったが、最近はそうならない。

 

  渋沢栄一北条義時徳川家康などの"ビルド"な面々がほぼ無視され、経済は悪化、政治は退廃、若者は絶望、そんな数年になるのだろうか?

 

  いちおう希望を見出すよう、ホリエモンひろゆき等の記事が目立つが、講釈を垂れているだけで"ビルド"な感じは全くしない。世界では「グレートリセット」なる言葉がダボス会議関係者から出てくるが、リセットであって"ビルド"ではない。

 

  今まだ読んでいる途中ではあるが、江戸幕府創成期に武家諸法度や公家諸法度の起草や大坂城攻めに関わった崇伝は、若いながら紫衣を許されるほどの禅門トップに上り詰めた俊才ながら、初めは秀吉や家康の外交担当だった高僧が亡くなった空きポストに座る形で政治に関わるようになった。

 

  元々、外交文書の作成に裏方で関わってきた積み重ねが活きて、表舞台に立つようになったという。いつどうやって家康に近づいたのか読むまでは謎だったが、現実的にそんなものかもしれない。

 

  秋の衆院選後も、三度目の正直とばかり今度は野党連合政権も論功行賞の人事ではなく、真面目に経済や外交の人選に取り組むはず?だが、そこに徳川家康の時のような多種多様で身分や出身にこだわらない、風通しがよく実効的な人集めが本当にできれば期待できる。

 

 

現場知らずが負担を増やす(⇔ゴリラや高虎)

  悪名高い新制度「教員免許更新制」が廃止されるらしい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/804b5e8c936b44a19f7634c8aff682f284aefa6f

 

  本来、問題ある教員をどうするかだけが重要なはずが、何故か再発防止のためにその他大勢の問題ない教員まで巻き込んで、民主党がこの制度をつくった。

 

  すると、更新料3万円の自己負担(2回受けた人は6万円の負担)、受けても意味のない講習内容、受けていない元教員の失効、産休や育休で欠員が出たときの臨時の補充ができない、等のデメリットばかりか目立つようになり、文部科学省が廃止の方向で検討を始めたという。

 

  実に愚かな制度だが、では何故こんなことになったのか?振り返ると、教育界に限らず民間企業でもたくさん見掛ける愚かさにつながってくる。

 

  1つのミスや事故などの事案が起きた時、原因分析を真面目に行わず、ただ再発防止と称して全体の関係のない人たちを巻き込んで余計な新ルールを作って負担を増やす傾向があちこちにある。

 

  現場の人たちは新しいルールができるたびに強制的に従わされ、守らないと怒られたり点数をつけられたり給料に直結したりして戦々恐々となる。

 

  しかし、以前からあるルールも守らなければならず、どれも守っていると時間的にも効率的にも厳しくなり、結局どのルールを優先して守るか個々でルール破りが横行する。

 

  つまり、現場知らずの上の人たちが簡単に新ルールを作っては"ええカッコしい"で一時的に自己満足し、やがてまた事案が起きると慌てて新ルールを作って現場の負担を増やす負の連鎖になっているのだ。

 

  こんな無能な事態は現代だけでなく、法家思想にカブれた始皇帝の秦の時代からあり、次の漢の皇帝になる劉邦は簡素化して"法三章"を掲げた逸話もある。

 

  イメージとしては、中世の騎士や武士が、弓矢を防ぐ、刀を防ぐ、槍を防ぐ、と次々に重い甲冑を身にまとっていき、更には馬にも金属製の馬具をまとわせて身動きがとれなくなった感じに似ている。

 

  そんな全身の騎士たちで構成されたヨーロッパ連合に対して、遥か東方から西進してきた当時最強のモンゴル軍は、革製の鎧と小さな弓で身軽に馬を操り、ワールシュタットで撃破した。(ヨーロッパの近代化=合理化の始まりについてはプロテスタントの禁欲精神由来を唱えたウェーバーや理性を発見したデカルト弁証法ヘーゲルコペルニクスルネサンスなど諸説あるが、この時の圧倒的な敗戦のショックと恐怖が一番大きいと思う)

 

  日本の幕末、つまり明治維新直前でも似たような事例があり、例えば幕府軍に属する山陰の各藩の軍勢は重い甲冑に旧式の火縄銃を片膝ついて撃つ武士で構成されていたが、対する長州は大村益次郎指導のもと庶民たちが全員黒服に大きな陣傘を頭につけ、うつ伏せになって新式のゲベール銃を撃つ方法で圧勝した。

 

  それらの話に基づけば、周りに人がいないのに運転中もマスクをつけたり、ジョギング時にもマスクをする現象も不思議に見えたりする。感染防止に必要な時だけマスクをして、適時外すようにする方法や習慣をとっている人の方が合理的なのだが、何故かそんな方向に向かわない。

 

  更に困ったことに、それでも自分たちは賢い、頭がいいと思い込んでいる。

 

  最近「コングvsゴジラ」という映画が公開されたが、実際のゴリラはあんなに狂暴ではなく、むしろ余計な争い事を避けておとなしくするという。頭が良いからいろいろと思いを巡らして心配になるかららしい。

 

  すると、職場やグループラインで、好戦的にやたらカチンとくる言葉で訓示を垂れる上官や、長文を書き込む上司はゴリラほど頭が良くなく、逆に何も言わず聞くだけで余計な波風を立てない姿勢や「了解しました」としか書き込まない大勢の人たちの方がゴリラのように賢いということになる。

 

  そして、この大勢の人たちの中にこそ希望が隠れており、もし本格的なビルドに向かったのなら、破壊と絶望しかない現代にようやく光がさすことになる。


f:id:reigan3941:20210711042610j:image

 

  この引用は前回記事にも書いた火坂雅志著「虎の城」の一節だが、こうして若き藤堂高虎は諸国を転々として、やがて豊臣秀長に仕えることになる。

 

  百姓出身で兄が秀吉というだけの木下秀長に仕える武士なんてほとんどいない。出世を望むならもっと他にたくさんの武将がいたはずで、小一郎秀長に仕える高虎はよほど切羽詰まって他に選択肢がなかったのかと思う。

 

  しかし、武芸しかない上司だと有能な部下をすぐ潰しにかかったりするところが、秀長は兵站や算勘、鉱山開発、築城技術など様々な能力に長け、若い高虎は様々なことを学び吸収する。そして働きを正当に評価して石高も地位も上がるので、ついに秀長の副将格となり、四国九州征伐で総大将となった秀長とともに秀吉の天下統一に貢献する。

 

  秀長没後は家康が取り立て、参謀正信や天海、崇伝たちの中枢に外様ながら加わり、全国各地の城や東照宮の建築も任され、資金や人手に困ることなく名城をたくさん築いた。

 

  少し話が脱線したが、今後の日本がもっとビルドに進むべき時に藤堂高虎豊臣秀長徳川家康やそのブレーンたちの話は非常に参考になる。

 

  だから次は、同じ著者による「金地院崇伝」を読む予定。

 

 

  

 

(藤堂高虎) ビルド面で最も頼りにされた男

  火坂雅志著「虎の城」上下巻を読了。戦国時代は信長までの前半が古い伝統が廃れて壊される展開だが、後半は秀吉や家康のもとで新しい世作りを進めていく、その後半時代に活躍して成功した藤堂高虎の生涯を描いた小説である。

 

  現代は「駄目な企業は保護せず潰すべき」「新しい思想なんてない」と公言する竹中平蔵のもとで破壊ばかりの非常につまらない時代だが、2ちゃんねるを創設したひろゆきやユーチューバーのヒカキンなどが注目される通り新しいビルドは僅かながら点在しており、大系的な刷新の必要性にはまだ誰も気がつかないでいる。

 

  あとがき冒頭に書かれた通り、藤堂高虎とは誤解に満ちた武将である。仕える主君が何度も変わったから、現代で言うところの堪(こら)え性(しょう)がないとか、明石家さんま風に言えば「趣味は退職、特技が転職」と見なされがちだった(離婚歴4回のフリーアナの近藤光史の結婚式で趣味は離婚、特技結婚と挨拶した)

 

  しかし、高虎の生涯を追うと比較的仕える主君に恵まれた方であり、むしろ忠誠心の方が目立つことが分かった。

 

  最初の頃は不遇である。織田信長に滅ぼされる直前の浅井家に僅か80石で仕えて約1年、喧嘩から同僚を斬り出奔して流浪する。この小説では詳細が描かれてなく残念だったが、空腹のあまり餅屋で食い逃げを犯したものの、店主が優しくて路銀まで与えた話はこの頃だったろう。後に出世した高虎はこの恩を忘れず3個の餅を旗印にして、遠征の時に立ち寄って店主に厚くお礼をしたという。また合戦や土木工事の時に自ら餅を配り与える様子も何度か描かれている。

 

  次に仕官した先は元浅井家の重臣で織田に寝返っていた磯野和昌。姉川の合戦では獅子奮迅の働きで圧倒した猛将であり、高虎ともウマが合いそうだった。しかし、寝返り後の和昌に当時の勢いはなく、信長に甥の信澄を養子に押し付けられた。かつて自ら刺し殺した実弟信行の子で、父に似て一見行儀は良さそうだが、小説では稚児好きで凡庸かつ冷淡と描かれている。

 

  現代でも、有能で優しい直属の上司が人事異動で突然入れ替わり、真逆なタイプの新上司のもとで苦労する話は数多い。高虎もそうで、丹波攻めで一番首をあげるなど自身の加増に向けてさあこれからという時に、信澄から特命で帰国を命じられ、目をつけていた寺の稚児を連れて戻るよう言われたので怒りと空しさに包まれる。

 

  更に加増の話もなくなったので再び浪人となって近江国でブラついているところへ、仕官の話が来た。小説ではかつて賊に囲まれたところを助けたことが出会いとなっている、木下秀吉の実弟、小一郎秀長である。兄が出世したため百姓をやめ、主に兵站や算用など裏方の仕事で秀吉を支えていた。

 

  実はなぜ秀長が、四国・九州征伐で総大将を務めたり、難治で知られる但馬や紀伊でも勝つことができたのか分からなかった。故堺屋太一が「豊臣秀長」なる本を上梓した時もニッチなネタを見つけた印象が強く、秀長の実像とは違うように思われた。

 

  それは藤堂高虎が副将格として仕えていたからだった。190センチの長身で武辺一辺倒の高虎にとって、温厚な性格で働きを正当に評価する主君の秀長は非常に仕えやすかった。秀長にとっても高虎の武勇は頼もしく、互いに良い影響を及ぼしあった。更に高虎は、秀長からこれからの武士は武技だけでなく、兵站や算勘など様々な能力を総合的に身に付けていく必要性を学び(実際秀吉の三木城や鳥取城での長期間に渡る兵糧攻めでは秀長ら裏方の働きがあったからこそ実現できた)、中でも築城術など土木面に秘めていた才能を発揮していくようになる。

 

  安土城の石垣作りに秀長の名代で参加して穴太(あのう)衆と縁を深め、大和大納言となる秀長のもとで和歌山城粉河城、また京の二条城などを手掛ける。

 

  秀長没後は養子の秀保を支えたが、淀君に子供が生まれてから秀吉や三成は一族の秀次や秀勝、秀保などが邪魔に映り、状況が徐々に悪化。秀保が変死して大和豊臣家が消滅すると、高虎は高野山で読経の日々を送る。もちろん有能な男をそのままにしておけないと秀吉から再三下山するよう使いがきて、四国宇和島に領地を得る。おそらく増え過ぎた浪人の再雇用の狙いもあったろうと作者は推察している。

 

  名城として知られる五角の宇和島城(回ると四角に間違える仕掛け)、敵の銃撃が届かないほど堀の幅が広い今治城に行ったことがあるが町としては今や他の地方都市と同様に栄えてなく、なぜ両地の中間の大洲にしか漫画喫茶がなかったのか分からなかったが、高虎が大洲で政治を行ったことも新たに知った。

 

  天下はせっかく安定したのに、唐(から)入りという対外政策を始めた秀吉と三成の暴挙の中で、高虎は豊臣の政治に疑問を抱き、次第に内政を重視する徳川家康に近づいていく。現代も中国や海外に生産拠点を移して国内に産業空洞化や非正規社員の増加と少子化を招く浅はかな平成時代と重なる。

 

  家康も以前から高虎の人物に好意を持っており、やがては関ヶ原の合戦大坂の陣、また息子秀忠とも江戸幕府設立や対朝廷工作でも細かく計り合いながら進める外様では異例の非常に近しい間柄になる。

 

  築城面でも家康から、江戸城伏見城、大坂対策として丹波篠山城亀山城、近江膳所城、伊賀上野城、国替えで伊勢の津城、日光東照宮、徳川大阪城などを任され、金銭面を心配せずとも次々と名城を築いていった。十字砲火ができるよう工夫した石垣(津城)や現代にも通じるマッキントッシュ式に組み換え移動可能な城(亀山城)など面白いものが多い。

 

  ・・・と、過去の知識も交えて書きたいだけ書いたが、秀長や高虎など名君と呼ばれる人には共通して、かつての仁徳天皇のように減税を断行したこと、しかし結果的に街中に活気が溢れ大儲けしたこと、苦労人だが素直で捻(ねじ)曲がっていないこと、人材を適材適所に配置したことなどが分かる。

 

  そろそろ本格的なビルドに向けて、一時的に大規模な減税を断行して大胆な人材の抜擢と登用、それらによる活性化をすべき時のはずなのだが、いつまで旧態依然な思考を引きずっていくのだろう。

 

 

 

  

 

  

 

(特捜9) 春風駘蕩と秋霜烈日

  帰宅すると、録画していた最終回が流れていた。

 

  すでに事件は解決した後だったが、何やら今回の捜査方法に責任を感じたイノッチ班長が誰にも相談せず神田川警視総監に辞表を提出していた。

 

  すると、色紙に筆ペンで四文字熟語を書く里見浩太朗。ノーカットで書き上げてすぐ披露したので直筆だろう。

 

  「春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)」

 

  (今シリーズ初回で冬彦検察長官が掲げた)秋霜烈日(しゅうそうれつじつ)とは逆の言葉だという。検察は秋の厳しい寒さによる霜や真夏の照り付ける陽射しのように厳しくあれとするが、この春風駘蕩は「むやみに人を断罪するのではなく」「最後まで人間として」「相手の話を聞いてやる」そんな警察官を期待して、そもそもイノッチを班長に抜擢したという。

 

  日頃の点数稼ぎしている交通課を目にしているとピンと来ない。刑事課は違うのか? 

 

  辞表については周りと話し合いなさいと突き返し、会見放送で部下たちは間違っていないと断言した里見警視総監。そんな顔も態度もカッコいい人は現実にいそうもない。

 

  結局、コミカルな展開でイノッチが「(辞めるの)やめます」となって皆が喜んだり、津田寛治羽田美智子の熟年夫婦が誕生したりを視て(まさか次期シリーズでもペア=夫婦で捜査するのか?)、念のため春風駘蕩をスマホで調べた。

 

  ネットでは単に暖かく安穏とだけで、里見警視総監と同様な意味が出てこなかったので、今日ブログを書くつもりはなかったものの、忘れないうちに書き込むことにした。

 

  多くの日本人は春風駘蕩のように、むやみに人を断罪しないし、お互いに人間としてよく話を聞いてあげている。ただ立場が社会的に上だったり、ホシをあげるべく捜査する警察や、事故防止のお題目のため現場に緊張感をもたらすべき管理者は秋霜烈日となる。

 

  当然、植物なら枯れたり痛んだりするし、動物でも厳しい環境下では絶滅していく。現に日本をはじめ先進国は少子高齢化が進んでいる。

 

  春風駘蕩なら生き物は甦る。生命活動に伴う多少の摩擦や事故、事案の類いを一切認めず、ヒステリックになって1%でも存在させないようにするから秋霜烈日となる。早い話、向かない人が管理者になっている。泰然自若として、例えば西郷隆盛大山巌のように構えていたら部下たちは生きやすく、明治維新日露戦争勝利を成し遂げられる。

 

  あと、過剰な防衛意識から全身に重い甲冑をまとって(馬にも甲冑的な馬具)身動きがとれなくなった騎士や武士の姿もイメージした。過剰にルールを増やして身動きがとれなくなった状況は昔から現代まで数多い。

 

  そんな重たい騎士や武士たちより遥かに身軽で勝利したモンゴル軍(ワールシュタットの戦いの参謀バトゥ)や第二次長州征伐の大村益次郎は、だから好きな人たちである。たぶん春風駘蕩な雰囲気だっただろう。