賢者のつもり

主サイト(5素サイクル)に載せていない異説を中心に紹介します。

日韓摩擦は何故ガンダムになるのか?


 連日ネットを賑わす韓国関連のニュースだが、先日ある閃きをヤフコメに載せたところ好評だったので、ここにその補足的な考察を書く。まずは記事について。

 

f:id:reigan3941:20191003141135p:plain

 

 このブログの初期にはよく「歴史の繰り返し」説を紹介していた。なぜ歴史は繰り返すのか? ユング心理学的な説明だと深層意識のせいになるが、前の基になる段階の状況がまずあり、過去に似たような流れがあると、知らず知らず次段階の選択が過去に似たような展開になると考える。この話を応用すると、日韓問題は「機動戦士ガンダム」のストーリーが両国の中年世代の深層意識に潜在しているからとなる。

 

 つまり、ガンダムで有名な「地球の重力に魂を引かれるな」というスペースノイドのセリフが、韓国では親日を糾弾する時に使われ(日本でも東京の女性と結婚した大阪出身の芸能人を関西人が非難する時に使う)、文在寅が大統領選挙で「南北統一」を叫んだ時、これは朝鮮民族の東西冷戦体制からの独立とイコールになったのである。

 

 そこから韓国はガンダムのジオン独立戦争の展開に近づいていく。慰安婦像や徴用工像の大量生産は、当事者たちの意図は別にあれど、潜在意識ではジオンの量産型ザクに重なり、あの地味な色、弱々しさ、数による圧倒などが妙に符合することになる。

 

 その基段階の次段階の選択として日本は、連邦軍の極秘作戦、ホワイト、3という数字を知らず知らず選び、7月の反撃という形になった。G ソミアという名称も、GアーマーやGスカイ、Gブルなどに近過ぎる偶然だが、非常に印象強いものになった。

 

 そして不買運動のボードとソーラパネルの一致だが、これも補足すると旭日旗への韓国人の妙なこだわりが、ガンダムでのソーラ攻撃の応酬と重なる。「あれは、憎しみの光だ」と。

 

 最後に10月を1年戦争の最終月と予想した件だが、これはまだ分からない。レーダー照射はもう少し後だったし、ホワイト除外が7月だったのを考えると、11月から12月にかけてかもしれない。ただガンダムの話は52話の予定が視聴率が振るわず43話で終わったので、1年戦争といえどもう少し短い可能性もある。

 

 いずれにせよ、出し尽くした感のある文政権にもはや使えるカードはないと言われ、サムスン他財閥企業も青息吐息、高純度フッ化水素もまだなく、ウォン暴落も近い。裕福な層や有能な若者はすでに海外へ脱出し、ネットには「韓国は滅びるのですか?」と書かれる始末。世界からも出場を棄権しただけの世界的プレーヤー、クリロナへの執拗な中傷や中国サッカー大会で優勝カップを踏みつけたり、東京五輪への科学的根拠に乏しい放射能攻撃など異常性が広く知れ渡ってしまった。

 

 大逆転の芽はないと思われ、親韓的だった新聞や学者も見放し始めた。ジオン公国の場合は、連邦と早期に和睦しようとした父デギンを息子ギレンが殺し、それを妹のキシリアが父殺しの大義名分から殺し、ザビ家の血統を残すためと言って自分だけ脱出しようとすると、シャアが自ら大砲で殺すというゴタゴタぶりだった。

 

 もし韓国政府の潜在意識にそれが残っていれば、予想される今後の展開は、夏に少し折れかけたようにムン大統領が通貨スワップなどが関連して水面下で日米に降ろうとし、それを知った強情な側近がこの話をある形で流れさせてムン失脚、そこへキシリアならぬ康京和がムンの弔い合戦の旗を挙げるも失敗、という感じになる。

 

 ただ上記ガンダムの話を日韓両国がよく知って、意識の方へ上げて潜在意識ではないようにすれば、この展開もなくなる。