異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

(直虎)因縁の9月15日

 いわゆる信康事件には諸説ある。

 

 織田信長が秀吉の正妻ねねに宛てた心がこもる手紙を知っている者からすれば、今回のような冷酷な魔王信長がしっくり来ない。

 

 そもそも最初のきっかけとなった田中城で起きた信康の近習、近藤武助の暗殺未遂事件からして、実際は高天神城での武田方の忍者の頭領、近藤武介の暗殺未遂事件だったから虚構からスタートしたことになる。

 

 まあ視聴者の多くは自分の中で全てがつながればいい訳だから、ここで若い武助じゃなく壮年の武介ですよと言ったって余計な雑音になるだけだろう。

 

 確かなことは、時代が大きく変わりつつある中で徳川信康が何らかのトラブルに巻き込まれて9月15日に亡くなった。それは当時の家康には何もできなかった。その後、1600年の同じ9月15日、関ヶ原の合戦が起きた。東軍がギクシャクしている中、家康は「倅がここにいたら」とつぶやき、「秀忠様のことですか?」と尋ねた側近に対し「信康よ」と言った家康はいつまでも彼の実力を惜しんでいたようだ。

 

 数々の理不尽な目にあいながら家康はついに、自らが天下人になった。