異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

(上司と部下)=(思想と政治)

 久々に人文公式を書いてみる。

 

 ある社員Aに、尊敬する上司が2人、PとQがいたとする。Aの仕事のやり方は基本的に、

  A=(P+Q)/2

である。上司Pのやり方を使う時もあれば、上司Qのやり方を使う時もある。

 

 しかし、その社員Aの仕事は決して完璧ではなく、たいてい新しい上司Rの補助を受けて仕事Yを完成させている。公式でいうと、

 Y=A+R=(P+Q)/2+R

となる。

 

 ただし、新しい上司Rのやり方が前任者PやQを否定する場合、

  R=(-P)+(-Q)=-P-Q

        Y=P/2+Q/2-P-Q= -P/2-Q/2=-(P+Q)/2=-A

 なので、社員Aは新上司Rの補助を受けずにYを完成させるためには最初からPやQのやり方を行わず、自分をご破算した方が良い。

 

 さて、この一企業の喩えをもっと広げれば、現代の政治や思想にも適用できる。社員Aを現在の政治家や国民などの主権者、前の上司Pが例えばケインズ経済学、前の上司Qが新自由主義経済学として、公共投資規制撤廃などを行っている。

 

 直面している現代の問題Yは、補助Rを受けてなんとかこなしているが、Rとは何か? 小池百合子の緑色など世界中で起きているカラー革命や、一時的対症療法かもしれない東京オリンピックか、あるいは・・。

 

 もし効果的なRがあったとして、PやQと比較するとこれらと相容れないものならば、最初からPやQを容れない根本的なことをやらなければならない。