賢者のつもり

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

「孔子暗黒伝」はヘーゲル的のようでそうではない

  たまに諸星大二郎の名作「孔子暗黒伝」を読み直す。大昔の少年ジャンプになぜか、孔子老子ブッダが登場するSF漫画が数回、若き鬼才によって掲載されていた事実がまた凄い。現在は文庫化され、今なおこれに勝る漫画を見たことがない。

 

 名作というものは、半端ない深みをもつせいか、歳をとるたびに読み直して新たな発見があるものだ。この作品も、昨夜は少し上空から俯瞰して読んでみたことで新しい発見があった。著者はおそらく自覚していないと思うが、東洋の思想哲学を扱っているようでいて、実は西洋哲学にも重なる構図になっていることに気が付いたのだ。そこで「孔子暗黒伝 ヘーゲル」でググッてみると、まだ誰にも気づかれていないようなのでここに書くことにした。

 

 まず、最初に孔子が登場する。学校の教科書や江戸時代の寺子屋よりも著者はズバリと核心を突いた描き方をする。孔子とは、まさしく古代の周の政治を理想として周王朝を復活すべく唱えていただけの人物なのだ。しかしその周の政治の詳細までを孔子は知らず、ただ徳の高い周公旦のような人が南に向いて座っていただけで万事うまくいっていたと思っている。だから孔子は実際の人生では流浪の日々で政治的には成功していない。

 

 その周そのものを表すアイコンとして「赤(せき)」が登場する。漫画では古代コンピューターや永遠の肉をもつ視肉などで惑わされるが、この歳になるとそこはほとんどスルーして、周=赤だけを抽出する。

 

 次に老子が登場する。老子は少年の赤に「自分の影を探す」旅に連れていき、西方で亡くなる。そしてインドの地で赤はほぼ同年齢の少年、アスラに出会い、自分の影と確信する。アスラはインドカーストの最下層に位置して暴言ハラスメントを行う主人を殺害して脱走するが、赤は周王朝の末裔なので血統的には最上層に位置し純真無垢で対照的である。孔子の政敵、陽虎が対照的だったように、老子は、赤とアスラを対置させる。その関係はまさに、ドイツの哲学者ヘーゲルが唱えた弁証法の正と反の関係なのである。カントの頃は二律背反で止まりその先へは進まなかったが、ヘーゲル止揚(アウフヘーベン)を重視し、正と反の後に合がくるとした。この哲学を日本で最初に注目したのは仏教関係者だった。

 

 漫画でも、赤とアスラは、入滅寸前の老ブッダによって遠い別次元を浮遊した後、半身ずつが合体した主人公「ハリ・ハラ」となった。

 

 ヘーゲル哲学では、弁証法的運動を歴史は繰り返して、理性は絶対的になっていくと唱えた。確かに、これまでは最高と思われた因果律が新たな現実に直面して崩壊した後、さらに強固な因果律へと進化することはよく分かる。

 

 しかし、ヘーゲルが夢見た遠い先の理想は、マルクス共産主義社会として夢見たものの、若い諸星自身あまり期待してはいなかった。ブッダも「何もない」と言い切り、ハリ・ハラも救世主にはならなかった。奇妙なルックスからインドでは人々が熱狂したが逃げ出し、インドネシアでは伴侶を得て初めて安息の日々を覚えたものの、女は神への献上品だったため犠牲になり、怒ったハリ・ハラはそこでも皆を滅ぼして北方へ移った。日本では部族同士の争いに巻き込まれ、最後は諏訪の湖に皆と一緒にいなくなってしまう。

 

 西洋哲学でも、ヘーゲル的な見方に徹底的な異を唱えたのが実存主義哲学であり、キルケゴールニーチェハイデガーサルトルなどだった。諏訪の湖に現れたフツヌシが、孔子の政敵の陽虎だったこともここで分かる。反は個として永遠にあり続けるのだ。

 

 ヘーゲルは同一性を重視する先輩の哲学者シェリングに対し、「全ての牛が黒くなる闇夜」と批判し、段階的に理性は発展すると楽観したが、現代なお、共産主義でも資本主義でも良くなってはいない。科学や技術は発展すれど、闇夜もあり続ける。孔子暗黒伝の暗黒も、孔子(正)の反という意味だけでなく、シェリング的な暗黒なのである。そして著者は次作、「暗黒神話」を書いていく。こちらは理性ではなく、徹底的に「個」を描いている。8つの紋章を持つ選ばれしアートマン。蛇やらタケミナカタやら、いろいろ惑わせるオプションに富むけれども、個の話で間違いなく、そして最後に弥勒菩薩を出して究極の個で締めている。

 

 最後に付け加えておきたいことがある。「孔子暗黒伝」日本編に出てきたオモイカネである。仮面の下のその顔は非常に賢そうな老人だった。バランス感覚に富む判断をするこの老賢者こそ、著者が仏陀よりも、当然孔子老子よりも期待した存在なのではないか。オモイカネとは、古事記に登場した知恵の神であるオモイカネノミコトなのだが、著者は実在した人物と考え、熱狂する部族たちの中で1人だけ冷静でいる役割を与えた。その会話の相手は、これも孔子よりも賢そうな顔回である。結局、ハリ・ハラを含め誰もが闇夜に埋没する中で、たまにいるマトモな人が実は役に立っている。先日迷子を発見した老ボランティアの判断もマトモだったし、全土が停電した北海道で自家発電し温かい食品を提供したセイコーマートもマトモだった。我々は部族の慣習に従いつつも、一方でオモイカネの系譜も必要不可欠であることを忘れてはならない。

 

 

 

 

スポーツ協会会長の問題とニーチェ哲学の限界点

  今年になって、誰もがご存知の通りスポーツの各界で会長の問題が噴出している。

 

  1つめは、大学のアメリカンフットボールの試合で日大幹部でもある内田監督が選手に反則行為を強制して相手選手にケガを負わせたものの、日本大学トップの田中理事長がすぐには出てこず、やがて絶対権力者ぶりが世間の知るところとなった。

 

  2つめは、日本ボクシング連盟の山根会長が長年アマチュアボクシング界に君臨し、奈良判定と呼ばれる不正な試合や、元五輪金メダリストの村田諒太選手への圧力などが挙げられ、更にインタビューのたびに滅茶苦茶なコメントを発して世間が呆れるところとなった。

 

  3つめは体操の世界を長年牛耳ってきた塚原会長夫妻が、これも女子体操選手に対し、五輪に出られなくなるなどと圧力をかけてコーチを辞めさせた問題で、最初は選手が全部嘘を言っていると全面否定したものの、世間が騒いだためか一部否定に変わり、最初の発言は何だったのかとなっている。

 

  共通点は、3つとも「会長は自分がいなくなったら協会は何もできなくなると思っている」、「若い選手が勇気を出して記者会見に臨んで立ち向かった」、「スポーツの世界である。他のスポーツも似たようなことはあると思われている」。

 

  これらのことから、様々な評論が出てきているが、私はスポーツということから哲学者ニーチェを思い出した。「ニーチェ 塚原夫妻」で検索してもヒットしないのでこの視点からの分析はまだないようだ。

 

  19世紀ドイツの牧師の家に生まれたニーチェは、現代に多大な影響を与えたと言われている。多くの名言の中でも「神は死んだ」は最も有名な1つであり、解説するまでもなく宗教に関心が低下した現代人の実感するところである。そして神に代わりニーチェは「超人」を据えた。ギリシャ彫刻の肉体美がルネサンス期に再評価された通り、現代人も筋肉隆々として記録を更新する若者に憧れ、褒めあげている。最近では野球の大谷翔平が最たるところだ。

 

  ニーチェが存命中ここまで予見していたかは不明だが20世紀になって、特にスポーツで超人は目立った。マラソンやサッカー、テニス、陸上、相撲。

 

  しかし、ニーチェは神に代わる超人の登場までは思考できても、その後のことまで思考を延長できていたのかどうか。

 

  スポーツの各協会の会長、特に長年君臨した絶対権力者の会長は、選手よりも強く、協会幹部をはじめスポーツ関係者は全員がひれ伏し、反抗できず、選手ですら生殺与奪を握られている。

 

  こうした状況に反旗を翻す手段として日大宮本選手は個人的に記者会見を開いたわけだが、内田監督までは及んでも田中理事長は依然君臨し続けており、たとえ日大ブランドが低下し、名門アメフト部がほぼ崩壊しても絶対安泰を維持している。

 

  つまり、表面的には超人の時代ではあるものの、実は超人が超人であり続けることは非常に厳しく、短期で終わる者も多いし、その割りには協会会長の方がまさに「神」と呼んでいい絶対的権力者の位置に居座っているのである。

 

  神は死んでいない。

 

  宗教がその非科学性で廃れ、聖職者に魅力がなくなって後継者不足が深刻化する一方、スポーツの世界は超人の活躍で支えられ、協会会長は「神」となって統治するようになった。しかし会長とて所詮は人間。好き嫌いで人事が決まったり、老化すると余りにもおかしな判断が起きるようになった。それでも協会関係者は神を失っては何もできないのでおとなしく従う。そんな構図だ。

 

  この構図は、スポーツ以外にも芸能はもちろん、政治経済の職場でも散見される。そのような所は当然、かつての宗教と同様に近代的でなく問題が多い。

 

  戦前の日本は天皇を神として軍部が暴走して焼け野原になったと言われるが、戦後の連合軍による政治経済の公職追放を経て若手が台頭し、奇跡の復興を遂げたことから考えると、神は天皇以外にも各公職にたくさんいて問題山積だったのではないか。

 

  そう考えると現代の老害でもある各「神」も追放すべきではあるが、それができない。まずはニーチェ哲学を思い出し、これとてニーチェを崇めるところで止まってはならず、19世紀ならではの限界点を見極めて今後に思考を延ばさなければならない。

 

 

 

 

幕末のヒーローがゴジラ、ウルトラマン、仮面ライダーになった

先日の「西郷どん」で、フランスの黒船が神戸に現れ、関西各地が大騒ぎになるシーンがあった。このシーン、絶対に見たことがある。

 

東京湾に現れた黒くて大きなゴジラ、東京中が大騒ぎするシーンとダブる。そう、伊豆浦賀沖に現れたペリーの黒船は、ゴジラの登場と重なるのだ。

 

太平の 眠りを覚ます 蒸気船(お茶のジョウキセンの意) たった四杯で 夜も眠れず

 

ではゴジラを誰がどう倒すのか? 映画では、日本人の力で倒す。しかし、同じく怪獣が現れる人気特撮番組では、宇宙からきた優しい巨人が倒す。

 

ウルトラマンのことを、以前読んだある本では、自然たる怪獣に対する赤と銀の工業を象徴する側と解いた説を読んだことがある。

 

しかし、上記の流れに沿って言えば、もう少し違った解釈になる。大きな目を持つ大きな男と言えば、西郷隆盛そのものなのである。大河ドラマを見た人なら分かると思うが、島津斉彬に認められながらも斉彬没後は5年間も遠く南方で島暮らしを強いられ、やっと戻った時には伝説のヒーローが待望の復活となった。そう、遠く宇宙から来たウルトラマンとここも重なるのである。

 

黒船出現以来、荒れた国内を武力で鎮めた西郷隆盛は、怪獣をスペシウム光線で鎮めたウルトラマンとダブる。そして遠くへ飛んでいく。西郷も星になった浮世絵があった。

 

ではもう一方のヒーロー、仮面ライダーは何か? 1号ライダーの場合、敵のショッカーによって改造された本郷猛が脱出するシーンで始まった。となれば、坂本龍馬だろう。元土佐藩郷士が、江戸幕府の海軍操練所で操船術を修得するも、薩長側に寝返り、時には幕府の追っ手たちと派手な銃撃戦となるも逃げ切る。

 

こういった幕末のヒーローイメージが背景にあってこそ、戦後のヒーローは人気につながったのだろう。

 

ただし、平成のヒーローは若干変わる。ウルトラマン仮面ライダーも上記の趣旨とはまったく異なる路線で再度の人気を得た。この理由はまだ分析中である。かつてほどの人気があるのか今一つ分からないが、オダギリジョークウガは成功例といって良いと思う。以来、平成仮面ライダーは磐石となった。

 

 

黒船ショックとAIショック

  幕末、アメリカのペリー提督が4隻の蒸気船を率いて関東の沖に現れ、開国を迫ると日本中が大騒ぎになった。ちなみに蒸気船は帆でも石炭でも進むことができる今で言うハイブリッド型の船だが、当然漕ぎ手はいらず、日本にはまだその技術は無かった。

 

  この事態に対する各主要人物の対応の違いをここにまとめておきたい。

 

  吉田松陰:黒船に乗り込んでアメリカに行きたいと交渉して罰せられた。

  勝海舟:幕府が買った黒船に幕臣なので乗船し渡米、倒幕を企てた。

  高杉晋作:長州の家臣なので応募し黒船で上海を見聞、倒幕を企てた。

  伊藤博文:長州の下級武士ながら黒船で渡英、帰国後倒幕に参加する。

  坂本龍馬:勝のもとで黒船の操縦法を学び、黒船で武器商人となる。

  西郷隆盛:黒船を持つ龍馬を使い、長州に武器を送った。

  島津斉彬:豊富な財力で黒船を造ろうとした。

  大村益次郎:高い語学力で洋書を読み宇和島にて黒船を製造した。

  大久保、岩倉、木戸:明治維新後、黒船で欧米を見聞した。

 

  このように、黒船ショックはペリーのところで止めてはならない。主要人物は必ず黒船に関わっている。そして高杉晋作の場合は第二次長州征伐の緒戦、周防大島にて幕府の黒船に夜襲を仕掛け、すぐに湯を沸かせず蒸気機関を短時間で稼働させられないという弱点を突いていた。

 

  ひるがえって現代では、「AIショック」という言葉が広がってきている。黒船が既存の船乗りや船大工の仕事を奪ったことと同様、AIも多くの仕事を奪うとの見方があるが、上記のごとく柔軟に対処することが大事であろう。

 

 

価値観が大移動中

  ここ最近のニュースで価値観の大移動を感じる。

 

  新しいものから書くと、今日の山口県周防大島での2歳児発見のニュース。大勢の警察官がまる2日捜索しても見つからなかったのに、大分県からやってきた78歳のボランティア男性が「子供が上に上りたがる」勘から山を登って行き、わずか20分後、700メートル先の沢の付近に座っていた男の子を保護、警察への引き渡しを拒み母親に直接手渡した話に日本中が感動し称賛した。

 

  昨日のニュースでは、徳島県阿波踊りで最も盛り上がる「総踊り」を徳島市長が(赤字対策のため)禁止したにも関わらず踊り子たちが別の場所に集まって実行した。祭りが誰のものかを考えれば市長とはいえ一方的に総踊りを中止することは間違っている。

 

  日大田中理事長と日本ボクシング連盟の山根会長との新アンガールズは、大組織の頂点にいる人の実態がどのようなものか明白になった。

 

  そして先月の西日本豪雨の被災地の1つ、岡山県真備地区は過去に洪水被害があったにも関わらず長年対策を怠り、結果として200名を越える死者と住居や学校の廃墟化を招いた。

 

  その少し前には安倍総理夫妻のモリカケ問題が話題だったが追及しきれずに終わった。

 

  以上の共通点は何か?  従来頼っていたものが実は頼りにならなくなってきており、従来頼らずにいたものが実は頼もしくなってきているという、価値観の大転換である。ネットの影響でそれが瞬間的に大進行することもある。

 

  このような時代では、従来誰からも頼られていない人であっても、自分が良いと思うボランティアや現業を真面目に取り組めば急に良いことがある。一方、従来自分が頼もしいと思われているはずだと思い込んでいる人は、都知事だから頼もしいはず、経営が傾いても社長だから頼もしいはず、警察だから、役人だから、聖職者だから、教師だから、教授だから、市長だから、いずれも身分差をバカにしない方がいい。

 

  徳島の阿波踊りのようなしっぺ返しを受けたり、山口の捜索のように恥をかいたり、岡山の真備のように弁明に追われたり、それから後悔しても追い付かないようなことになる。

 

  希望的観測ではなく、一連のニュースがそれで繋がっており、まだ自覚しないうちにこの流れが今後も加速していくと思われる。

 

 

 

  

鳩山由紀夫や石破茂の人相

  歳をとってからの転職先や転居先で不思議に思うのは、以前に見たことがある顔が多いことだ。そして、顔が似ていると、名前や役職は違っても心や仕草、言い方に似ているところが認められたりする。

 

  それを人相学と言うのだろう。ただここでは、眉の向きや目の形、鼻の高さを詳しくは論じない。そういった人相の特徴を遡ればどこに行き着くかというと、久々に書くが波の問題になるのだろう。

 

  原子や分子よりも先に生まれた、量子という、粒子と波動の両面をもつ存在のことで、音楽も楽器を通じて生まれ、耳を通して脳内で音楽の心地よさを知る。

 

  同じ考え方で、喜怒哀楽や仁義礼智信などの波が、目鼻の形を作り、その顔を見た相手は目を使って脳内で判断する時、「徳が高い顔つきの人だな」と思ったり、あるいはその逆を思ったりする。

 

  だから、整形を施しても言動が低レベルなら、顔つきという印象的なものも結局は低くなる。他方、最初は顔の形が遺伝によるものでも、言動を丁寧に注意してマナーよくやっていれば、波が影響して微妙に顔つきを変えていく。

 

  だから、転職が異業種ではあっても、組織形態が似た会社ならば、社員の顔に前の会社と似た顔が多いことも大いにあり得る。また、本社の指名による公的に重要な業務を任されている人の顔つきと、営業所の軍隊で言えば伍長クラスの人の顔つきとは当然、差がある。言動にもそれは現れる。

 

  最後に、先日中国で「安倍総理は世界の失笑を買っている」と発言して、逆に「日本の恥」と国内から猛ブーイングを受けた鳩山由紀夫について、思い出したことがある。昔まだ自民党の若手議員だった頃に、マスコミが選ぶ将来の首相というアンケートで1位をとった話とともにある週刊誌の巻末に顔写真と人相の記事が載っていた。

 

  すぐに鳩山由紀夫は離党した。すっかりその気になったのだろう。野党に入ってやがて本当に首相になり、「政治は愛」とか頓珍漢な発言をしただけで何の実績もなく退陣。続く菅総理のとき東日本大震災でますます失政が露呈した。

 

  マスコミの罪深さは言うまでもないが、彼をその気にさせたアンケートで票を投じるとき、鳩山一郎の血筋で、ゴツい弟と比較するとハンサムに見えるその程度の基準だったのではないか?  誰もが「宇宙人」と言っている通り、その顔を作っている波動は未知で乱れている。

 

   いまポスト安倍に名乗りを挙げている石破茂。島根の地元がなぜ応援するのかまったく理解できないが、顔つきから受ける印象も全国的には不評だし、言動も軍事オタクだったりコスプレしたりと決してマトモではない。

 

 

吉野源三郎から村田諒太へ引き継がれる正しき精神

 山根明会長が辞任した。

 

 引き金は元アマ金メダリストの村田諒太だという。若者が巨大な老害に立ち向かい、遂に倒したと言える。

 

 最近の休みの日の過ごし方は専らブックカフェだ。結婚前はよく言っていた漫画喫茶も、読みたい本がなくなってきた。地方では結構つぶれているが、ダーツやカラオケなどの他のアミューズメントと合体した店舗で生き延びたりしている。妻子が夏休みで帰省している現在、家や庭の清掃を済ませたら、気になっている書籍を読みにブックカフェに出かけている。

 

 ブックカフェの良いところは、図書館と違い今話題の最新刊があること、買って後悔したり、部屋を邪魔する量となったり、ゴミとなったりすることなく、2百数十円のコーヒー代で1冊まるごと読んでしまえることだ。

 

 呉座勇一著「陰謀の日本中世史」や吉野源三郎著「君たちはどう生きるか」も、ここで読んだ。

 

 陰謀の・・は、特に「本能寺の変」については以前このブログか別の媒体に書いた内容と全く同じ見方である。あれは陰謀など何も絡まず、単に信長の防衛態勢に隙があり過ぎたことから光秀が攻めていったに過ぎない。本能寺は京都で政務を行う信長がよく泊まった寺の1つであり、泊まる時には主な僧侶は外に出させられたという記述もある。これらの史料を見ず祖先の名誉を優先した明智憲三郎の活動には確かに無理がある。

 

 君たちは・・の方は、帯に村田諒太の推薦文があって驚いた。すぐにスマホを出して「村田諒太  君たちはどう生きるか  山根明」で検索したが、特に記事がヒットしない。

 

 しかし、この本が話題になった3月の時点で彼は読んでおり、その少し後に日大の田中理事長の問題が起こり、そして現在、ボクシング連盟の山根会長の問題が起こって「新アンガールズ」と騒がれている。

 

 つまり、村田諒太はこの本のどこかに特に感銘を受けて推薦文を書き、そして実行に移し、今日の山根会長辞任に至っていると言えるのだが、そこに触れた記事がないので、このブログに書こうと思った。

 

 「君たちはどう生きるか」の構成は明確に数個の部に分かれているので、読者がどの章を面白く思うかは分かれるとおもうが、村田諒太の場合、コペルニクスの箇所やニュートンの箇所でもなく、明らかに、山口や黒川のような「苛めっ子」の話を注目したとしか思えない。

 

 現実に、山根明は山口や黒川であり、北見が村田である。北見は勇敢に立ち向かい、殴り合ったりするが、主人公の本田コペル君は足がすくんでしまう。しかし後で激しく後悔し、叔父にそのことを相談し、お詫びの手紙を書く。ネタバレになるのでこれ以上書きたくはないが、山口や黒川は結局そのままでは終わらずに制裁を受ける。

 

 著者の吉野源三郎がこの本を書いた少し後、第二次世界大戦が発生し、敗戦後、焼け野原から日本を復興させた主な中心は、吉田茂三木武吉らの下で積極的に動いた、池田隼人や佐藤栄作らの若手官僚出身の政治家たちだった。

 

 そう考えると、吉野が伝えたかったことは、戦前すぐには現れなかったものの、戦後の若者たちが、先輩の公職追放後に主導権を握った時に十分に発揮されたのだと思える。

 

 そして現在、あの時と同じ不安に包まれた国内の雰囲気の中で、池上彰が推薦し、漫画家され、ベストセラーとなり、我が子も読むか分からないが親たちが子供らの目の届くところにこの本を並べ、いつか読み、やがて今の村田諒太のように老害たちに立ち向かったりするのだろう。

 

 立派な人間とは何か? 簡単には言えない。しかし、新入社員を苛めるベテラン社員、引っ越してきた住人を苛める村八分、そういった現象を黙って見て見ぬフリをするのではなく、しっかりと声を上げて改善する人間は確かに立派である。

 

 このような内容が「君たちはどう生きるか」であり、共鳴する読者の多さは事態の深刻さを表す一方で未来への希望にもなっている。いまだ苛めっ子となっている学生や社員や住人はこの本を読んでいない。

 

 最後に大河ドラマ西郷どん」に触れておくが、この主人公もそういった他人の痛みが分かる人物である。