読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

人の空想が始まって無くなったこと

 今週も忙しくなりそうなので書ける時に書く。まずNASAの発表について。

 

 少しでも水や酸素があって地球に似たような星があると、NASAは生命体がいるかもと発表している。最近は発見が多くなったせいか生命の自然発生が当たり前のように思われてきているが、現状の実験科学ではDNAを作り出すことはできていない。

 

 ということは、無生物の物質環境から原始生命が生まれるには、現代の我々が思いもつかない、未知の条件が当時あったはずである。

 

 今では無くなったその条件とは何か?

 

 「それ」は、原始生命誕生に絡んだ後も、生命体の進化にも絡んだと思われる。今では突然変異という名で片付けられる現象だが、「それ」が無くなった現代では、ほとんど見られず動植物は絶滅していく。

 

 ではなぜ、いつ無くなったのか?

 

 人間の誕生と入れ違いな気がする。つまり人間が現れる前は、「それ」が当たり前にいて、当たり前に進化させていた。

 

 「それ」の親がトリケラトプスをつくり、子の「それ」がサイをつくった。

 

 「それ」はいわゆる神なのかもしれない。しかし、地球上に生物と共生していた何かと言った方が近い気がする。

 

 人類初の文明と言われるメソポタミア文明は、その前に手本となる文明がないのに忽然と登場した。そこに関係があると思う。

 

 すなわち、この時から新生物の登場は止まり、想像(ファンタジー、おとぎ話)による作品化が始まった。彫刻や絵や詩文が登場した。

 

 「それ」はどこにいったのか? 人間の精神に宿ったと思われる。宿る前は、、、

 

 無邪気な波動として自然を彷徨い、空が好きだとプテラノドンやムササビやコウモリをつくるものもいた。

 

 この考え方に共鳴してくれる人はいないけれども、たぶん当たっている。

 

 そう考える私自身も、ある波動を視覚や聴覚で受信し、とある波動の存在にインスパイアされている。。。

 

 

 

 

 

 

 

(直虎)結局、柳楽は何者だった?

 「直虎」の視聴率は現状良くはない。

 

 史実ではそろそろ高橋一生演じる小野政次が終幕を迎えるはずだが、そうすると更に視聴率は下がることは明らかなので、NHKは密かに小野の延命策を指示したらしい。

 

 そもそも史料の乏しい題材なので制作側はOKしたという。

 

 別に史実の通りを強制せずともとは思うが、それでも新しい役者の力を使って新風を吹き込むのもアリと思う。

 

 その意味で今回から登場する柳楽優弥も楽しみだったのだが、半裸で水浴びをして直虎と少しだけ会話して終わってしまった。結局何者か分からないままだった。次回以降分かっていく設定とはいえ、別に無理して登場させずとも良い印象を受ける。

 

 柳楽の「人なんて買えばいいではないか」というセリフは、聞きようによっては奴隷制である。せめて金がかかる程度の意味で良いはずだ。最終的には楽しい歌や踊りで宣伝して人が集まる展開になり、悪くはないとは思う。

 

 最後に冒頭で出た視聴率のことだが、昨日の番組で草野仁と田中みなみがビデオリサーチ社の社員へのインタビューを通じて視聴率の謎に迫っていた。それで謎が解けたか? パネラーも街の人々の誰もが「機械を置いている家を聞いたこともない」と話すため、謎は解けずむしろ深まった。

 

 関東地区で設置してある900軒のお宅とて長年置いてはいない。長い年月で計算すると、結構な数になる。なのに誰も知らない。

 

 

(北朝鮮)戦争を小規模のうちに止めるか、待って大規模になるか

 アメリカ軍が続々と東アジアに集まってきた。

 

 北朝鮮もミサイル実験や核実験を頻発する。

 

 有事が近いという分析が増える一方、戦争反対という声も多い。平和が一番だが、諸々の摩擦の中で怒る国民感情や政治経済上の問題はつきもので、武器や軍備を整えていなければ占領される危険は消えない。

 

 北朝鮮についても反対する部下を処刑し、国民は脱走し、喜び組を従える世襲トップの手の内にミサイルがある。時間の経過とともに昔の軍事パレードではハリボテだったミサイルが今や遠くまで飛ぶようになり、このまま待っていればますます危険性は高まる。

 

 もしかしたらアメリカまで届くかもしれない。

 

 そうなると戦争は大規模になる。

 

 むしろ小規模のうちに起きた方が良い。その考え方しかないのではないか。

 

 

(女囚セブン)女性セブンとの共通点

 ゴールデン枠から深夜ドラマに移った剛力彩芽

 

 そんな状況もダブって見える「女囚セブン」。感想は面白いという声が多い。

 

 ただ現実に芸者が日常的にあんな京都弁を話す訳がない。演出上それが面白いからだろう。

 

 一方、ゴロが似ているので「女囚セブン 女性セブン」でググってみたが何も出てこなかった。

 

 どちらもドロドロしている点では共通している。確か「読者を人間と思うな」という方針で編集していると聞いたことがある。

 

 ドロドロした女性のドラマにどんな結末が待っているのか? 剛力を陥れた何者かが出るとは思うが、ドロドロは永遠に不滅、という話なのだろう。

 

 

 

(3億8千万)空港の7億は狂言ではなく…

 福岡の3億8千万円強奪事件。

 

 東京都のサラリーマンが業務で金塊を買うため福岡の銀行から大金を引き出してスーツケースに入れ、1人で駐車場の車に乗ろうとしたところ、3人組の男に催涙スプレーをかけられてケースを奪われた。犯人グループの白いワンボックスは交差点を次々と突破して逃走した。ちなみに前日は2人で銀行で金を引き出したらしい。

 

 その後すぐ、福岡空港で韓国へ搭乗しようとした7億円を入れたカバンを持った男2人が関税法違反で逮捕。韓国企業の社長を含め4人は高級車購入資金と言い事件への関与を否定した。

 

 一連のニュースにネット上のコメントは狂言との書き込みが多い。白いワンボックスが早くから停まっていたこと、内部情報漏洩、不自然な額、確かにそう思えなくもない。

 

 しかし、狂言を行うにはリスクが高すぎる。交通量が多い白昼の福岡市内を暴走する場合、交差点で他の車両にぶつかる可能性だってある。防犯カメラにも映っていた。

 

 計画的なようでそうでもない気がする。そもそもは3億円を用意した韓国側が福岡での取引を持ち掛けた。東京から福岡に来た29歳の男ともう1人も来た。しかし交渉の途中で行き違いが生じて韓国側が怒る事態になった。話が違うと。そして強奪事件を起こし倍の7億の入ったカバンを持って空港で捕まった。

 

 と思ったものの、他にもよくあるドラマの話としては、「1人で大金のカバンを持ってこい」と脅されてそうなったとも考えられる。

 

 いずれにせよ東京の企業の方も情報が少ないし、防犯意識が低すぎて素人臭い。情報が少ないことも理由があるのか。ほとぼりはしばらく冷めそうもない。

 

 そういえば車はどこにあるのか? 2人は降車して空港に向かい、1人は車を遠くへ捨てにいったのだろう。

 

 

 

 

(直虎)政次みたいな社員が嫌われる日本

 今夜の「おんな城主 直虎」。

 

 一見、鮮やかな逆転劇ではあるが、似たような状況は現代の企業の支店内にも見受けられると思われた。

 

 新任の支店長に対して、本店のお目付け役気取りの社員。実は本店の幹部の回し者に過ぎず、社長の本スジには当たらないのだが、この社員が支店で目を光らせ支店中から嫌われている。

 

 支店長が何かをやろうにも、この社員が足並みを合わせず、更に本店に悪い報告をする。その行き着く先に何が待ち受けているか?

 

 史実では、徳川に加勢することになった井伊にとって小野政次は邪魔になる。そして処刑される。

 

 似たような事例に梶原景時がある。頼朝直属の目付け役として義経とぶつかり、鎌倉に讒言した。そして義経は衣川で亡くなった。同様に畠山重忠など忠義で知られる御家人も犠牲になった。頼朝死後、執権の北条を中心とする鎌倉御家人は一致して景時を征伐した。

 

 日本人はこの手の者が嫌いである。

 

 直虎は義経贔屓(判官贔屓)の日本人にとって、スカッとする存在かもしれない。

 

 

 

 

 

(NASA)他の星に生命はいない?

 最近、NASAが次々と「他の星に生命がいるかも?」ネタを発表している。

 

 遠い星から近くの木星の衛星まで、水や氷や酸素、そして太陽のような適度の恒星があれば条件は整うから生命がいる可能性が高いという。

 

 はたしてそうか?

 

 この前提には、ここ地球上で科学者が「無生物の物質環境から生命体を作り出す」実験が成功していることが必要になるはずだが、現状ではそんな例はない。

 

 生命体の親の、そのまた親の、と先祖を遡るとどこまでいっても生命であり、最終的に単細胞生物まで行き着くが、単細胞生物が物質環境から出来たかというと断言はできないのだ。

 

 原始の海のいわゆる有機質のスープに雷が当たって生まれたとか、ウィルスのようなものが先に出来たとかいろいろな説があるがどれも苦しく、ならば隕石に生命体が貼り付いて地球に落下したと真面目に語る科学者もいる。しかしこれも他の星でどう生まれたか分からず、生命誕生を解明できていない。

 

 そこで前から言っていることだが、物質環境ができる以前に、波と粒子の両面の性質をもつ量子が、精神の波のように先に、始原にあると考えている。

 

 その始原の精神波の後に各物理定数が定まり、原子や分子ができ、物質環境ができて現在の宇宙が完成する。ただし、

 

 クリエイティブな精神波はその後も活動を続けようとし、遠い先の精神活動世界の実現(人間の文化文明)を目指して、海中で蠢いて、初期生命体として誕生したのではないだろうか。

 

 したがって、精神波は他の星では生命体として生まれない。

 

 と、ここまで書いたが、これもいわゆる人間原理の範疇に入る話なのだろう。