賢者のつもり

主サイト(5素サイクル)に載せていない異説を中心に紹介します。

(麒麟がくる) やっぱり必要なのは賢い人

 今年の大河ドラマ麒麟がくる」。初回視聴率は19%代とまずまずだった。色彩鮮やかとか大河の王道といった記事が目立つし、昨年のように場面が落語とスポーツでコロコロ変わらないので、お年寄りたちも安心して見ていられるだろう。

 

 主人公の明智光秀というと、とかく最後の本能寺の変での裏切りから恩知らずとの悪名が高いが、実際民政面では優しく公正な政治を行っていた記録が残っているし、江戸時代でも「明智が妻の話せん」と、黒髪を売って工面した美談が持て囃されるなど決して主役に相応しくないことはない。

 

 また、道三が評したセリフの中に「確か若い時にわずか2年で四書五経を諳んじるようになったとか」とあるように頭もいい。武士なので斬り合いのアクションシーンの方が目立つものの、賢さも随所に見られる演出だった。

 

 そして最後に、夜盗や火事など各地が荒れ果てた時代に対し「麒麟はどこにもいない」と言ってのけ、この先の光秀が数十年をかけて畿内ナンバーワンの地位に就き平和をもたらすまでの軌跡を暗示する。

 

 視聴後にすぐに思ったのは、「やっぱり頭の良い人が必要だ」ということ。光秀をはじめ、信長や秀吉、家康、信玄などが賢かったからこそ、同じ賢い人たちを集め、古い愚かな人たちを退け、夜盗を鎮圧し、商売を発展させ、交通網を整備し、文化を興隆させた。彼らがいなければ日本はいつまで経っても応仁の乱が終わらず、極東の野蛮な島々に陥ってしまう。

 

 実は今、そんな危機にある。近現代の日本とて、特に戦時中の軍部の政治、戦後の根性論、バブル期の狂乱、バブル崩壊後のリストラや派遣切り、進む少子化、そしてカジノ誘致と、マイナス面だけを見ればたくさんあるし、賢い人物の登場が待たれる。

 

 もし戦前に永田鉄山犬養毅高橋是清が生き続けたら全然違った歴史になっていただろうし、戦後ももっと賢ければ長期不況や借金財政、少子高齢化も深刻にはならず、今やカジノしかないなんて事態も招かなかっただろう。

 

 いまだに受験馬鹿が賢いと勘違いし、現場知らずの頭でっかちが賢いと勘違いし、前例踏襲で問題ないと思い込み、読書もせず、新しい知識を得ず、新しい人を探さない。

 

 これではいけないと気付いた人が、例えば戦国時代なら太原雪斎をはじめとする僧侶ネットワークで、駿河では義元や家康、甲斐では信玄、尾張では信長を発掘していった。中でも信長はその期待通り旧来の勢力を一掃して時代を変えていったが、では次にどんな時代を到来させるのかというビジョンとなると、豪華絢爛な安土城を建てて第六天魔王を自称し、やがて方向性が怪しく愚かな感じになってきた。

 

 そこを突いた光秀の本能寺襲撃という演出ならまだマシではある。

 

明智光秀は何故つまらないのか?

  先日、明智光秀ゆかりの福知山城に行った。日本中いろんな城に行ったが、この城はなかなか行く気にならず、今年の大河ドラマ麒麟が来る」関連でようやく重い腰を上げた次第だ。当時の面影といえば野面積みの石垣ぐらいで、コンクリート製の天守閣の中に展示してある物品も、他のお城ならたいていあるはずの甲冑や刀剣がなく、江戸時代のお伽草子のコピーが何枚かあり、嘘か本当か分からない光秀の話を紹介していた。もちろん最初に「その前半生は謎に満ちている」というお決まりの文句があった。

 

  美濃の国の大名、土岐氏の一族で明智城の生まれという説も確実ではない。足利義昭の擁立を織田信長に勧めてきたところから歴史に登場し、以後、家来となって主に近畿圏で活躍、最後は有名な本能寺の変を起こして山崎の合戦で敗れて終わる。なぜ信長を裏切ったか諸説あり不明なままだ。

 

  今回、福知山城を見て改めて思ったが、やはり姫路城や大阪城安土城跡、岐阜城などと比べて非常に「つまらない」。魅力に乏しい。お堀や曲輪(くるわ)、立地などどれもセオリー通りなのかもしれないが、人気があるお城にはプラスアルファの魅力が必ずある。岐阜城でいえば山頂から雲海を下に見る眺め、大阪城は蛸石など大きな石垣、熊本城はカーブした石垣、弘前城は外側から二階建ての櫓に見える実は三階建てのからくり・・・、宇和島城も五角形だが四角形に見せている。そういう面白さがない。

 

  光秀といえば、兵法武芸だけでなく書画にも長け当代一流の文化人と言われ、それが信長の畿内制圧に役立ったらしいが、もう1つ別の見方から考えてみたい。それは理想家肌の信長と現実家肌の光秀とが相互補完の関係ではなかったかということ。似たような例で言えばイエス・キリストの理想家肌と、12弟子の中でも財務を担当したユダとの関係。ユダも最後はイエスを裏切った。

 

  理想家肌の人物のもとに集まった弟子たちが似たような構成になる例は他にもあり、仏陀の弟子にも、サーリプッタという賢い若者がいれば、デーバダッタという裏切った弟子もいる。孔子にも顔回という賢い若者がいれば、子路という暴れん坊の弟子、そして陽虎という生涯相容れない現実家がいた。イエスの場合はヨハネが賢い若者で、ペテロが筆頭格の弟子。信長の場合は蘭丸が賢い若者で、柴田勝家が筆頭格の家臣という位置付けになる。

 

  そう、光秀は現実家肌だからこそ重用され、お城はつまらなく、最後は理想家の主君を裏切ったのだ。

 

  現実家が裏切る動機は何か? 現代でも社長の理想が飛び過ぎて赤字経営まっしぐらなら裏切る。信長が天下統一後に中国へ渡る話もあったが、実現したら秀吉の朝鮮出兵と同じく成功の見込みはない。

 

  秀吉も信長と同様に理想家肌で、家臣たちも小六や官兵衛、清正や正則、行長など様々いたが、現実家肌の椅子には石田三成を据え、近江佐和山に4万石しか与えなかった。家康には謀臣本多正信がおり、彼も3万石程度でそれ以上は望まなかった。本能寺の変の時に1万3千もの軍勢を動員できた光秀の再現を恐れたのだ。現実家は理想家よりも冷静で油断も隙もない。

 

  ちなみに大河はこのような視点からは描かないだろう。光秀を主人公に据えたからには、多少理想家肌に描かないと面白くない。ただそれは上記の考え方でいくと違うと思う。

 

再始動いまだ成らず

   再びギアをかけようにもかからない状況の一例である。

 

元々日本の総人口の大部分は農民が占めていたが、戦後の急速な工業化とともに元農民の内陸部の子供たちが沿岸部の工業コンビナート一帯へ大移動し、鉄工業や自動車、家電産業などに従事した。読者の父親や叔父にも該当する者が多いだろう。

 

  こうして1980年代には世界有数の経済大国にのしあがったが、それとともに日本は後進の発展途上国らの羨望の的になってODAなど援助を求められたり、また先進アメリカの土地やビルを買っては恨まれたり軍事や国連などの舞台で用意も実力もないのに相応の役割を求められたりした。

 

  「ジャパン アズ ナンバーワン」を放棄して意図的に総量規制を行ってバブル崩壊を招き、実は資産が豊富なのに超借金大国を自称して日本は長期停滞期に入ることにした。決して衰退ではなく、グルメやアニメ、観光などの日本文化や技術の精緻さで世界の中でのプライドは保ちつつ、面倒な調停や世話役からは逃れることにしたのだ。

 

  ここで国内産業の一大転換も行われる。加工組立業は海外後進国でも容易にできるし、冷静に考えれば消費者の飽きのサイクルとともに国内に粗大ゴミが溢れる。なるべく環境を悪化させずに資金を回転させる産業として人財ビジネスやソフトなどのサービス業を育成することにした。工業に従事していた労働者は大量リストラして福祉や警備、派遣ビジネスなどに移していく。

 

  しかし、これらの新産業が目先の利益しか見ず賃金を低い水準に押さえ続けていたために、結婚できず少子高齢化が進んで人財ビジネスに限界が訪れ、今や求人をかけても入ってこない深刻な労働者不足に陥った。政府は海外労働者を入れると言うが欧米や中国などに流れて日本には入って来ない。

 

  人手不足による倒産、転職を繰り返した挙げ句に引きこもった50万人以上の中高年ニート、大企業に魅力がなくYouTuberに憧れる若者。高いコンビニを避け、より安い売買を求めてメルカリやアマゾン、ヤフオクなどが増えていく。

 

  肝心の政治については、美しい国を連呼するだけの第一次安倍政権の無策さに呆れていったん政権交代が行われても、鳩菅野田政権がそれ以上の無策だったためアベノミクスの第二次安倍政権が復権、これも帳簿改竄だった正体がバレ、ポスト安倍の後継者もなく、立ち往生している。

 

  さて、今後どうすべきかという話になると、今までとは違う視点と考え方で新しい人財を活用する他ないはずだが、この唯一無二のことすらまだ誰も気付かないままである。依然変わらず旧い視点と考え方で、旧い人財しか使わず、結果は悪くなるだけ。とことん悪くならなければ無理かもしれない。

 

  高い見識がありながら、絶対に誰も登用しないであろう人財や理論にもし目を向ける人が1人でも出てくれば、その時こそ新しい時代の本当の到来であり、期待してよいはずである。歴史にはそんな例が幾つもある。

 

脱出の日本史

  正月早々、カルロス・ゴーンの日本脱出が大きな話題になっている。そこで、歴史の中の脱出劇を振り返ってみると、脱出される側がいかにブザマかが浮き彫りになってきた。

 

  まずは鎌倉時代末期に倒幕を掲げたために捕縛された後醍醐天皇を挙げたい。京都では女装して監視を逃れたり、隠岐の島からはイカ漁の舟に隠れて脱出したとてもアクティブな天皇だが、この脱出成功が全国の反鎌倉軍を勢いづかせ、早期の倒幕へとつながった。

 

  前回の記事で紹介した円環史観に基づいて次も各時代末期の脱出劇に目を向けると、平安時代末期における伊豆での源頼朝の脱走と鞍馬寺からの牛若丸(後の源義経)の脱走が挙げられる。この成功が全国に平家打倒を勢いづかせた。

 

  室町時代末期では松平元康(後の徳川家康)が人質となっていた家族を桶狭間敗戦の混乱に乗じて無事に今川家から脱出させたことが挙げられる。やがて今川家はかつての栄華が嘘だったかのように衰退し、武田軍と徳川軍に攻め込まれて滅ぼされた。

 

  こう見てくると、脱出される側が非常にブザマで、滅びる側であることがよく分かる。江戸時代の末期には全国で脱藩が行われ、坂本龍馬も土佐から脱出して脱藩浪人となり、倒幕へとつながった。

 

  カルロス・ゴーンの場合も、世界では当然のように使用されている居場所を特定できる装置を埋め込んだブレスレットが日本では使用されていなかったことが主要な原因の1つになった。そんな司法の前時代性がなぜ日本で行われていたかというと、威張った長老が許可しないからに他ならない。こうして旧式メソッドの側はシンボリックな脱出成功劇を見舞われ、やがて新式メソッドにとって代わられる。それが外資による侵食や低級霊に憑かれた人々による革命であってはならない。一時的にそうなりそうだが、最終的には尊氏や信長、隆盛等々のような徳の高い側によって落ち着いてきた歴史こそいかにも日本らしい。

 

再々東京30年周期説

  中国の企業がIR関連で日本の国会議員5人に現金を渡した記事が正月早々飛び込んだ。秋元議員だけではない。元々日本にもカジノをという議員連盟自民党だけでなく小沢一郎をはじめ野党議員の名も多かったので、本気で捜査したらいったい何十人に上ることかと思う。彼らはカジノこそが低迷する日本経済を上向かせる唯一の解決策だと思う人たちで、循環型経済を説く側からすると発想が非常に貧しいと言わざるを得ない。

 

  それはともかく2020年に疑獄事件といえば、どうしてもこのブログの1発目の記事「東京30年周期説」に再び言及することになる。いや、時々振り返っているので題名に「再々」と付け加えた。

 

  詳細は記事をクリックすれば読めるが、簡単に言うと1868年の明治維新で江戸を東京に名前を変えて以来、約30年毎に東京は大きな変化があり、それに伴い大規模な疑獄事件があるという話だ。1900年頃にはその少し前に決まった市制町村制が具体化して上下水道や公園、墓地などができ、1930年頃には関東大震災の壊滅と復興に伴い山手線や地下鉄が整備され、1960年頃は戦後復興と東京オリンピックに伴う川の埋め立てや高速道路の敷設が行われ、郊外がベッドタウン化して東京は大規模な東京圏に変わった。そして1990年頃は海の埋め立てとビルブームで、周期説発見者の松山巌氏の記事もここで終わっている。記事を載せた「コンサイス20世紀思想事典」(三省堂)が1989年刊行だからだ。ちょうどその頃も佐川事件など大疑獄事件が起きて政界を揺るがした。巨大なプロジェクトが動くと巨額なお金が動き逮捕者が出るのは当然といえば当然である。

  この1990年から30年後の2020年といえば第2回東京オリンピックの年。その開催に伴い外国人観光客を大勢招くためのプロジェクトの1つがカジノ誘致でもあり、秋元議員や前述の5人の議員をはじめ、多数の逮捕者を出しそうな勢いである。

  周期説というと、30年や15年、60年などいろいろあり、いくらそれが結果的に当たっても「だからどうした?」「今後も当たるとは限るまい」と論じる人がほとんどである。しかし、前回の記事にも書いた通り周期説に注意する人は若い頃からずっと真面目一筋な人が多く、周期説をもとに原因や対策、予測などにも考えを広げ、要するに目の前のことだけに限らず広く深く、そして高く考えることになり、決して無意味で意義のないことではない。

  東京30年周期説は今回も当たった現実を受け止め、かといってトンデモ系に傾くことなく、もっと達観したところから今後の政策を進めてゆかなければならない。

 

 

  

 

  

歴史は繰り返すという見方から必要なこと

 少し古い話かもしれないが、いわゆる不良と呼ばれる子供は「ケーキを均等に切ることが(脳的に)できない」という本が話題になった。クリスマスや誕生日祝いのパーティーでもし不良にケーキ用のナイフを持たせたら、先ず真っ二つに切るべきところが斜めになったり、その後も5等分や6等分に切る際にひどく斜めになったりして大小さまざまになるという。ネットでもよく取り上げられていた。

 

 その話に関連して、若い時に不良だった人を2人ほど挙げてみたい。元ヤンの芸能人ではなく、賢者で知られる人物の若い頃である。まずは中世キリスト教界最大の大物、聖アウグスティヌス。宗教が苦手な日本人が多いので詳細は省いてウィキペディアに譲るが、哲学思想的には「終末」のキーワードで“直線的な”歴史観を提示したことで知られる。その若い頃は手がつけられないほどの不良で、当時を回想して本人も“荒れ狂っていた”と記述している。ケーキを均等に切り分けることはたぶん出来ないだろう。

 

 次は日本の江戸時代に活躍した“水戸黄門”で知られる第二代水戸藩藩主、徳川光圀。彼も後年は立派な人物として有名で、勧善懲悪ドラマの主人公たり得ているものの、ウィキペディアからの引用によれば「少年の頃の光圀の振る舞いはいわゆる不良であり、光圀16~17歳のとき、傅役の小野言員が「小野言員諫草(小野諫草)」を書いて自省を求めた。光圀18歳の時、司馬遷の『史記伯夷伝を読んで感銘を受け、これにより行いを改める」とある。

 

 なぜこの2人を挙げたかというと、2人とも“直線的歴史観”の代表的な持ち主という点で共通しているからである。アウグスティヌスは神による天地創造からキリストの再臨による終末までの直線、光圀は主著「大日本史」でまとめたように八百万の神々の話から天皇を中心に代々続く直線である。実は歴史観には大きく分けて2つあり、この直線型に対して円環型というものがある。

 

 円環型の代表的人物も西洋と東洋に2人挙げておく。まずソクラテスの弟子で“プラトニックラブ”の語源にもなった哲学者プラトンは、歴史を4つに区分して円環状に繰り返すと考えた。日本では幕末のベストセラー「日本外史」の著者、頼山陽。現代の日本史の教科書の基本構成である戦争と平和を繰り返す鎌倉時代室町時代などの区分法の元にもなり、彼が当時絶対的だった徳川氏をも昔の足利氏と同列に扱って記述したことで全国の志士が幕府を相対的に見るようになり倒幕に目覚めたという。山陽も若い時から非常に真面目で、女性との交際も文化的精神的に高度な次元のものが目立っている。おそらくプラトンも山陽も、ケーキを均等に切り分けられるはずだ。

 

 なぜなら、円を描いて戦争と平和の2区分から四季のような4区分へと歴史を分けて考え、それが螺旋状に進んでいくと考えるからである。

 

 しかし、聖アウグスティヌス水戸黄門にはそんな発想はできない。自身の人生そのものが、不良だった若い時から真面目で有名な老年へと進む直線的なものだったから、歴史観もそちらが馴染みやすいのだ。

 

 もし若い時に不良ではなく真面目一辺倒だった場合、歴史観はなぜ円環状になるのか? それは、どんなに真面目に努力し励んでいても、良い時があれば悪い時もあり、それなりに反省や対策を講じていても大きな歴史そのものはなかなか良い時だけにすることはできず、達観すれば結局円環状になるからである。ちなみに私も円環状の歴史観の方が馴染みやすいが、ネット内の多くは直線的な方だと思う。

 

 最後に現代について書く。明治時代にできた大日本帝国憲法第二次世界大戦で破棄され、戦後は戦勝国アメリカの指導のもと日本国憲法が制定されたが、最近安倍内閣はしきりと改憲を口にする。北朝鮮の核開発やミサイル試射などが続くため時代に合わせて憲法も変えるべきという趣旨であり、海外を見ても憲法がずっと変わらないのは日本ぐらいで珍しいとも言われる。しかし、ただ9条を変えるだけの話では小さなものだ。

 

 現代は様々な問題を抱えており、敗戦時とは大きく状況が異なる。それを各種法律で対応して大元の憲法だけは9条のみというのも逆に好戦的に見える。9条を含めて様々な分野で大きな制度を変えるべき時代であることは間違いない。

 

 ただ残念なことに大規模な制度の変更を行う実力が現政権にない。それは哲学思想的な深さや高さが求めれるからだ。過去の日本では、海外からの文化の影響でこの制度変更が推し進められていた。律令から式目、諸法渡、憲法など。今回はもはや海外に学ぶべき国がなくなった中でどうするか?がポイントだ。それは近代ヨーロッパ史がそうだったように、デカルトやルソー、モンテスキューのような哲学思想への着目と採用が重要なのである。

 

 その制度変更の際に大戦争は必須条件かといえばそうでもない。ただ勝って権力を握った方が新制度を進めやすいという点はあるが、戦争のような無駄で無意味なものを敢えて行わずとも、円環的歴史観のもとで新哲学を真面目に検討して新制度につなげていくべきである。

 

 そして将来的には、世界中が新制度のもと、国境がなくなり、民族間の争いもなくなり、緯度と経度が交差したポイントにできた地球政府の各事務所を中心に政治が行われることになると思う。日本でいえば明石市である。

 

 

スターウォーズ最終作に初期の頃の魅力はあるのかどうか?

  映画「スターウォーズ」ep9が公開した。あまり映画館に行かない方だが、このシリーズはレンタルビデオではなくわざわざ劇場で観ている。いや、観ていた。ep8までは。

 

 このシリーズが全部で9話あることは今から30年前に友人から聞いた。実は今までの3部作はep4,5,6なのだと。だからep1が公開された時は嬉しかったし、観て正解だった。

 

 しかし、世間の大方の評価と同様、ep2,3,7,8の4作については今ひとつ面白くなかった。何か違う。だから今回のep9も行こうかどうしようか迷っている。

 

 そもそも「スターウォーズ」とは何か? オープニングでは決まって「昔々」「遠い宇宙で」「帝国軍と共和軍の戦い」などのフレーズが出てくる。ep4,5,6が世界中で盛り上がった当時は、UFO本が売れていたことと同様、確かに遠い宇宙の果てで変な形の生き物や宇宙人がいるものと安直に信じられた。

 

 現在はどうか? 水や酸素があるらしい星は幾つか認められるものの、だからといって我々人間に似たような宇宙人はおろか、アメーバみたいな生き物さえ存在は確定されていない。それでも水や酸素があればその星に生き物がいると思っているコメントをよく見受ける。

 

 ただどんなに科学が発達しても、いまだに無生物な状況から生物を作り出す実験は成功していない。それだけ生命は神秘的なのだ。いちおう科学的な定説では大昔の地球に有機質のスープができ、そこへ雷などの電気ショックか何かで原始的な原核生物が生まれ、真核生物に進化し、多細胞生物に進化していったとされる。

 

 それでも現代人は科学実験で原核細胞の生命体すら作り出せていない。ということは何が言えるのだろうか? 生命の誕生には未知の考え方が関わっているとしか言えない。そして生物の進化は植物から動物、無脊椎動物などを経て、水中から陸上へ上がり、さらに多様化し、恐竜や古代魚をはじめ多くの種が滅び、ほ乳類の中でも人類が地球上で広がった。人類の直立した姿勢や脳の発達なども長い時間をかけてできていったものだ。

 

 それと同じ進化が遠い宇宙で進み、ルーク・スカイウォーカーハン・ソロのような存在が本当に活躍し得るのか? といえば限りなく確率はゼロに近い。では地球だけが特別で、この広い宇宙のどこも静かなままなのか? といえばこれも違い、遠い宇宙の果てでも何かがあると思う。それは・・・。

 

 初代監督のジョージ・ルーカスはこの映画を製作するにあたり、世界中の神話を参考にしたという。たくさんの物語を読んで生まれた中で、ジェダイの騎士やレイア姫、ダースベイダーなどの人気キャラが生まれた。ということで「スターウォーズ」には普遍性が確かにある。

 

 そう。西洋と東洋の間にも共通する普遍的なテーマ、家族愛や騎士道、恋愛、戦争、旅、孤独、友情、冒険、などは実体としてある訳ではなく、「波」のようなものとしてある。量子の波なのか音波や光波、念波、電波などいろいろな波があるが、目には見えないこれらの波は確かに存在し、例えば楽器を通じて実現したりする。その意味では「数」も似たようなものである。

 

 漫画で使われる記号も、実際に頭から湯気など出てなくてもそう描かれれば怒っていると思いやすいし、鼻の下を人差し指の背でぬぐえば得意な感じだと思いやすい。何故か分からないが知らず知らずそうするし、そんなものなのだ。ということでいろいろな種類の波が実在する。それは地球上に限らず大宇宙の果てにもある。結構大昔からある。遠い宇宙の果てで、肉体こそなくても波同士が何かやっている。それが「スターウォーズ」なのだ。

 

 ところで、聖書や日本神話、いやどの神話でも最初にあったとされる「混沌(カオス)」は、物質上のドロドロとしたものではなく、上記にあげた波すらもまだ確実ではない混沌だったと思う。物質はずいぶん後からできた。

 

 波の混沌の中から聖書では「光あれ!」と神が叫び、昼と夜ができたとされる。光といえばアインシュタイン光速度不変の法則を思い出すが、まずは様々な物理定数が決まり、その後から物質が出来ていったと考えるのが順当である。

f:id:reigan3941:20191121105140j:plain

 

 これらの定数の値がほんの少しでも違えば、世界は今とはまったく違ったものになるという。それだけ絶妙にできている。

 

 各定数が決まり、各物質ができ、と推進していった何者かは、物質宇宙ができたところでいったん区切りがついた。そして生命の誕生になる。まるで入れ替わりや交代のような形で。

 

 以上のような考え方は「スターウォーズ」の初期の作品ep4,5,6にはだいたい合っていると思う。そしてep1もリスペクトしているからまあまあ合っている。しかし、やがて商業的成功を中心に考えるようになり、製作会社がディズニーになり、ルーカス監督が降り、だんだんと哲学的な深遠さはなくなっていった。下記は参考までに自説の抜粋である。