異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

(直虎)武田信玄は京を目指していたのでは?

 武田信玄が甲斐を出て遠江に入ってきた理由は、通説では天下取りだったはずだ。反信長包囲網の1つとして、源氏の末裔として、京を目指す。

 

 それがこのドラマでは、家康が勝手に今川と和睦したことに怒っての遠江侵攻というふうに矮小化されている。最新の研究がそうなのかもしれないが、信玄のビジュアルは古典的なイメージにしているため、甲斐を出た動機も古典的でよいのではと思う。

 

 あと考えられる理由としては、直虎のドラマが天下とは無関係な小国の話なので、信長や信玄が出て来るところもわざと少なくしているのではないかと。

 

 おそらくほとんどの視聴者はドラマのリードによって信玄を天下取りとは無関係に受け取るだろう。しかしそれでは、信玄が死ぬ間際の、織田徳川連合軍を破り天下を目前にしての悔しさが分かりにくくなるはずだ。

 

 一説によると、悔し泣きの信玄が観音像にすがりついていた時の寺に、直虎も虎松もいてその様子を見ていたという。僧侶たちは罰当たりなことをする信玄を見て先が長くないと囁き、直虎たちは武田ではなく織田徳川への接近を決意したのだと思う。

 

 次の天下は武田ではないと。