異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

(千眼美子??)まるで取り憑かれているかのようだ

 清水富美加が告白本を出版する。あす??

 

 あまりの早さに世間はこの出家なるものが教団との用意周到な計画的行動と見て一斉に批判側に回った。

 

 本は売れるかというと売れるのだろう。残念だが。その売上で違約金を払うのか。しかし映画鑑賞者もコスモ石油の新車購入者もみな清水の一連の行動を思い出し、

 

 チラつく。

 

 大変迷惑だ。監督にとっても共演者にとっても。そう考えると結論は1つ。

 

 清水には悪霊が取り憑いた、とするのが妥当だろう。取り憑いたからこんな自己チューで大迷惑なことが平気でできるのだ。

 

 この教祖も最初の妻との永遠の愛をうたいながら離婚し若い女と再婚するなどの行動が元信者から批判されている記事もあった。顔にも高潔さや深み、鋭さがなく、真逆の下品さと浅さ、甘さが目立つ。大物との霊界インタビューが売りだが、大物たちは世俗が決めてきたものだ。便乗してカネを儲けようとするだけだ。

 

 そう考えると、悪霊というより低級霊なのだろう。無名の本当に凄い能力者に除霊してもらった方がよい。いや、礼儀や挨拶ができるきれい好きな庶民の多くは霊能力的にも上位だと思う。