読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

脳波は宇宙共通

 いま放映している「ウルトラマンゼロ クロニクル」。

 

 懐かしい黒部進(ハヤタ)と森次晃嗣(モロボシダン)が出ていた。黒部は若いとき渋谷駅前で靴磨きをし、森次は新宿歌舞伎町の店で皿洗いをしていた過去がある。憑依したものがウルトラマンウルトラセブンだったかはともかく、天使でいえばミカエルとガブリエルの2枚看板に当たるだろう。3番目のラファエルから格段に知名度が落ちる。

 

 宇宙を舞台にしつつも、このシリーズはウルトラファミリーというように家族をテーマにする。ウルトラセブンの息子がウルトラマンゼロという設定。アメリカのスターウォーズも主人公ルークの父親が敵のダースベイダーだった。最近本当に生命がありそうな星を発見したとNASAが発表したが、大宇宙に普遍的に家族はテーマになるのだろうか?

 

 だとしたら、親と子の間に通じる「波」(量子的なもの)が我々地球人と宇宙人の間に共通していることになる。たとえ姿形は違っても。いや、先に存在していたのはこういった「波」ではないのか。波が先にあって、後からモノやムシやヒトができた。

 

 アルファ波やベータ波といった脳内の波もその名残りである。問題は、ヒト同士の確執やクニ同士の確執の解決法だが、従来は戦争や話し合いしかなかった。しかしその奥底の「波」に問題があるならば、新たな調整方法があるのではないだろうか。

 

 詳細はいずれメインサイトに載せる予定。話を先に戻すと、黒部や森次の位置づけや振る舞いが、聖書内のミカエルやガブリエルに似ており、波的には同じものだということである。