異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

あれ(秀頼)は本当に太閤の子か?

 先日の「真田丸」では、豊臣秀頼が颯爽と登場した。

 

 他の感想ブログでは、一見してハッとするような格好いい秀頼を置くことによって、家康に豊臣潰しを決意させ、信繁に秀頼へ臣従させる設定とあった。

 

 しかし、この大河では一方で茶々のイケメン小姓への色目も度々扱われていた。高齢の秀吉の目を盗んで行った結果があのまったく秀吉とは似ても似つかないない秀頼ではないのか?

 

 家康は会見してすぐに洩らした。「あれは本当に太閤の子か?」 正信は人物的に秀頼の方が秀忠より上と見たからこそ「潰さねばなりませんなあ」と応じた。家康はというと、正信や阿茶ら周囲が思うほどには天下への野心がなく、豊臣家との関係もまだはっきりとどちらが上かは確定させていなかったものの、

 

 もし大阪城の秀頼が太閤秀吉の血筋ではないならば、徳川家がその下につく義理はないし、生かしてもろくなことにはならないと考えただろう。

 

 「真田丸」からは以上のような別解釈もできるようになっている。

 

 そして信繁自身、若いとき茶々に言い寄られた経験を持つだけに秀頼の風貌と高身長からすぐに察するだろう。その上で大阪方に組するのである。単純ではない。