深く広く新しく

試論や試案のサブサイト。メインは「状態の秘法」合知篇(深く)鼎道篇(広く)等

(対小室母子) 長期戦で臨もう!

 今日の小室圭のロン毛姿を見て驚いた人が多い。

 

 まるでチャラ男? いや反社?

 

 ポケットに手を突っ込み、記者をガン無視、終始無言。

 

 筋金入りのタカり男も今が正念場のはずなのだが。来月行われるだろう会見もそんな態度ではうまく運ばないのでは?

 

 同日、もう1つ大きな情報が明らかになった。「アジアのけいちゃん」というユーチューバーがフォーダム大に小室圭の卒業について問い合わせたところ、2019年という返事が来たのだ。ネット上は大荒れになった。

 


小室圭氏、卒業者名簿から名前消えた!フォーダム大学から返事きました!報告動画です。 - YouTube

 

 会見が行われるであろう来月18日までには、更に新しい情報が出てくるし、デモは大きくなり、世論調査も反対が大きくなり、さすがに正義の味方を気取りたい大手マスコミも掌を返すかもしれない。

 

 そもそも小室圭を会見にと提案したのは秋篠宮。眞子同伴は曖昧にして。これは会見の場で大学の件も就職の件も全て真っ赤な嘘だったことを明らかにして破談にする深謀遠慮なのかと憶測した。

 

 だから8月末に現代ビジネス誌上で宇山卓栄氏の「女性誌各誌の報道に違和感」というヤフー記事に「久々に正論を読んだ」という書き込みが増えた途端に読売が9月1日に動いた。

 

 そして小室圭を帰国させて会見の場に出したところで、正義の味方気取りで疑惑を追及する、そのためには安易に破談にさせず、アメリカからその気満々で帰国させるのだ。

 

 表の報道と裏でおこっていることは違うことが多い。五輪無観客開催も実は早くから決められており、いかにも直前で決まったかのように演出したが、結局世界から評価される五輪になった。