各場面の連動

知的雑感集。全体を知りたい方は「状態の秘法」をどうぞ。

(菅vs岸田) 王手飛車取りで投了?

 菅総理辞任の速報が飛び込んできた。

 

 小泉進次郎氏が何度も官邸に足を運んで説得したような美談が伝えられているが、単に今朝の自民党神奈川県連の不支持表明から、在任中の落選という最悪の事態が予想されたから県の事情に詳しいため動いたのだろう。

 

 辞任への時系列を遡っていくと、対立する岸田候補による「総裁になれば二階氏を幹事長からはずす」発言から始まった。

 

 これが目玉の争点になり、二階氏は当然怒るが、確かに高齢のため世論は岸田氏に傾く。不利になった菅総理は相手の政策を自分のものにするお決まりのワザで抑えこもうとした。菅も二階を切ることにしたのだ。

 

 するとある専門家は「序盤だった選挙戦がもう終盤になった」と解説し、岸田候補も次の手札として「コロナ対策」のカードを切った。

 

 しかし、幹事長に二階がいない菅だと、その力は急激に落ちる。見返りもなく、何をもって菅を支持するのか? 神奈川県連だけでなく、多くの党員が離れてしまい、勝つ見込みがなくなったと分かった菅は辞任を表明した。

 

 そして残りの任期中はコロナに専念すると言うが、これも岸田のパクリだろう。

 

 もし、菅辞任という結果に持って行くために岸田候補が二階外しを唱えたのなら、将棋でいうところの王手飛車取り、菅は保身のために飛車を切り捨ててしまい、おとなしかったはずの岸田は乱世向きの策士かもしれない。いや、本人ではなく、極めて優秀な策士が側近にいるようにも思える。

 

 いやいや、先の先まで読めていなかったからすぐに2番目のコロナカードを切り、また善戦虚しく敗れるだけの人というレッテルをはられかけていたとも見え、どうもこの辞任劇だけではよく分からない。

 

 余談だが、韓国の文政権はヘボ将棋ばかり行い、愚かな駒の置き方に終始しては駒を取られ、何の成果もないが、投了しないのはゴールポストを動かしてルール無視を行っているからと言える。