各場面の連動

知的雑感集。全体を知りたい方は「状態の秘法」をどうぞ。

傍若無人な乱暴者は最終的には処罰される

  ウィキペディアの「天の岩戸」をコピペしたが、最も着目したいことは一番最後の部分である。

 

>誓約で身の潔白を証明した建速須佐之男命は、高天原で、勝ちに任せて田の畔を壊して溝を埋めたり、御殿に糞を撒き散らしたりして乱暴を働いた。だが、天照大御神は「クソは酔って吐いたものだ、溝を埋めたのは土地が惜しいと思ったからだ」と須佐之男命をかばった[1][2]。

しかし、天照大御神が機屋で神に奉げる衣を織っていたとき、建速須佐之男命が機屋の屋根に穴を開けて、皮を剥いだ馬を落とし入れたため、驚いた1人の天の服織女は梭(ひ)が陰部に刺さって死んでしまった。ここで天照大御神は見畏みて、天岩戸に引き篭った。高天原葦原中国も闇となり、さまざまな禍(まが)が発生した[3][4]。

そこで、八百万の神々が天の安河の川原に集まり、対応を相談した。思金神の案により、さまざまな儀式をおこなった。常世の長鳴鳥(鶏)を集めて鳴かせた。

鍛冶師の天津麻羅を探し、伊斯許理度売命に、天の安河の川上にある岩と鉱山の鉄とで、八尺鏡(やたのかがみ)を作らせた。玉祖命に八尺の勾玉の五百箇のみすまるの珠(八尺瓊勾玉・やさかにのまがたま)を作らせた。

天児屋命と布刀玉命を呼び、雄鹿の肩の骨とははかの木で占い(太占)をさせた。賢木(さかき)を根ごと掘り起こし、枝に八尺瓊勾玉八尺鏡と布帛をかけ、布刀玉命が御幣として奉げ持った。天児屋命祝詞(のりと)を唱え、天手力男神が岩戸の脇に隠れて立った。

天宇受賣命が岩戸の前に桶を伏せて踏み鳴らし、神憑りして胸をさらけ出し、裳の紐を陰部までおし下げて踊った。すると、高天原が鳴り轟くように八百万の神が一斉に笑った[5][4]。

岩戸神楽ノ起顕(三代豊国)
これを聞いた天照大御神は訝しんで天岩戸の扉を少し開け、「自分が岩戸に篭って闇になっているのに、なぜ、天宇受賣命は楽しそうに舞い、八百万の神は笑っているのか」と問うた。

天宇受賣命が「貴方様より貴い神が表れたので、喜んでいるのです」というと、天児屋命と布刀玉命が天照大御神に鏡を差し出した。鏡に写る自分の姿をその貴い神だと思った天照大御神が、その姿をもっとよくみようと岩戸をさらに開けると、隠れていた天手力男神がその手を取って岩戸の外へ引きずり出した。

すぐに布刀玉命が注連縄を岩戸の入口に張り、「もうこれより中に入らないで下さい」といった。こうして天照大御神が岩戸の外に出てくると、高天原葦原中国も明るくなった[6][4]。

八百万の神は相談し、須佐之男命に罪を償うためのたくさんの品物を科し、髭と手足の爪を切って高天原から追放した[7][4]。

 

  ・・・スサノオをこんな形で厳しく処罰できるのなら、なぜ最初からできなかったのだろうか? 早いうちに乱暴を止めていればアマテラスが岩戸に引きこもることもなかった。

 

  ・・・いや、現実もこんなものだろう。いくらネット民が大勢批判しても、乱暴者はおかまいなしで、例えば竹中平蔵、例えば小室圭と眞子、例えば日当35万円を直さないオリンピック関係者、やりたい放題である。

 

  ・・・しかし、上記伝説では世の中が真っ暗になって初めて知恵者のオモイカネの言葉に耳を傾け、再びアマテラスに王座へ座って頂くと、神々は一致団結してスサノオを厳しく処罰した。

 

  そういう潮目が変わる出来事がもしあれば、今までの傍若無人な乱暴が何だったのかと思えるくらい、当たり前のように処罰してしまうと思う。東京裁判もそうだった。