深く広く新しく

試論や試案のサブサイト。メインは「状態の秘法」合知篇(深く)鼎道篇(広く)等

イケメン好きは中身も何も問わない?

  皇室の長い沈黙の意味が全く分からないので、昔の「天の岩戸」に例えた記事を書いてみたが、岩戸は一向に開く気配がない。


(小室圭) 皇室のダンマリは伝統芸 - ループ・パワー

 

  このまま開かないうちに、横暴なスサノオに例えた小室圭&眞子は結婚しそうである。各記事によると、夏に行われるアメリカの法律試験合格後に国連職員となって秋に結婚、そして海外移住は規定路線らしい。

 

  当然、「国民の血税でなんということを!」という声は連日たくさん上がっているが、所詮は力のない無名の人たち。何もできまいとタカをくくって強行突破していくそうである。

 

  当の眞子内親王は皇室イメージをガタ落ちさせたことをどう思っているのだろうか?  昨年の「結婚は生きていくために大事なこと」との発言から強い覚悟は感じられるが、国民は結婚自体を認めていないわけではなく相手を選べと言っているだけである。

 

  なぜ小室圭でないといけないのか? 彼のどこがいいのか? 顔がいいぐらいしかない。中身は母子揃っての悪質なタカり体質と数多の女性遍歴、長い伝統を重んじない軽さと傲岸不遜さ、そして断りもなしに録音する非常識さ、他にもあるがこれぐらいにしておこう。

 

  ただ、世の女性は顔だけの男でも割りと夢中になりやすい。普段からモテる人は除く。例えばジャニーズや韓国のイケメン歌手などに夢中になって、全国に追っかけたりグッズ購入に多額のカネをかけたりする人。

 

  顔さえよければ、あとは何も問わない。

 

  逆に、イケメン男性の中には相手の女性にカネさえあれば、あとは何も問わないという場合もあったりする。

 

  普通は顔が好みのタイプかどうかだけでなく、中身はマトモか、価値観は合うか、他に親族や同居の是非、もちろん年収や安定性、将来性などいろいろ問うものがあり、だからいろいろ迷って結婚できない人が多くなる。

 

  しかし、小室圭&眞子に限ってはこうした普通が通用していない。つまり眞子の方は相手にイケメン顔だけを求め、小室の方は相手にカネだけを求めている。

 

  2人が30歳になってしまう今秋までの結婚に強くこだわる理由をそこから推測すると、20代の若いイケメン王子をゲットするイメージを前々から持っているからではないだろうか?

 

  もしそうだとすると、まさに阿修羅だ。コロナ禍で全国民が苦しんでいる時になんというワガママだ。とても公人とは言えない。

 

  逆に秋の結婚が予算も準備も整わずに実現せず30歳を迎えてしまったら、願望が崩壊してオジンは無理となるような気がする。冷静さを取り戻して改めて相応しい相手を待つことにするか。

 

  「この男性のことを調べて」と指示を下す。

 

  それはICUの時にもあったはず。お付きの職員に「この男性のことを調べて」と。交際相手の有無、・・・多い。家族関係、・・・貧しい母子家庭、等々も早いうちから分かっていた。自分に引っ掛かるかどうか? ・・・カネやコネでどうにかなる可能性が極めて高い、と。

 

  もし次があるなら今度は国民の声や伝統、常識なども加味してほしいが。