草分け中

試論や試案のサブサイト。メインは「状態の秘法」合知篇(深く)鼎道篇(広く)等

反自民垢は進化するべき

  八王子市長選挙自民党候補が勝ったことにショックを受けている声が多い。しかもカルトとの癒着が明らかな萩生田光一の地元。

 

  投票率が40%と低かったからで、残り6割の市民が投票すれば組織票に勝ったという声もあるがどうだろう。

 

  長年の悪政や重税から私も反自民だが、①「投票に行きましょう」とただ呼び掛けを行うだけな投稿はしない。まず投票先を明らかにした上でここに投票してくださいと言うべきである。

 

  具体的な投票先を指定せず、国民のための野党、②例えばれいわ新選組共産党社民党、一部立憲民主党に投じることを勧める呼び掛けがXには多い。

 

 それでは反自民票が分散して自民に勝てないではないかと思う。彼らは一見マトモなカッコ良いことを言ってるようで、ただの敗北主義者の愚か者ではないのか?

 

  それでもフォロワー数やいいね数は結構多い。なのに実際の選挙では組織票に負ける。これを繰り返せば政治がイヤになってますます無投票が増える。

 

  もう1つ彼らの特徴として、③野党に政権交代させて、駄目ならまた他の野党が政権交代する事こそが民主主義、というものがある。

 

  無駄過ぎる。しっかりとした定見をもって選挙に勝ち、責任を持って国を良くする。不安定な民主主義を守ることを主目的にしてはならない。

 

  そんなくだらないことを言うから腐れ自民もまだもっている。

 

  さらに正解を言えば、しっかりとした定見に先立って、しっかりとした理論や哲学の選択がある。この段階を経ずに投票を呼び掛けたってポピュリズムで失敗する。

 

  なぜ正解を行わないのか? 知らないだけ? いや、彼らも考えた上でそれを選ばない。この文を読んだって上から目線で馬鹿にする読者が大半だろう。それは分かっている。

 

  しかし、あなた方よりも広範囲な読書幅と経験の上でこちらも自信を持っている。先日書いた通り楯の会から中核派まで様々な真逆を知っている。哲学史の見方にも自信がある。

 

  その上で言うと、日本は大統領制にするべきである。大統領候補が責任を持って考え、側近を選び、政治を変えていく。

 

  時々書く通り私の産業9分類から橋龍は1府12省庁に再編したが、このときただ官邸の力を強化しただけだから後の小泉安倍の暴政につながった。大統領選挙を行えば民意で小泉安倍を引き摺り降ろせるし、対抗馬の大統領候補が当選し得る。

 

  そして、皇室は京都御所に戻っていただく。今の天皇陛下は資質的に大丈夫としても、次の代から激務に耐えられるのか? 元々は皇統の維持だけが主目的なのだから、不慣れな国際交流や不要な儀式に参加せずともよい。

 

  空いた旧江戸城に大統領府を置き、最新のシステムと理論を採り入れた建築を行う。これにより、対米従属が改まり対等な対話が始まる。省庁再編の時に橋龍が大蔵省を財務省に改名させても強大だった財務官僚を抑え付けられる。東大法学部卒でマクロ経済学を知らない財政(ザイム真理教)が良くなる。

 

  関西も、維新の会による数々のショック・ドクトリン(万博やF1、カジノ)を行わずとも、皇室が京都に帰ってきただけで盛り上がり、活気を取り戻す。

 

  これらの解決法は、旧来の自民党支持者には既得権益の崩壊を伴うので受け入れられず、反自民側の方に受け入れてほしいと思う。

 

  ただ上記①②③の固執を取り除かなければ前に進まない。その盲従を持たない反自民の垢が1つでもあるかというと、現状誰もいない。だから日本はちっとも良くならない。

 

2024年1月の雑記

  今年は元旦からいろいろあった。自分なりの見方をまとめて残しておこうと思う。

 

能登地震

  夕方発生直後、記者会見で林芳正官房長官はテキパキと質問に答えてネット民に感心されていた。元々有能な人なので外務大臣時代は左側からも高評価を受けていたが、それが全く無能な岸田総理の嫉妬を買っていたようだ(赤い線)。

 

f:id:reigan3941:20240120124525j:image

  翌日、岸田総理は防災服に着替えて「私自身が先頭に立ち」「私が陣頭指揮を取り」と前のめりに震災対応に当たる旨を唐突に発表した。

  もうお分かりと思うが、岸田派No.2の林のカッコ良さに嫉妬して仕事を奪い取り、16%まで下落した支持率をなんとか上げようと企図したのだ。

  時系列を追うと、上の引用の通り外務大臣職から林をはずし、「答弁を控える」ばかりで松野が務まらなかった官房長官ポストに林をつけて嵌めたつもりが裏目に出て、今度は自身が震災対応と勇み足を踏んだのだ。

  もちろん岸田に仕事を集中させて務まるわけがない。「ハイパーレスキュー隊」の意味が分からず2日も足止めさせたり、台湾からの医療チームを蔡総統が準備するも反応できない。自衛隊も小出しの投入でセオリーの72時間内の救援に支障が出た。

  更に信じられないことだが作業着に花をつけて経済界の新年会をハシゴしたり、テレビ出演で総裁選をニヤけて振り返ってるうちに、被災地では次々と死者が増えていく始末。これらの二次災害は天災ではなく人災とまで言われるようになった。

  せめて過去の村山総理や菅直人総理のように率先して現地確認に行くべきものを、先に山本太郎が松葉杖ついて行ってしまったことにやっかんだからか、6党党首会談を開いて維新の馬場に「今は政治家は行ってはならない」と提案させて合意する形をとった。もう難しさにやる気をなくしてるのだろう。

  ネットではこの鈍臭さに批判が溢れたが、これらに対しては官房機密費を使って配下のネトウヨたちに現地の道路が避難民で渋滞だから政治家が行っても混乱を起こすだけとデマを流させた。実際は道路はガラガラで、亀裂は多いものの山本太郎は車両で向かって手伝いや詳細な報告をあげた。

  すると何を思ったかまた唐突に岸田は「13日以降に現地へ行く」と発表。ネットではどうせ写真撮りに行くだけだろうという声で溢れた。九州ではこんな写真を撮ってすぐ帰った。


f:id:reigan3941:20240120130437j:image

  利き手でもない左腕を伸ばしたポーズ。まるでどこかの独裁者のようである。


f:id:reigan3941:20240120130539j:image

  案の定、13日は雨天なので延期して14日にすると言う。そして14日は30分だけ輪島を回って被災者と握手した写真を撮ってすぐに帰り、以後は防災服を着なくなった。こんな総理を日本はいつまでかつぐのだろうか?

 

【馳せ参じない馳】

 

  さて、2週間も行かなかった総理も酷いが、なんと石川県知事の馳も同じく能登半島に行ってなく、岸田総理と一緒に向かうと発表した時には「まだなの?」と世間は驚いた。

  日頃ダジャレや川柳に投稿していたからか、すぐに「馳せ参じない馳」と投稿すると、6千ビューと100いいねや褒めコメントが返ってきて、翌日にはヤフーニュースにまで「馳せ参じない馳とネットでは批判されている」と報道された。


f:id:reigan3941:20240120131749j:image

  他にもいろいろ書いた。プロレスラー時代の得意技「ノーザンライトスープレックス」は相手の協力があってこその茶番技だから、馳は打ち合わせが出来てないことはやらないとか、馳せ参じ先は被災地ではなく岸田総理とか。特に上記ほどはウケなかった。

 

羽田空港衝突事故】

  旅客機の事故は久しく日本ではない。直近でもかなり昔の坂本九さんが亡くなった時ぐらいで、これは確率論的に非常に凄いことだという。どんな事故といえども確率ゼロは有り得ないのだが、それをゼロで有り続けるということは、そうとう厳しい日々を関係者は過ごしており、二重チェックや三重チェック、反復訓練、人選から業務引き継ぎに至るまで細かく細かく行っているはずだ。

  なぜ私が知ってるかというと実際に社内講習で空港作業員を現地で勤め続けた方から聞いたからだが、そんな話を正月の集まりで披露した矢先に2日夕方、海自の小型輸送機と着陸してきた旅客機とが衝突事故を起こしてしまった。原因はいろいろ分析されているが、能登への物資輸送というイレギュラーな事態と正月というほぼイレギュラーな期間とが重なって、マニュアル外の対応となり事故発生の確率が上がったからだと思う。

  ネット動画の中ではこれをヤラセという陰謀論まであったが、目立ちたがり屋によるデマとしか言えない分析だった。

 

【光る君へ】

 

  大河は毎年おもしろく見ているが、裏番組関係者であろう書き手によるアンチ記事にはいつも腹立たしい思いをしている。

  昨年の「どうする家康」も低視聴率で散々叩かれていたが、浜松城のお祭りでの盛り上がりだけでも分かる通り、ビデオリサーチがない家々では楽しんでいる。

  今年の「光る君へ」も早速地味だとか低視聴率だとか叩かれてきたが、見る目のある人は高い評価を与えてる投稿も多い。

  傾向的にアンチ記事は日本人を馬鹿にしていく意図が感じられ、「鎌倉殿の13人」では義経サイコパス的に描くところを評価していた。マトモな研究者たちからは三谷幸喜義経描写や善児のアサシンぶりは全然評価をしていない。

  さて、主人公の紫式部とライバルの清少納言との対決や、藤原道長の出世など見所いっぱいの本作だが、「麒麟がくる」の時のような深みも随所に感じられる。

  例えば「女はみんな寂しがっている。おとこはみんな出世したがっている」という三郎(後の道長)のセリフも現代に通じるし、三郎自体が父親から「兄たちほど秀でたものはないがよく周りが見えている」という設定で、それが出世のカギとなることも確かにある。

 

【神田財務官】

 

  藤原道長といえば、絶頂期を迎えた時に詠んだ和歌が有名だ。

 

  この世をば わがよとぞ思う 望月の 欠けたることの なしと思えば

 

  現代でいえば誰だろう。ビジュアルも満月のような財務省の財務官、神田眞人ではないだろうか?


f:id:reigan3941:20240120142134j:image

  下に年間1200万円を受け取っているであろう文化人の写真を並べるとこれもバズッた。

  ところが神田財務官、これだけ内外の事案が多いのに年明けから全く話題がない。為替介入の場にも出ない。何があったのか?

  何かやりたくても出来ない事情があるのか、キーマンなので非常に気になる。

  音沙汰無しといえば、10月24日の投稿以来みなかったケント・ギルバートは元旦に挨拶しており健在だった。DS内の異変の1という噂があったが違うかもしれない。

  あと、ニューヨークにいるはずの眞子夫妻も3ヶ月近く行方不明と言われている。こちらも引き続き確認していきたい。

 

泉房穂

 

  上記画像に対して「田崎史郎がいない」という指摘が少なからずあり、私もそうかもしれないとは思ったがこの人はカネ次第で転向する訳でもなく、最近テレビで泉房穂と論戦する時も真顔で「政治にはカネがいる」と強弁してはボロボロに論破されている。

  お陰で泉の株は上がりっぱなしだが、では泉が国会議員となってくれるのかというとどうも分からない。

  明石市長時代、確かに人口を増やし、子育て重視を打ち出してはいたが、私がジカに感じる印象では完璧とは言えない部分が多い。

  まず、明石在住の男性が遠く大阪や尼崎まで通勤している事実。市内に高給の仕事が少ないからで、実際に平均賃金は兵庫県の中央値より低い。これでは明石に家族で移り住んでも、通勤時間の長さから家族揃っての夕食の団欒はできない。早朝に起きて深夜に帰る毎日では父親も疲れるし母親も困る。

  市内の産業を活性化させることと並行して子育て政策もすべきなのだが、単に片方だけやって人口が増えたとアピールするのは、市長だけ目立ちたがっているのではないか?

  そう投稿していると、同意する人も意外に多く、確かに泉は承認欲求が強いだの自己中心的だの、電通と市長時代(のアピール)から付き合ってるからテレビ出演できているだのいろいろ反応があった。

  もちろん反自民の姿勢は評価できるけれども、れいわと共闘するわけでもなく、新党を立ち上げるわけでもなく、単に地方選挙を回って主に立民(元の所属先)、時には維新の候補を応援しているだけなので、距離を置いて観察中である。

  思うに、れいわの力が膨らむことを警戒する既得権益側が反自民票を分断するために工作する手先の1人ではないか? 泉が昨日櫛渕万里と会談したと書いても櫛渕は特に触れないし、山本太郎も泉さんはリアリストだから我々と一緒に(踊るようなことは)ならないとも述べている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

両方を知る

  あまり自分の事を書くブログでないが、真逆のポジションのどちらも経験したことが、独特な見方や発想の源泉とも言えるし、共感を呼びにくくしてるとも言える。

 

  例えば幼児洗礼のクリスチャンの読書家なので聖書の知識や感覚は豊富だが、かといって剣道や日本史、お城、神社仏閣巡りも好きなので教会には馴染めなくなった。

 

  対立を止揚するのは哲学だと、前回記事にも書いたが一通り哲学史を修めてから進学して同好会の戸を叩いたら、そこは左翼の中でもヤバい中核派のアジトだった。

 

  昔は大学構内に過激派が潜んでいることは当たり前だったが、彼らは都内に連れ出してサングラスを掛けさせ、何かのデモに参加させた。安保反対だったと思うが、私は安保賛成なので結局最後は仲間はずれにされた。

 

  卒業後、職を転々とした中でお世話になった社長には、バリバリの右翼だった三島由紀夫の有名な楯の会の元メンバーがいた。結構可愛がってもらったが、周囲は私が生粋の右になり切れていないことを訝しみ、社長の引退とともに別れた。

 

  ちなみに仕事はブルーカラーもホワイトカラーも経験したし、転勤で関東と関西も経験した。派遣スタッフで監督の夫人に手際がいいと褒められたし、政府要人との仕事では霞ヶ関の女性リーダーに手際がいいと褒められた。議員に関しては与党系も野党系も関わった。

 

  国内旅行も海外旅行も広く行った。今の若者がそんなに旅しない人が多いのが残念に思う。そういえば若い頃は女性にたくさん裏切られて学んだが、結婚後は若者にたくさん裏切られた。目をかけてあげても、本人的には不満だったのだろう。

 

  どこからも等距離でいようとして、どこにも接近しなくなった。生活に必要な場合のみ妥協して接近するが、警戒は怠らなかった。本を読んでも作者が自分より若いとアラに気づく。ネットの投稿もそうだ。年上の公人とて、片一方しか経験していないと真逆の経験不足に気づく。

 

  最近は、岸田批判までは同意できても、そこから先が何も考えてない投稿者が多いことが残念だ。共産党? れいわ新選組立憲民主党? 参政党? 日本保守党? 野党共闘? 

 

  バラバラ過ぎて、自民党が自滅しても一緒に滅びそうだ。

 

  片方だけを絶対視せず、上下左右前後を見続ければ、異質な人材や新しい考え方とも組み合う方向に向かうはずだ。

10分で分かるドイツ観念論

  哲学は難しいと言われるが、ごく簡単にドイツ観念論を解説したい。

 

  まずカントは認識過程を全体的に見直して「物自体は分からない」と言った。 

 

 当たり前である。今だって我々は何も分かってないし、少しだけ分かった気になって生きているだけだ。

 

  次のフィヒテは、ベルリン大学の学長にもなった哲学者だが、このカントの関係を「自我と非我」とに単純に分けた。これだと「物自体は分からない」と言うセリフも見えてくる。

 

  最初匿名で発表したところ、人々はカントのものだと勘違いしたという。

 

  ちなみに後のヘーゲルフィヒテの墓の隣りに自分の墓をつくるよう望んだ。何故か? 後半で分かる。

 

  フィヒテの次に位置するシェリングは「同一哲学」を唱えた。絶対者、絶対的なものが二分されたままではという気持ちも分からないでもない。

 

  しかし、同一の仕方が強引だった。「直観」によるのである。

 

  そこを友人ヘーゲルは批判した。ヘーゲルを長年の家庭教師生活から大学の先生にしたシェリングだったが、自分の同一哲学を「全ての牛が黒くなる闇夜」と批判されては、心外だと訣別せざるを得ない。

 

  ヘーゲルによれば、直観ではなく概念による哲学が大事で、確かに著書を開けばたくさんの概念と概念、それらをつなげる線がある。ほとんど3つで1セット(例えば正ー反ー合のように)だが。

 

  とある温泉地でヘーゲルシェリングが鉢合わせした時に激しい罵り合いの喧嘩をしたという逸話もあり、かたや「ズドンとピストルで撃つような直観」と言うと、「概念の針金細工」と言い返したと言う。

 

  さて、ヘーゲルの初期著作である「精神現象学」序文には、植物が種から芽、茎が伸びて蕾から花、という例えが載っているが、歴史法則もそんな成長過程に重ねており、後のマルクス唯物史観もそうであれと重ねている。

 

  もう1つ、ヘーゲルの有名な言葉に「ミネルバの梟は暁の空に飛び立つ」がある。知恵は夜明けとともに現れると。

 

  今回特に強調したいことは、この時の夜とはシェリング哲学の夜のことなのである。

 

  正ー反ー合を繰り返しながら絶対者が顕現する近代。主観と客観の対立を止揚(アウフヘーベン)してより明るい未来をもたらす。

 

  そんな楽観的なヘーゲルベルリン大学の学長として生涯を閉じた、哲学者としては羨ましい人生である。

 

  確かに人類史は科学が広がって一見、合理的になったかに見えるが問題も多い。

 

  個々の悲喜こもごもの人生においてヘーゲルが見落としている部分を実存主義哲学は批判し、やがてサルトルの社会運動につながった。

 

  哲学は大事だ。

 

  ユダヤ教イスラエルのガザ侵攻のように敵認定すると限度なく徹底的に非人道的なことをする。まるで旧訳聖書にあるノアの洪水やソドムとゴモラの落雷による焼き討ちのように。

 

  キリスト教も、新訳聖書とは言うが処女マリアが懐妊したとか、死後3日後に復活したとか、神の化身がイエスとか、非論理的なことを信じさせようとする。信じる者は救われると。

 

  じゃあオラの御先祖様たちは救われねえのか?と論理的に攻めてザビエルをほとほと疲れさせたのが日本人。

 

  こんな頭のいい民族は他にいないと手紙に書いている。

 

  我々はもっと哲学をしていい。その一助となるべく今回まとめた。

 

  最近、故上岡龍太郎氏の「財政破綻論は嘘」なる動画が話題になっている。


https://x.com/PoppinCoco/status/1726766781602414906?t=qmBG7K_Z2ZOh5nUeyDgwLg&s=09

価値の高低について

11月に入ってもまだ暑い日が続く中、デーブ・スペクターが粋な投稿をした。

 


デーブ・スペクター on X: "これから秋葉原に冷房を買いに行きます" / X

 

  そう来るか! 

 

  うん?

 

  So coolか!

 

  返信すると、いいねはいつものヒロシさんだけ。敢えて邦訳(とても涼しい)はつけなかったが、そんなものか…

 

  やがて、英語のダジャレも得意な、これもいつもの甘口さんが高評価をつけた。


f:id:reigan3941:20231107222049j:image

 

  だから日本はダメなのだ。肩書きや知名度があればどんなに駄作な投稿でも評価がつき、どこの誰かわからない人は「上手い👍」とつくものでも1か2のみ。

 

  裏垢(学問垢)の交流もホンモノを見抜くせいか最近は少なくなった。


f:id:reigan3941:20231107222437j:image

  ここで引用した利休のエピソードは、説明しなくても分かる相手なので省いたがこういう事だ。

 

  あるとき利休が所蔵の茶器の数々を弟子たちの前に広げ、好きなものを1個ずつ持っていくよう言うと、最後に1個だけ真っ赤な湯呑が残った。その1個は本当に価値がないものなのか?

 

  その赤さから、利休は名前を「柿守」とつけた。当時、柿の実が成って収穫する際、来年もたくさん実りますようにと1個だけ枝に残して木を守らせる習慣があり、やがて熟すとよりいっそう赤くなるからだ。

 

  すると、最も価値が低いと思われたはずが、柿守という名がついた途端に最も価値が高い茶器に変わったという。ものの値打ちについて深く考えさせる話である。

 

  自説も現状誰からも見向きされない。

https://reigan3941.hatenadiary.com/entry/2023/10/14/012439

 

  しかし、何度読み返してもこれほど現代に重要な話はないのではないかとの思いは変わらないし、だからこそ私のところに来たのだと思う。

 

  やり方次第ではとも思う。

 

  最近、万博問題について批判者の多くが悪口を言うだけに終始してるので、あの泉元市長までそうだから、久々に投稿し「実際に中止した青島都知事は凄い」と皮肉った。

 

  青島都知事への思い入れの強さは上記前回記事参照。

 


善政党3公7民😊👍 on X: "@izumi_akashi 自らの知名度のみたった1人で知事選に立候補して、選挙スタッフゼロ、選挙カーも街頭演説もゼロで、ただ都市博中止だけをメディアで叫んで、当選確実視されていた自民側の石原信雄を破り、東京都知事となって公約を果たした青島幸男を思い出した。凄い男だった。 https://t.co/WwGYTXNNxo" / X

 

  やがて、30年前のこの出来事を引き合いにする投稿が増え、現実的な中止論議が高まるようになった。

 

 

  

 

共生を生む循環型社会とは

 何でもかんでも規制緩和と言いさえすれば通るようになったのはいつ頃からだろう?

 

 前回記事に登場したシカゴ学派の経済学者ハイエクの主張が、米英日の政府に採用されだした80年代からよく耳にするようになった。その前提には「規制は悪」、「緩和は善」という二分法があることは言うまでもない。

 

 ハイエク独特の人間観に「自生的秩序」がある。

 

 悪い規制を緩和しても、人は自生的に秩序をつくるから心配ないというものだ。そこから新自由主義につながる。

 

 一方、ケインズはもちろんそう見てなく、動画でも繰り返している通り「アニマル・スピリッツ」という言葉をよく使う。だから規制をかける。

 

 すでに結果は出ている。

 

 新自由主義は90年代後半にはタイを皮切りに世界中で貧富の格差を拡大させると問題視された。トリクルダウンという、大企業を潤せば雫が垂れるように下の人々も潤うとされた考えが実際には違ったのだ。

 

 問題視されたにも関わらず、それに代わる理論もないと言われる。

 

 私に言わせれば、あるけど無視されている。

 

 昨日、岸田総理が突如言い出した「サーキュラー・エコノミー」


f:id:reigan3941:20231014015120j:image

 

  ヨーロッパで流行しているから、「新しい資本主義」が進まない岸田が飛びついたと目されているが、実は日本でも前からあった。

 

 平成7年の東京都知事選挙青島幸男が当選して、公約通り世界都市博覧会を中止した後のことだ。ちなみにこの中止は今の大阪万博のムダ金食いも参考にするべきだ。

 

 従来の直線型経済を改めて、始点も終点もない循環型経済の特区を都市博予定地だった更地につくれば、資源枯渇や環境汚染等の問題解決につながると手紙を送ったところ、突如青島都知事「循環型社会」を提唱しだしたのだ。

 

 それを深夜ラジオで私は知った。しかし特に通知はなかった。

 

 以来「循環の青島」と言い出すようになり、都知事退任後も二科展へ「循環」と題する自作絵画を出品したりした。

 

 ただ当時のそれは資源リサイクルに限ったもので、循環というほどのものでもなかった。今のサーキュラー・エコノミーもあまり変わってない。

 

 そういえば特区という考え方も以後よく使われているが、ほとんど利権屋に利用されている。

 

 資源の循環に限らず、知財サービスも秩序を整えるサービスも全て回るようにすればフロンティアは無限化する。

 

  その理論的支柱となるものが本説である。

 

 まず、産業を「衣食住×衣食住」の9つに分ける。

 

 

 住の割合が高い産業ほど公営に近く、例えばインフラや医療、防衛などだが、新自由主義者はサービスを十把一絡げにくくるのでそんな分類を行わず、安易に何でも民営化して失敗する。

 

 普通の庶民感覚で考えても、水道の民営化なんかやれば料金高騰や安全面の手抜き、外資の参入などデメリットばかりなのだが、自民も維新も新自由主義以外の方法を知らない。

 

 逆に公営すべきでない方が衣のモードやグルメ、インテリアで、これらを公営にすれば共産主義化して地味な国柄となる。新自由主義は反共で凝り固まってるが、衣食住の区分を使えばもっと賢くやりくりできるのにと思う。

 

 食については、災害時や貿易問題など絡めて半民半公が望ましいが、自給率は高くしておくべきである。

 

 最後に、これら9つの業界が生み出す「真理、利益、秩序」が大事なことを橋本首相に提言したら、これもパクられて「文化、富、国家、福祉の4本柱の省庁再編」を突如唱えられた。

 

 今も昔も省庁は増えるだけだが、橋龍の時だけ珍しく統廃合ができて、文部科学省経済産業省国土交通省厚生労働省など1府12省庁になった。(詳しくは有料記事)

 

 それに嫉妬して小泉純一郎特殊法人の整理統合や、今の岸田首相も4本柱など言ったりするが、元々の新哲学がないため大して変わってない。

 

 過去記事の「革命期の5大英雄論」で言えば、岸田首相は時期的に3番目の創造型に該当するので、「新しい資本主義」や「サーキュラー・エコノミー」など躍起になってるが、無理である。

 

 5番目の完成型のヒントは8月に出てきた。その人物が日本の初代大統領になる。

 

 福島の海洋放水を止め、3公7民まで減税を実施し、国民にゆとりが出来るため少子化が反転する。

 

 経済は上記の通り真のサーキュラー・エコノミーで回復する。始点も終点もなく、送点と受点で成り立つため民間に適切にお金が回る。

 

 旧来の6公4民の悪政では巻き上げたカネを国の勝手な裁量で庶民が泣きを見るだけだが、こちらは国の裁量は少なく(大統領が財務省を押さえつけている)、民間の中で、例えば大工場の休日や休眠中の土地を他の民間に使わせたりも出来、その成果の知財を他の文化産業が受け、回り回って当の工場も恩恵を受ける。

 

 規制緩和は弱肉強食を生み出すだけだが、この送受循環は共生を生み出す。

 

  反自公連合の勢力こそ是非受け入れて、単なる暴動に留まらない政権交代を果たしてほしい。