賢者のつもり

主サイト(5素サイクル)に載せていない異説を中心に紹介します。

竹中平蔵の挑発にはまだ乗らない

新しい元号に変わって、悪評高い竹中平蔵も何かウズいてるのか記事を寄稿していた。

 

https://lite.blogos.com/article/412388/?axis=&p=2
https://lite.blogos.com/article/412388/?axis=&p=2

 

ネットの評価は記事の内容よりも彼そのものへの批判が多い。確かに、戦後新しい憲法のもと軍国主義を脱して近代の自由や平等などの理念と経済面の高度成長、一億総中流社会とは国民の中では深くリンクしていたが、やがて企業がもたなくなり、係長やリーダーに出世した真面目な社員が同僚をリストラする最前線に立たされる事態になった。

 

そんな中、正社員のリストラを必要としない人材派遣ビジネスを学問的に肯定し、政治的にも推し進め、さらには大手人材派遣会社の役員にも名を連ねた人物こそ竹中平蔵であり、だからこそブラック企業を渡り歩いていまだ低収入で独身の大多数の中高年たちから嫌われているのである。

 

その竹中が下野後しばらくおとなしくしていたはずが、また記事を書き出した。警戒感を強めるコメント者たち。かたや竹中もああ見えて実は危機感がある。彼の目算ではたとえ今が悪評だらけでも、遠い未来には学者としてよくぞ政治に挑戦したと言われると思っていた。

 

しかし、全然違う未来で、当事の竹中は本当にバカな政治をしたと評価されたら学者としても面目ない。そうはなりたくないからこそ、新元号のもと新しい思潮に危機感があり、出来ればもう出てきて、小さいうちに潰したいと考えており、だからこそこんな内容の記事で挑発している。

 

結論。竹中のように結果を不幸にさせる挑戦は不要である。