賢者のつもり

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

人気漫画「ドラゴンボール」と昔話「屁こきよめ」が似ている

 「あなたは特に龍の飾りを身に着けると良い」と言われ、いや持ってますけど、とカバンにつけている水晶球をガッチリと掴んだ龍を見せると驚かれた。

 

 「それをいつ買ったのか? あなたにかなり作用しているよ!」

 

 昼は思い出せなかったが、夜中いま思い出した。去年の今頃、ちょうど1年前のことだった。招き猫のような効果のあるグッズがないか、ある店で尋ねると龍が良いと勧められた。龍ならたくさんあるが、特に惹かれたのでこれを選んだ。

 

 招き猫は何でも招くが、龍は特に良いものを引き入れ、悪いものを入れないという。ならばと買ってつけた。紐の色もカバンに合っていた。そして、次第に効果が現れてきた。

 

 調べたところ、竜は西洋風のトカゲのようなものだが、東洋で好まれている龍は竜とは違い、実在するエネルギーのようなものだという。

 

 長い身体で勢いよく螺旋状に突き進むが、蛇と違い手足があり、その手は威嚇したり水晶球を掴んだりでき、さらに顔も正直言ってハンサムである。角や髭、たてがみ、盛り上がった瞼と鋭い目、鋭い歯、鼻も目立つ。

 

 龍顔という言葉もあるが、おそらく龍のエネルギーが満ちて顔つきに現れているのだろう。だから、猫顔や狐顔、蛇顔、猪顔、馬面などと同様、龍も実在している1つと思う。動物としてではなく、波動として。

 

 その波動的存在の龍が、良い人材が来るとたちまち巻き込んで引き入れ、悪い人材が来ると尾で弾くかのように遠くへ飛ばしていたのだろう。それがこの1年だった。

 

 やがて、以前からいる内部の悪い何名かが気になった。いったいいつまでいるのだろうと思い始めた。その思いが大きくなった。龍の波動は相変わらず活きて動き回っている。するとどうなるか?

 

 余談だが、漫画ドラゴンボールの龍は球に関連するだけではない。この考えでいくと、大技かめはめ波も、体内の気をいったん両手の間に集め、すると、龍のエネルギーが渦を巻くかのように生き生きと回る。その上で一方向にあたかも龍の口のような形で向けると、龍エネルギーが勢いよく放出されるのだ。

 

 日本昔話に「屁こきよめ」という有名な話があるが、あれもかめはめ波と同じものと考えてよい。臀部に龍エネルギーが集められて、屁という形ながら龍の波動がドカーンと放出され、岸からこいたのに川の中央の浅瀬に引っかかった小舟を流して助けたり、梨の実を全て木から落としたり、屁で夫を遠くへ飛ばして帰宅を早めたりする。この描写は後に鳥山明が知らず知らず影響を受け、Dr.スランプのアラレのめちゃんこパワーに表現された。少年時代に屁こきよめを読み聞かされたのは間違いない。そもそも日本人に馴染みやすい描写だったのだ。

 

 また、龍だからこそだが、全て善行であり、ハッピーエンドに終わっている。

 

 では、屁こきよめがもし地面に向けて屁をこいたらどうなるか? 自分が空中に飛ぶだろう。ドラゴンボールでも孫悟空かめはめ波を噴射させて離脱する場面があった。個人的には不思議に印象に残っているが、それが脱出なのかもしれない。

 

 ガンダムの最終話のタイトルも「脱出」だった。

 

 冒頭の人から、「あなたはヒマだとロクなことを考えない」とも言われた。脱出してしまったが、早く忙しくなりたい。