異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

小池&若狭は最近のある失速パターンに則っている

 希望の党が失速。原因は若狭勝だと言われるが、確かにいかにも今風な失速なのである。

 

 先日も書いたが、この9月に3つの失速があった。民進党の将来の党首とも言われた山尾志桜里とイケメン弁護士との不倫疑惑による離党。来年の大河出演も予定され最近再び売れてきていた斎藤由貴と医者とのダブル不倫による大河出演辞退、そして元人気歌手グループの一員で自民党議員だった今井絵理子とイケメン市議会議員とのダブル不倫が新幹線で撮られたこと。

 

 3人の女性はいずれも容姿と地位と財力を持ちながら、弁護士や医者や政治家という社会的地位の高い男性と不倫を行いそれらを失った。

 

 このパターンに、小池百合子都知事も当てはまりかねないと思うのは、右腕でもあり希望の党の党首でもある若狭勝氏が、元弁護士で当選2回の、髭や眼鏡で宮崎駿風の見た目をつくりつつもオーラがなく、小池都知事の古くからの腰巾着だったところからである。

 

 どうも2018年は、この9月、10月あたりからこういったパターンがしばらく続くのではないかと思われる。

 

 つまり、容姿は若い頃より衰えつつも地位や財力のある女性が、夫や今の家庭に物足りなさを感じたのか、それとも自分より若くて医者や弁護士、政治家といった社会的地位のある男性との交流を通じて次第にのめり込み、それが公になる。そこに一般大衆は嫌悪を抱く。もし希望の党の党首が小池か、もしくは若狭以外の政治家だったらその後は少しは違っていただろう。