賢者のつもり

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

(直虎)阿部サダヲの今後に期待

 徳川家康を演じている阿部サダヲは、「マルモのおきて」で演じた気弱で優しい役を他のドラマやCMでもよく見る。有能な刑事役も恐ろしい犯人の役も似合わないし、医者の役も美人女優との恋愛ものも想像がつかない。

 

 この大河の徳川家康阿部サダヲが演じていても、当初は菜々緒演じる正妻の尻に敷かれており、このままのキャラでまさか時が経つのかと懸念していた。

 

 すると今回頃から、明らかに家康の顔つきが変化した。髭を蓄えて家臣に睨みを効かせる時もあれば、小姓に皮肉を言って震え上がらせる怖さも、そして依然続く優しさ、今川から織田に変わっても続く圧力に耐える我慢強さ、いろいろなキャラが重層的に備わる複雑な家康を演じられている。

 

 舞台出身だから本来そういう役もできる俳優だったのだろうが、テレビではどうも気弱で優しいポジションに今まで収められ過ぎていた。もし民放だったら六左の役になっていたかもしれない。ところが今回、阿部サダヲはついに将来の天下人の役を演じた。もし映画監督やテレビマンがこれを見れば、次の作品への新しい一面を加えた起用を絶対に考えるだろう。

 

 もちろん優秀な脇役がいればこその話である。石川数正酒井忠次本多忠勝榊原康政、そして何より柴崎コウの直虎と菅田将暉演じる直政がひざまずき畏怖するからこそ家康との構図がキマる。その家康を普通のベテラン俳優が演じるだけではただの上司や社長に過ぎない。阿部サダヲが演じるからこそ複雑さが出てくる。

 

 実際の家康も複雑だったと思う。三河領主の家に生まれながら織田の人質、今川の人質と渡り歩き、当代一流の人物たる雪斎禅師に師事し、当時最強の武田信玄と敵対し、当時最狂の織田信長と兄弟になる。並大抵の神経では持たない。怖さ、優しさ、我慢強さを併せ持つようになる。