賢者のつもり

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

(直虎)かすむ主人公

 今回から井伊直政が中心になった大河。

 

 タイトルが直虎だから、もう少し直政を脇へずらしても良いと思う。15歳であそこまでは画策できないはずだ。童門冬二の作品では、直政を目立たせるよう、直虎の知恵で四神旗を鷹狩場にはためかせ目立たせたという。家康も井伊直虎への興味から直政を小姓に取り立てたとか。

 

 そのいずれも脚本家は採用しなかった。直政の出世譚にするだけで直虎を脇へ置いて小姑役にしてしまった。

 

 まあ面白ければ良いが。