異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

急な解散から急な「自民vs希望」

 昨夜のニュースを視ると、小池党首の記者会見で話す様子や歩く姿が多く流れ、安倍自民よりも希望の党が話題の数的には主導権を握った感じだった。

 

 ところで前原代表の顔は左右非対象で、特に目の大きさが違い、人相学では心の中とオモテの言動との差が大きいとある。急な方針転換ではなく、ずっと前からこれを目論んでいたのではないかと思う。小池もタヌキ、前原もタヌキ、そして安倍は幼稚で純心だから、2人から依頼を受けた占い師が安倍に解散を持ち込み、唐突な解散を宣言した??

 

 では希望の党に政権を託してよいか? 前回の民主党政権は本当に酷かったが、それは菅や野田をはじめとする素人たちが官僚に操られてああなった。異常な期間だった。今回は小池が明確に彼らを排除すると明言した。それは評価していい。

 

 自民は安倍しかいない。次を託せる人材の育成ができていない。

 

 逆に希望の党が全国に候補者を擁立して「自民vs希望」の構図を短期間でつくった功績は、まだまだ隠れた人材がいそうにも見える。