異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

(直虎)お家が火急の時こそ真価が問われる

 今回の直虎、まさに井伊家存亡の大変な時である。

 

 現代の企業にもそんな時がある。例えば莫大な利益が見込める大きな取引を前に、昼夜問わず働く社員と、盆休みは盆休みでしっかりと休んでしまう社員と。後者は前者の苦労をどこまで分かっているのか?

 

 その観点で言うと小野但馬のような家臣はもっとも貢献度が高い。汚れ役を担い、結果を出す。

 

 一方、現代のビジネスに同様の人はいるのか?

 

 どう目を凝らしてもいない。