異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

衣食住の新哲学

 メインサイトでは「衣≒食≒住」について触れている。

 

 例えば面白い映画作品を制作(衣)して売上が伸び(食)、監督の地位が上がる(住)ことは好循環だが、逆の悪循環だと作品の評判が落ちて赤字となり、監督の地位が落ちる。

 

 同人誌の面白い作品が内輪で盛り上がるだけで売上につながらず、作者も無名なままでは「衣≠食≠住」である。同様の例として、つまらない作品なのに不当に売上があったり、名監督が長年作品を制作しないことも望ましくない。

 

 面白い作品をタダで消費することも同様。

 

 そう考えると、「衣≒食≒住」を成立させるよう努めることは義務と言ってもいい。