異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

朴槿恵の末期と似てきた安倍政権

 第一次安倍政権は「美しい国」を連呼したフシギちゃんで終わった。第二次安倍政権は「アベノミクス」を連呼して経済強化を期待させて始まった。

 

 しかし経済は特に上向いてない。その一方で森友問題や加計問題のように優遇や贔屓が目立つと、「それが総理の主な仕事か」となる。この展開は韓国の朴槿恵のイ・スンシルを優遇してバレた展開とまったく同じである。

 

 今日ついに夕刊フジまでも「見えてきた安倍政権の虚言癖」という記事を掲載した。虚言など前からそうだったが、これでなお一層マスコミ横並びの政権攻撃が鮮明になった。

 

 安倍総理にやれることは1つしかない。実効性のある経済政策を打つ。これがなければ退場となる。