異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

(3億8千万)空港の7億は狂言ではなく…

 福岡の3億8千万円強奪事件。

 

 東京都のサラリーマンが業務で金塊を買うため福岡の銀行から大金を引き出してスーツケースに入れ、1人で駐車場の車に乗ろうとしたところ、3人組の男に催涙スプレーをかけられてケースを奪われた。犯人グループの白いワンボックスは交差点を次々と突破して逃走した。ちなみに前日は2人で銀行で金を引き出したらしい。

 

 その後すぐ、福岡空港で韓国へ搭乗しようとした7億円を入れたカバンを持った男2人が関税法違反で逮捕。韓国企業の社長を含め4人は高級車購入資金と言い事件への関与を否定した。

 

 一連のニュースにネット上のコメントは狂言との書き込みが多い。白いワンボックスが早くから停まっていたこと、内部情報漏洩、不自然な額、確かにそう思えなくもない。

 

 しかし、狂言を行うにはリスクが高すぎる。交通量が多い白昼の福岡市内を暴走する場合、交差点で他の車両にぶつかる可能性だってある。防犯カメラにも映っていた。

 

 計画的なようでそうでもない気がする。そもそもは3億円を用意した韓国側が福岡での取引を持ち掛けた。東京から福岡に来た29歳の男ともう1人も来た。しかし交渉の途中で行き違いが生じて韓国側が怒る事態になった。話が違うと。そして強奪事件を起こし倍の7億の入ったカバンを持って空港で捕まった。

 

 と思ったものの、他にもよくあるドラマの話としては、「1人で大金のカバンを持ってこい」と脅されてそうなったとも考えられる。

 

 いずれにせよ東京の企業の方も情報が少ないし、防犯意識が低すぎて素人臭い。情報が少ないことも理由があるのか。ほとぼりはしばらく冷めそうもない。

 

 そういえば車はどこにあるのか? 2人は降車して空港に向かい、1人は車を遠くへ捨てにいったのだろう。