異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

(直虎)大河に久々に戦術が描かれた

 前回は方久を演じるムロツヨシを絶賛した。

 

 「真田丸」も秀吉を演じる小日向文世が出てきて大河が盛り上がった。ムロツヨシは中盤の盛り上がりを担う小日向のような位置づけである。

 

 今回は、井伊家乗っ取りを企む小野政次が裏から百姓たちに仕掛けた戦術に対し、井伊家を小野から守る直虎が寺に土地を寄進して今川の支配から脱するなど同じく戦術で対抗した。

 

 大河で戦術を具体的に描くのは「軍師官兵衛」以来、草刈正男の真田昌幸でも好評を博したが、昌幸没後は幸村ではコネタっぽい策の方が多くなりしばらく見なくなっていた。

 

 戦術は万人ウケするものではないが、今の時代に最も必要とするものである。古代の戦争では、賢い軍師が地理や武器や兵糧を確認した上で作戦を献上し、確かな大将が判断して勝敗を決したものだった。

 

 今の時代も、方久のような才能が献策して直虎のような権力が活躍すれば、もっと良くなることだろう。