異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

(籠池)結局「右」でカネを集めたいだけの人では?

 森友学園問題の渦中にある籠池理事長について多くの記事から見えてきたのは、

 

 自分を「右」や「保守」(を実はバカにしていて、右や保守)の運動家と名乗ることで国内の多くの保守系の金持ちから寄付金を集める商売を行ってきたかっただけの人ということだ。

 

 しかし、不況の中カネはなかなか集まらない。しつこく声をかける。安倍総理も「あの人しつこい」と嫌い、竹田恒泰はついに応じなかった。

 

 本物と思わせるため、傘下の幼稚園で軍歌を歌わせ、安倍晋三小学校と名乗ったりしようとした。安倍昭恵はおだてられて名誉職に就いた。

 

 彼が偽物に見える理由は、保守の本物に似ても似つかないからだろう。三島由紀夫頭山満安岡正篤などとは違い、明らかにオーラがない。

 

 カネが思ったほど集まらないから、国有地の異常な値引きを画策した。この時も右や保守を売りにした。

 

 田母神俊雄と同じ事案。商品の「右」がまがい物だった意味では詐欺師であり、寄付した人や入園させた人は詐欺の被害者である。