読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

トランプ失政後は期待してよい

  トランプ氏は歴史上のどの人物に当たるのか?

 

 プロの政治家ではなく、大衆の不満を背にのしあがった例といえば、中国の陳勝を思い出す。

 

 陳勝は勢いに任せて反乱軍の王になったが、所詮は小物で秦の精鋭に敗れ味方に刺された。

 

 その後、時代は項羽と劉邦の対決となる。

 

 漢の末期の黄巾族の乱も似たパターンであり、燎原の火の如く広がった反乱はプロの若手、曹操劉備らに鎮められた。

 

 そう考えるとトランプの政治の先も見えてくる。

 

 大衆の不満はいったんプロレスばりのトランプの口先に乗せられたが、やがてボロが出て失政を重ね、そうなると旧来の体制でも新興のエセ指導者でもない、若手のプロに期待するようになる。

 

 それらのプロは武力の非情さも仁性も併せ持つ期待してよい資質の持ち主である。

 

 しかも、そういった人物が何人も現れる。関羽張飛趙雲韓信張良孔明のように。