異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

2017年の兆候は来月から

  引き続き管理業務について書く。

 

 「何を管理してるんだ!」というのは管理職が怒られる時の常套句だが、コンピューターやメール等の新技術が発達して管理しやすくなった反面、ツィッターやコメント等のネット社会が管理者の思い通りにはならない面もある。

 

 もし今、小泉純一郎総理が「郵政民営化」を繰り返し絶叫しても、かつてのような洗脳は起きないだろう。ジャニーズのマスコミ統制もうまくいってない。

 

 心の統制はずいぶん難しくなった。広報の繰り返しだけでは変わらない。不要とは言わないが。

 

 さて、十干でいうところ2016年は丙申(ひのえさる)で「露見」がキーワードだった。確かに2016年が見え始めた昨年9月から、今まで隠れていたものが次々露見した。福山雅治SMAPベッキーショーンK、文春砲の当たり年でもあった。露見に振り回された。では来年はというと、丁酉(ひのととり)で、細かな箇所に気を配ると書かれてあった。

 

 管理の話に戻ると、これが管理に必要かなと思う。露見の年でなくなるかどうかは疑問だが。