読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

 八卦を並べ替えると

八卦を「天→風→水→山→地」「地→雷→火→澤→天」と並べ替えると見えてくることをもう1つ。

・「天と地」 これはよくある組。

・「風と雷」 社風や家風というように風は知覚させ、雷は電波や音波等の振動に関する。

・「水と火」 こちらも対照的。古神道ではカミ(火水)と言ったりする。

・「山と澤」 科学的には凝固と蒸発に当たるが、このことに気付いている人は現在誰もいない。

 あと、前回の震の卦について、よく考えると矛盾していた。地震が純粋に地学的なものと言うだけでは、ユングシンクロニシティや易占の余地はない。しかし、熊本地震の最中このことは今は論じないでおこう。