読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

PERFECT HUMANがウケた思想的背景

 ここ数日話題が高まっているオリエンタルラジオの「PERFECT HUMAN」の動画を視ていた。確かに何度も視てしまう。

 次に、なぜこれが現代に人気なのかを考えてみた。歌詞は非常に深いと思うのだが、今のところ知識人の側から思想的に踏み込んでいるサイトは見当たらない。おかしなことだ。社会学者はウェーバーを崇め、左翼はマルクスを崇め、右翼は三島を崇め、新自由主義者ハイエクを崇めているのに。学者に限らず日本のオタクたちも何かを崇めている。PERFWCT HUMANは、そんな崇め奉られる者を中田が揶揄的に演じている。小首を傾げて知的におかしな感じに見えるようにする演出も行っている。偉人の多くがアスペルガーという説も見たことがある。

 いや、それは昔の話で、今はカリスマ的な学者はいないし、漫画やアニメの世界でもケンシロウ孫悟空のような完璧なキャラはいなくなっている。そんな絶滅した現代の状況の中でオリエンタルラジオが歌い叫んだからこそ、ウケたのではないだろうか。

 で、前節の話題に戻るが、変革期に5大英雄が必要だとはいえ、現代には特に見当たらない。するとどうなるのだろうか。

 2つの方向が考えられる。1つは変革期がまったく進展せず歴史が回転しない、そのうち他国の侵略を許してしまうほど国力が落ちる道。もう1つは独立型が各地に現れ、さながら戦国時代を思わせるような国内分裂が進む道。

 オリエンタルラジオがウケている間はもう、変革期の5大英雄は現れる見込みはないだろう。それでいいのだろうか。

 やがて飽きられてくる頃、どうなるかが見ものだ。