異説ショー

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

(直虎)因縁の9月15日

いわゆる信康事件には諸説ある。 織田信長が秀吉の正妻ねねに宛てた心がこもる手紙を知っている者からすれば、今回のような冷酷な魔王信長がしっくり来ない。 そもそも最初のきっかけとなった田中城で起きた信康の近習、近藤武助の暗殺未遂事件からして、実…

(この声をきみに)最終回には無理を感じた

なぜ豪華キャストのこのドラマが深夜帯なのか? 最終回で分かった気がした。 柴田恭兵が朗読教室の主催者、麻生久美子が教室の先生でヒロイン、ただし江崎京子は本名ではなく年齢も不明。主人公の竹野内豊は数学者で小学生の娘と息子がありながら妻(ミムラ…

「対パパラッチ権」があってもいいのでは?

小林よしのり氏が山尾事案を追う週刊文春の記者2名の尾行中の写真と実名をブログにあげると、文春側の弁護士から「肖像権の侵害」と抗議書を受け取ったため、さらにネタにしている。確かにストーカーが肖像権と言うと滑稽に聞こえる。 一方、落選した若狭勝…

(シン ゴジラ)ラストに出た尾のアップを見て

大ヒット映画「シン ゴジラ」の地上波初放送。映画は見なかったが、レビューの幾つかにラストの尾に人間のようなものが見えたが何を意味するのか分からない、という書き込みがあったことを思い出し先ほど見た。 なるほど、確かによく分からない。作者の庵野…

(直虎)ラスト氏真がおかしい今回

ある書き込みで、直虎は井伊を潰したが直政は建て直した、とあった。 一見そう見えるが、直虎の時の上司は今川家で、直政の時の上司は徳川家、という点がまず違う。もしも直政の上司が今川家で家康ではなかったら、小姓になることすらないし、評価されないま…

地方活性化のためにも循環型システムを

日本海側のある地方に行くと、空き地に錆びた滑り台が放置してあるのをよく見た。何年も誰も気にしていないのか? おそらく、日本海側に限らず、また滑り台に限らず、たくさんの錆びた物が公然と放っているのだろう。割れ窓理論によれば絶対に良くないはずだ…

(この声を君に)大成功したドラマではないか?

7話も名作だった。 決してイヴァンカ・トランプのような美女ではないはずの麻生久美子が、ここでは高嶺の花のような美人に咲き誇る印象を確かに与えている。「泣くなハラちゃん」の時もそうだったが、こんな特殊なヒロインが物凄く似合う女優なのだ。他に代…

ルールを守るからルールが増える逆説

神戸製鋼の違反についての記事で、「そもそもルールが多すぎる」というコメントが上位にあったが、確かに最近は特にどこもかしこもルールが増えてきている。 なぜルールが増えたか? 建前上は事故や問題防止のためと言うだろう。しかし、このコメント賛同者…

資格ビジネスを循環させる試案

そういえば今まで資格ビジネスの話が抜けていた。例えば昔とった資格の内容が古すぎて現代に役立たなかったりする例はよくある問題点だと思う。 話を本ブログとメインサイト(ツインサイバーシステム)で説く循環型経済から書く。まず、「衣食住✕衣食住」の…

(直虎)近藤武介のエピソードは出たものの・・・

小姓、井伊直政が初陣のとき寝所に忍び込んだ武田の忍者を斬った話はよく知られている。 脚色が多い今大河でその話自体が出るか出ないか気になっていたところ、確かに出るには出た。視聴者は直政の活躍に拍手喝采だろう。 しかし、伝わる話では近藤武介(ド…

学校教育に戦術の詳細を加えるべき

偉人や英雄の伝記を読む他に、過去の戦記を知ることも有益である。 勝った方の戦術がいかに正しかったか? 敗れた方の間違いは現在にどう参考になるか? 知ると知らないとでは実際的な思考に影響の差が出ると思う。 戦術を説いた本は図書館で無料で読むこと…

(直虎)家康の裏には常に直政?

徳川家康の名参謀、本田正信の名が本格的に目立つのは晩年である。それまで何をしたかとなると、本ドラマでは、流浪の旅から戻ったノブ(正信)が直政の参謀になっている。直政が関ヶ原の変で没した後、ノブは家康の参謀になるという訳か? また家康は晩年と…

未開の経済から未来の経済へ

本日メインサイトに書いた話を簡略化するとこうなる。 第1段階:山の米と川の魚の交換(2者直接交換) 第2段階:米を売って貨幣を得て(2者交換)、川の魚を貨幣で買う。 第3段階:米を貨幣で大量に買って、米屋に売って利益を得る(卸問屋、米相場)。 第4…

4者交換の世界

田舎に広い土地があるので、時々起業を考えている。 農業、革製品、ネット・・・。「独立するのは50歳を超えてからや」と言ったのは太秦映画村の占い師。その後の24年間を振り返ると、だいたいその通りになった気がする。字画と生年月日からのようだったが、…

(直虎)信長がチンピラ過ぎるから茶碗が高価に見えない

とかくチンピラが目立つ。信長をああもチンピラに描くと茶碗の価値も下がって見える。 前回の大河では落語界の大御所を千利休にしたから茶碗が高価に見えたものの、信長を海老蔵に演じさせればあれが限界になってしまう。天才にも見えない。 徳川家もチンピ…

(選挙)露朝はミサイル再開へ

選挙中ついにミサイルは来なかった。なぜか? 誰も分からない。 選挙前ミサイルは異常に多かった。安倍の解散宣言はそれを受けてのものと思うが明確に書かれたものはない。そして選挙が終わった。ミサイルは再開するのか? 今日のニュースで北朝鮮の外交担当…

悪質クレーマー法はできるか?

今朝のヤフーに悪質クレーマーを考える記事があり、同意するコメントも多かった。 記事の趣旨は、クレームと悪質クレーマーは違うこと、悪質クレーマーには毅然と対応することの2つで、同意コメントの中には悪質クレーマー法なるものをつくってはどうか、と…

小池&若狭は最近のある失速パターンに則っている

希望の党が失速。原因は若狭勝だと言われるが、確かにいかにも今風な失速なのである。 先日も書いたが、この9月に3つの失速があった。民進党の将来の党首とも言われた山尾志桜里とイケメン弁護士との不倫疑惑による離党。来年の大河出演も予定され最近再び売…

(直虎)阿部サダヲの今後に期待

徳川家康を演じている阿部サダヲは、「マルモのおきて」で演じた気弱で優しい役を他のドラマやCMでもよく見る。有能な刑事役も恐ろしい犯人の役も似合わないし、医者の役も美人女優との恋愛ものも想像がつかない。 この大河の徳川家康を阿部サダヲが演じてい…

(ドクターX)医療版 影の立役者

話題の難手術を行った医者は、実はバイトだった(請求額は○千万だが)という設定でお馴染みのドクターX。 フリーランスの医者というものが実話なのか架空なのか視聴者には分からないために毎回冒頭に説明が入る。今回は、2017年、崩壊した白い巨塔に建て直す…

DQNは弱我の一種

東名高速の石橋容疑者について、ネット上では「DQN」と言われている。 >運転手に「お前遅い!」などと暴言を吐いたこともあったとか。またこの知人は、石橋容疑者が「当たり屋とかもしていたんですよね」と明かす。走行する車にわざとぶつかり、相手に金銭を…

(直虎)副次的な井伊直政が社会に影響するか?

大河では徐々に井伊直政が台頭している。昨夜は家康の直政への本心を直虎が聞いて喜んでいた。 そもそもこの大河は井伊直虎が主人公で、戦国時代に生きた女城主を女性脚本家が描き、女性視聴者へのウケを狙っているものだった。 しかし、徳川四天王とはいえ…

多くの国民の自我が求める他我とは?

前回あげた自我の強弱を今度は他我で見てみたい。 アクセルを踏むべき時にブレーキを踏んで躊躇する弱い自我(弱我)に、強い他我(強他)はアクセルを踏ませ、良い結果(高得点や利益、安定など)をもたらす。また、ブレーキを踏むべき時に暴走を止めるよう…

弱我と強我という新概念の提案

「自我が弱い」「自我が強い」という言い方がある。ならば、前者を弱我、後者を強我と名付けても良いのではないか? 弱我な人とは、言わばアクセルとブレーキを間違える人である。アクセルを踏むべき時にブレーキを踏んで進まない、登校しない、出社しない。…

(直虎)かすむ主人公

今回から井伊直政が中心になった大河。 タイトルが直虎だから、もう少し直政を脇へずらしても良いと思う。15歳であそこまでは画策できないはずだ。童門冬二の作品では、直政を目立たせるよう、直虎の知恵で四神旗を鷹狩場にはためかせ目立たせたという。家康…

急な解散から急な「自民vs希望」

昨夜のニュースを視ると、小池党首の記者会見で話す様子や歩く姿が多く流れ、安倍自民よりも希望の党が話題の数的には主導権を握った感じだった。 ところで前原代表の顔は左右非対象で、特に目の大きさが違い、人相学では心の中とオモテの言動との差が大きい…

(この声をきみに)深夜に豪華俳優がズラリ!?

0時を過ぎて帰宅してテレビをつけると、深夜なのに一流俳優女優ばかり? 麻生久美子が眩しい。竹野内豊がシブい、柴田恭兵はもっと渋い。堀内敬子、片桐はいり、杉本哲太、大原櫻子・・・、何だこれは? ともかく一流ばかり揃うと脚本やテーマが何だろうと魅…

(直虎)信玄の死だけで状況が変わり過ぎるのはなぜか?

信玄の死には鉄砲による暗殺、病気など諸説あるが、今回脚本家は寿桂尼をあえて再登場させて敗者の霊による復讐を際立たせていた。 実際は違うと思うが、信玄が死んだ途端、あの強かった武田軍が総崩れしてしまったことは事実で、これにより井伊直虎の運命も…

9マス将棋と米朝

昨夜の金曜プレミアムに出た「9マス将棋」は面白かった。 タテ3マス、ヨコ3マスの全9マスしかない盤の上で、基本的に3個ずつの駒で勝負する。初期設定は50通りあるらしい。奥は深いが短時間で勝負がつくのでテレビ中継的にも良い。 番組では4人の将棋好き芸…

来年の傾向が現れ始める9月

前回が占いの話題だったのでこの話を続ける。 毎年9月は、翌年の傾向が最初に現れ始めると思っている。例えば福山雅治の婚約発表も9月で、それまで誰もが一生彼は独身と思い込んでいたのが初めて崩れた。その後は次々と、誰もが健全と思っていたベッキーの不…