賢者のつもり

主サイト(ツインサイバーシステム)に載せていない異説を中心に紹介します。

(進化)哺乳類の両生類からの進化と生命の起源

 Eテレ「哺乳類はどこから来たのか?」は予想通り面白かった。

 

 その昔、「哺乳類は爬虫類から進化した」「恐竜が滅んでから発展した」が定説だったが、2004年に中国で発見された化石から、哺乳類は恐竜全盛時代にすでに堂々と活躍していたことが明らかになった。群れを成して恐竜の子を捕食していた哺乳類もいたという。

 

 視聴後に調べたところ、平成24年の教科書では、魚類、両生類と進化した後、爬虫類や鳥類に進化したコースと、それとは別に哺乳類に進化したコースに分かれたと明確に書かれているらしい。

 

 我々の祖先とは、ネズミのようなジュラマイア、そして両生類や魚類となる。更に遡ると真核生物、原核生物、ウィルス?になるかもしれない。しかし、

 

 無生物から生物をつくることは実験科学ではいまだ出来ていない。想像では、有機質のプールへ雷等のショックが起きたとか言われているが、今ひとつ説得力に乏しい。ここで整理すると、

 

 ・生物から生物はある。

 ・無生物から生物はない。

 ・生物から無生物はある。例えば爪や糞や汗など。神話の女神にも物や大地を産む話がある。

 

 では、生物を遡ると・・・、どこまでいっても生物だと思う。隕石説もあるが、生物がいないとされた時代の地球にも、化石こそなくても何かいた。

 

 何か? 生物に普遍的な食欲や性欲や恐怖、慈愛などの感情の「波」が量子の形ですでにあった、と考える。この意識の「波」が先行して、後行たる物質や生物進化に影響したと。

 

 中でもバイオリンやピアノ等の楽器を通じて明らかになる美しい音楽という存在も、先行して実際にある神々しいものだと思う。

 

 

 

 

(千眼美子??)まるで取り憑かれているかのようだ

 清水富美加が告白本を出版する。あす??

 

 あまりの早さに世間はこの出家なるものが教団との用意周到な計画的行動と見て一斉に批判側に回った。

 

 本は売れるかというと売れるのだろう。残念だが。その売上で違約金を払うのか。しかし映画鑑賞者もコスモ石油の新車購入者もみな清水の一連の行動を思い出し、

 

 チラつく。

 

 大変迷惑だ。監督にとっても共演者にとっても。そう考えると結論は1つ。

 

 清水には悪霊が取り憑いた、とするのが妥当だろう。取り憑いたからこんな自己チューで大迷惑なことが平気でできるのだ。

 

 この教祖も最初の妻との永遠の愛をうたいながら離婚し若い女と再婚するなどの行動が元信者から批判されている記事もあった。顔にも高潔さや深み、鋭さがなく、真逆の下品さと浅さ、甘さが目立つ。大物との霊界インタビューが売りだが、大物たちは世俗が決めてきたものだ。便乗してカネを儲けようとするだけだ。

 

 そう考えると、悪霊というより低級霊なのだろう。無名の本当に凄い能力者に除霊してもらった方がよい。いや、礼儀や挨拶ができるきれい好きな庶民の多くは霊能力的にも上位だと思う。

 

 

(波瑠) ありそうでなかった母娘の怪談ドラマ

 NHK「お母さん、娘をやめていいですか?」が話題らしい。

 

 全8回中の第6回を妻が視ていたので途中から視た。斉藤由紀の鬼気迫る母親役がとりわけ話題らしいが、単に怖そうに見せる斉藤の役に比べれば、怖くて逃げまくる娘役を演じる波瑠の方が際どいところをうまく演じているように思う。

 

 波瑠は以前の「世界一難しい恋」での役が評判だった。次の「ON」のようなカゲのある役よりは「いたって善人」を演じる方が似合う稀有な人ではないだろうか?

 

 ちなみに我が家も母と娘たちの関係は良い。いつかは巣離れすることは覚悟の上だが、今のところ考えたくない気持ちも分かる。保育園にも行かない次女の遊び相手は母と姉に限られており、私も帰るとビールを飲みながら相手をする。肴は遊びだ。

 

 もし波瑠が父親と盛り上がっていれば、斉藤由貴はどうなるだろうか? 怒りの視線を向け、引き離す。このドラマでは波瑠が柳楽演じる彼氏の家に脱出すると、斉藤がついに本性を現した。極端過ぎるとは思うものの、公式サイトに多数の書き込みが寄せられるあたり、真実でリアルなのだろう。

 

 

 

 

(出家)たぶん選民思想が原因だろう

 宗教にハマる人はどんな人か?

 

 毎日が苦しい人が宗教にスガッてラクになる例もあるが、比較的多くの人は宗教でラクにはならない。話を聞いても非科学的で疑問符が湧くばかりだ。

 

 しかし、それでも継続できる人は教義とは別の理由がある。「自分は神に選ばれている」という思い込みだ。選民思想という。ユダヤ人もそうだったし、切支丹もそうだった。清水富美加も芸能界が苦しいと言いつつも比較的優位な立ち位置にいることから、選民思想が芽生えたように思う。

 

 ただ、選民思想は心を救うではなく巣食う類いでもあり、自己中心的で周りの迷惑を考えなくなる。宗教家は「あなたは選ばれた人だ」と信者に思い込ませることに長けており、こうしておカネを巻き上げていく。私腹を肥やしていく。カオや体型を見れば分かる。

 

 大事なことは、宗教にオカネを貢げば神に選ばれるのではないし、そもそも選民思想を持つことは危険だと認識すること。そして、信者とて油断すれば泥棒に入られるように、幸運を得るためには現実的に戸締まりや施錠を抜からないことと考える。

 

 何を言っても何をやっても許されるほど選ばれる人なんて絶対にいない。

 

 

 

 

(直虎)清水富美加の出家の違和感

 今朝飛び込んできた女優の出家のニュース。1時間後にはもう「おんな城主直虎」と比較する記事もあった。

 

 女性が出家して尼になったりシスターになることは昔からある。ただ井伊氏本家の1人娘が出家することはそれがお家の安泰につながるからだった。今日の直虎はそこまでよく考えて直親が求める還俗と求婚を断った。

 

 南渓和尚が言うところの古代中国の例え話の謎が解けた訳である。「国を想う者は目先の欲に負けて饅頭を全部食べてはならず残すべき」だと。

 

 さて、このように和尚の話には普遍性が高いものが多い。誰が聞いても納得する。しかるに清水富美加が出家する先の「幸福の科学」は、信者以外の人たちにどれだけ認められているのだろうか? 結局、新興宗教の域に留まったままでいる。

 

 そんな新興宗教に、公開前の映画やテレビや放映中のCMなどたくさんの関係者に多大な迷惑をかけて出家するという。その宗教はむしろ待たせるべきではないのか? 自分のところのことしか考えていないだけと批判されて当然だろう。

 

 まあ、以前から変わった子に見えていた人が変わっているところに行くだけだが。

 

※筆者註:先ほどこの時間のニュース記事を改めて見ると、清水の主張に賛同する書き込みが増えており、確かに納得する部分もあった。能年もかつて同じ事務所で、仕事選びでこの事務所と揉めていたことを思い出した。

 

 

 

 

優良漫画を無料で読む

 スマホの漫画関係のアプリはたいてい、1冊何百円かの値段がつくものだが、漫画は1回読めば十分なものが多く、そのまま機器に残るとメモリーを食う。削除するとお金がもったいない。

 

 しかし最近、無料の漫画のアプリも増えてきた。読んでる途中に広告が出てくるからだろう。これだとサクサクとWifiでダウンロードして読んでは削除する。

 

 こういったアプリがもっと増えてほしいものだが、国としては国内の治安や道徳の面からも、良質な漫画を無料で提供できるようにしてはどうだろうか?

 

 日本史や世界史、偉人伝、科学、語学、名作などいろいろな教育上の漫画がある。それを人々は暇つぶしに無料で通勤通学中に読むようになるだろう。

 

 ちなみに今、読みたいのは横山光輝三国志手塚治虫ブッダ諸星大二郎の無面目などである。

 

 

 

大河ドラマの視聴率

 昨年の毎週火曜日といえば、「真田丸の視聴率は18.6%」等の記事が上げられ、コメント欄には「面白ければ視聴率は関係ない」だの「そもそもNHKに視聴率は関係ないのでは」という書き込みで溢れていたものだった。

 

 今朝、いつものようにメイちゃんのEテレの番組を視ていると、中年男性が多めに登場していた。太い体型にメガネの中年が楽器を鳴らす、たぶん出演料は安いはずだ・・・いや、NHKはそもそも安い・・・それは「半沢直樹」で視聴率40%を叩き出した堺雅人とて安い額で真田丸を引き受けたはず。

 

 となると、所属事務所からすれば民放の半沢続編やリーガルハイ3で堺を使った方がよっぽど儲かったと思われるが、かといって大河ドラマの知名度も侮り難い・・・両者を天秤にかけてどちらが正解だったかを問う際に、大河の視聴率は気にするべき指標となるのだろう、だからYahooは記事にあげる、と分かった。

 

 今後もNHKは大河に人気俳優を起用して重みを増したいだろうが、かといって各芸能事務所の方もどこまで金額を妥協するかは難しい判断を迫られる。

 

 下手をすると「花燃ゆ」や「平清盛」のように大河への出演がステータスにならず黒歴史になることだってある。だから視聴率がせめて高くあればとなる。

 

 ちなみに歴史好きな私としては視聴率に関係なくよく視ている。そんな田舎の人間も多いことだろう。今年の「直虎」も来年の「西郷どん」も再来年の「東京五輪物語」もおそらく視る。

 

 「独眼竜政宗」や「篤姫」、「龍馬伝」のようなレジェンド大河もたまにはあるだろうと思いながら第1回から視ている。